CPU情報

インテル(NASDAQ: INTC)は、今後数年間で "売上総利益率の縮小"を経験する唯一の半導体企業である、とゴールドマン・サックスは述べています。

更新日:

インテル (NASDAQ:INTC 59.515 0.65%), 長い間、シリコン圏では文句なしのリーダーとみなされているが、最近、不利な展開の多くの受信側にされています。

ゴールドマン・サックス証券 (NYSE:GS 207.335 5.03%) は、今日、インテルの中期的な見通しに対して、融通の利かないやり方で、悪い知らせを最初にもたらした。

PCの弱い需要が明らかになったチャネルのチェックを引用しながら, ゴールドマン・サックスは今日、インテルを'中立'から'売り'評価に格下げした.

ウォール街の巨人はまた、Intelの株価の目標価格を以前の65ドルから54ドルに引き下げた。

これは、米国時間午前9時38分現在の58.98ドルの現在の価格水準に対して8.44パーセントの下降の可能性があることを意味しています。

ゴールドマンのアナリスト、Toshiya Hari氏は最新の投資ノートでこう観察している。

" [チャネルチェックでは] "20年下半期のPC製造の減速と、クライアントおよびサーバーCPU市場でのインテルのシェア低下が続いていることを示している"

同アナリストはまた、インテルが多くのビジネスセグメントで直面し続けている「競争力学的な逆風」を指摘し、AMDがインテルの支配を脅かす大きな脅威として浮上していると指摘している。

ハリ氏は、Intelが競合他社の評価に比べて「割安」に見えることを認めつつも、Intelは「今後数年間の粗利益率の縮小を予想している唯一の企業」であると主張している。

もちろん、今日の格下げは、Apple (NASDAQ:AAPL 374.09 2.74%)が正式にMacのラインアップにIntelソースのプロセッサからの移行を発表した6月下旬にIntelが受けた深刻な打撃に続いています。

移行には多くの2年かかると予想されていますが, Appleは最終的には、カスタムARMベースのプロセッサにそのMacの製品の全体を移動します, その過程でインテルのための重要な収益源を奪う.

もちろん, 戦略は、iPhoneメーカーは、それがMacのラインナップのパフォーマンスとエネルギー効率に来るときに最大の利益を引き出すために、これらのカスタムプロセッサを最適化することができるようになりますので、Appleに利益を提供しています.

業界のダイナミクスの変化とは別に、インテルはまた、米国と中国の間で進行中の多面的なスパットの影響を受けています。

例を挙げると、7月1日、Intelは米政権からの指令により、Inspurグループへのサーバー製品の出荷を停止することを余儀なくされた。

中国山東省に本社を置くInspur社は、ERP(Enterprise Resource Planning)、サーバー、人工知能、ビッグデータ、その他ハイエンドのシリコンチップを必要とするソリューションを顧客に提供していることを覚えておいてください。

Intelは7月4日までにInspurとの通常の取引を再開することができたが、今回の展開は、世界の2大経済国の間でエスカレートする地政学的緊張に対する米国のハイテク大手の脆弱性を浮き彫りにしている。

それでも、Intelは市場シェアを維持するために10nm製品ラインアップに力を入れているようだ。

例として、IntelのTiger Lakeプロセッサ・ファミリーは、10nmノードを活用した2番目の製品ラインアップとなり、Ice Lakeプロセッサに比べて大幅に改善されている。

この件に関する報道によると、Tiger Lakeプロセッサは、現在Ice Lakeプロセッサに搭載されているSunny Coveコアの代わりに、CPUに新しいWillow Coveコア・アーキテクチャを採用するという。

ソース:wccftech - Intel (NASDAQ: INTC) Is the Only Semiconductor to Experience “Gross Margin Contraction” Over the Next Few Years, According to Goldman Sachs

 

解説:

ついにIntelの評価格下げが始まった。

ゴールドマン・サックスがIntelの評価を格下げしました。

中立から売りに変更となりました。

タイトルにもある通り、印象的なのは「今後数年間で "売上総利益率の縮小"を経験する唯一の半導体企業」と表現しているところです。

AppleがMACにARMを採用することを決め、米中貿易戦争をあおりを食らう可能性も非常に高い企業のため、あまり良い見通しが立てられないと言うことのようです。

当然ですが、AMDの存在も懸念材料の一つでしょう。

このままIntelが手をこまねいていれば、徐々にこのような話が出てくることになるだろうなと思っていましたが、早速出てきましたね。

CPU事業はIntelの事業の一部門にすぎません。しかし、基本的にCPUで最先端プロセスを使った後は、その他の半導体の生産にも使われますので、プロセスの進化が止まれば、ボディブローのように徐々に効いてくることになります。

Intelがこのままズルズルと落ちていくのかは、Ryzen4000シリーズ、5000シリーズと進化するAMDをAlderLakeで止められるのかどうか、ここが一つの山場になると思います。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.