GPU

AMD次世代RDNA 2「Navi 21」GPU搭載Radeon RX&RDNA 1「Navi 10 Refresh」GPU搭載Radeon RXグラフィックスカードがリーク

投稿日:

AMDは、次世代Navi 2X(RDNA 2)とNavi 10 Refresh(RDNA 1)GPUをベースにした複数のRadeon RXグラフィックスカードを準備しているようだ。新しい技術ポータル「_rogame」に掲載された独占投稿の中で、Radeon RXからRadeon Proシリーズのグラフィックスカードまで、いくつかのNavi GPU SKUの詳細が明らかにされています。

AMDの次世代Radeon RXグラフィックスカード、Navi 21 (RDNA 2)とNavi 10 Refresh (RDNA 1) GPUを搭載したグラフィックスカードがリークアウト、Navi 22とNavi 23 GPUも目撃されています。

AMDがほのめかしていたように、次期Radeon RXグラフィックスカードは、2つの異なるGPUアーキテクチャに分割されることになる。次世代のRDNA 2ベースのNaviをラインナップするほか、既存のRDNA 1ベースの製品も用意され、既存のRadeon RX 5000シリーズカードのリフレッシュとして提供される予定だ。

今回もNavi 2Xでは、「Big Navi」GPUとも呼ばれるNavi 21チップに主眼が置かれている。

Navi 21 GPUは、GeForce RTX 2080 TiやGeForce RTX 2080 SUPERなどのNVIDIAの既存のフラッグシップ製品に取り組むAMDのエンスージアスト製品やフラッグシップ製品の心臓部になると期待されているが、同時にAmpere GPUアーキテクチャをベースにしたNVIDIAの次世代GeForceラインアップにも挑んでいる。

AMD Navi 21(ハイエンドRDNA 2)ゲーミングRadeon RXグラフィックスカード

リーク情報によると、AMDは少なくとも4種類のNavi 21 GPUを計画しており、これはマニア向けのRadeon RXグラフィックスカードに搭載される予定だという。この情報は、流出したGPUのPCI IDから得られたものです。Rogameが明らかにした4つのSKUは以下の通り。

  • Navi 21 XTX(0x731F:D0)
  • Navi21 XT (0x731F:D1)
  • Navi21 XL (0x731F:D3)
  • Navi21 XLE (0x731F:DF)

各GPU SKUは、Radeon RX 5000シリーズファミリーの既存のカードを置き換えるものだが、まったく異なる性能セグメントになるという。

比較のために、Navi 10にも4つのGPU SKUが用意されている。Navi 10 XTXチップは、Radeon RX 5700 XT 10th Anniversary Editionを搭載するNavi 10 XT GPU、Radeon RX 5700 XTを搭載するNavi 10 XL、そして最後にRadeon RX 5600 XTを搭載するNavi 10 XLEと続いている。

AMD Navi21(ハイエンドRDNA 2)PRO Radeon RXグラフィックスカード

ゲーミンググラフィックスカードに加えて、Navi 21 GPU設計をベースにした2種類のRadeon Proバリエーションも用意されている。RDNA 2 GPUアーキテクチャをベースにしたRadeon ProのラインナップのSKUは以下の通り。

Navi 21 Pro-XT(0x731F:10)
Navi21プロXL(0x731F:12)

Radeon RX Gamingカードと同様に、Radeon Proのラインナップは、Navi 10 XT GPUを搭載したRadeon Pro W5700Xを置き換える一方で、Navi 21 Pro-XLEは、現在のRadeon W5700 Proグラフィックスカードを置き換えることになります。Navi 21のSKUの乱発はこれで終わりではなく、AMDは次世代Apple製品のために少なくとも4つのバリエーションを作っています。

Navi 21 XTA (0x731F:50)
Navi21 XLA (0x731F:51)
Navi21 Pro-XTA (0x731F:11)
Navi21 Pro-XLA (0x731F:13)

Navi 21 GPUに加えて、AMD Navi 22とNavi 23 GPUにもいくつかのPCI IDが発見されており、Navi 21チップよりは小さいが、ダイ面積はNavi 10 GPUと同程度の大きさである。以下はこれらのGPUのデバイスIDです。

AMD Navi 10(メインストリームRDNA 1)ゲーミングRadeon RXグラフィックスカード

最後に、RDNA 1アーキテクチャに依存しながらも、既存のRadeon RX 5000シリーズグラフィックスカードよりも優れたパフォーマンスを実現するために、プロセスノードを洗練させ、主要な最適化を行うNavi 10リフレッシュのラインナップについての情報があります。Navi 10 RefreshのSKUは少なくとも3つあり、その中には以下のものが含まれています。

  • Navi 10 XT+ (731F:E1)
  • Navi 10 XM+ (731F:E3)
  • Navi 10 XTE+(731F:E7)

リークによると、Navi 10 XT+ GPUは5700 XTを搭載するNavi 10 XT GPUに取って代わり、Navi 10 XM+は5600Mを搭載するNavi 10 XMに取って代わり、最後にNavi 10 XTE+は5600 XTを搭載するNavi 10 XLEに取って代わり、Navi 10 XTE+を搭載しています。このラインナップの全体的な理由は、Big Navi GPUがハイエンドのスペクトルに取り組む一方で、メインストリームセグメントに何かを提供するためです。

報道によると、Big Navi「Navi 21」GPUは、ゲーム市場に提供される最初のRDNA 2チップになるとされているので、AMDがNavi 22とNavi 23 GPUでRDNA 2を搭載したメインストリーム・ラインアップを発表するまでは、Navi 10のリフレッシュでメインストリーム・セグメントの面白さを維持することができそうです。既存のRadeon RX 5000シリーズのカードよりも、リフレッシュされたパーツの方がはるかに低価格であることは間違いないので、追加された性能はボーナスになるだろう。また、これら3つのGPUの予想ダイサイズは以下の通り。

  • AMD Navi 21(505mm2)
  • AMD Navi 22(340mm2)
  • AMD Navi 23(240mm2)

PCI-IDを搭載したAMD Navi 2X&Navi 10リフレッシュGPU SKU(画像クレジット:_rogame

RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて知っていることはすべてここにある

AMD RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2xグラフィックスカードファミリーは、RyzenがCPUの世界全体を破壊したように、4Kゲーミングセグメントを破壊するとも言われています。

これはAMD自身のかなり大胆な主張ですが、リークや噂では、これがAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードにも当てはまるのではないかと示唆されています。

AMDは、そのRDNA 2 GPUが、Zen 2がZen 1を上回ったように、第一世代のRDNA GPUを上回る性能のジャンプを実現すると発表した。

第一世代のRDNA GPUは、GCNアーキテクチャを上回るワットあたりの性能を50%も大幅に向上させたが、RDNA 2 GPUは、RDNA 1を上回る性能を実現し、ワットあたりの性能をさらに50%向上させることが期待されている。

 

AMDが共有したロードマップによると、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの重要な機能を備えているという。

まず何よりも、ワットあたりの性能向上だが、これにはいくつかの理由がある。AMDは、TSMCの7nmプロセスから、より先進的な7nmプロセスノードに移行する。新しいプロセス・ノード自体が新しいGPUのトランジスタ効率を向上させる一方で、全体のサイズを小さくすることで、AMDはより小さなパッケージにより多くの性能を詰め込むことができるようになります。

ワットあたりの性能を50%向上させた主な変更点は、クロックあたりの性能を向上させたIPC(Performance Per-Clock)の再設計されたマイクロアーキテクチャ、デザインの複雑さとスイッチング電力の削減に役立つロジックの強化、クロック速度の向上などの物理的な最適化などだという。

また、AMDは、RDNA 2 GPUがVRS(Variable Rate Shading)とハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを搭載することも発表している。

AMDは、すでにTuring GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードに同技術を実装しているNVIDIAに追随している。

マイクロソフトとソニーの新しいコンソールの発売が間近に迫っていることから、AMDは、開発者が次世代ゲームタイトルに統合できるように、独自の最適化フレームワークを使ってこれらの機能を提供していく予定です。

また、AMDは最近、MicrosoftのDXR 1.1 (DirectX 12 API Ultimate) デモを実行しているRDNA 2 GPUを内部で公開し、ハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを利用しています。

AMDのレイトレーシングへのアプローチは、開発の簡素化と迅速な採用を提供することであり、これはゲーム開発者の大多数が力を注いでいるコンソールを通じて可能であることは間違いありません。

最近の噂では、AMDのハイエンドのRDNA 2 GPUラインアップのみがハードウェアレベルでレイトレーシング技術を搭載するのに対し、エントリー層とメインストリームのラインアップは、NVIDIAがGeForce RTXとGeForce GTXラインのTuringグラフィックスカードをどのように区別するかに似た、より高い性能効率に焦点を当てることをほのめかしていました。

AMDのリサ・スー最高経営責任者(CEO)はすでに、RDNA 2 GPUを搭載したRadeon RXハイエンドファミリと、7nmのRDNAリフレッシュファミリが今年中に発売されることを期待できると述べている。

Navi 2x」のラインナップは上から下までスケールアップし、その名の通り、第1世代のRXグラフィックスカードに比べて2倍の性能効率の向上を実現すると述べたプレゼンテーションの中でも同様のことが述べられていた。

そうは言っても、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、巨大なダイサイズとGDDR6メモリを特徴とし、Navi 10の最大2倍の速度を実現する可能性があると指摘した最近の噂はすでに知っている。

第2世代Radeon RX Navi GPUに期待される機能のいくつかは以下の通りだ。

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱心なデスクトップグラフィックスカードのオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代のNavi GPUよりも電力効率が高い

Big Navi Radeon RX GPUの重要な特徴の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊しようとしていることだ。

これらは、AMDによるいくつかの大胆な主張ですが、これらの噂されている仕様が何かによって行くために何かである場合、これらの主張は、はるかに先見の明がないかもしれません。

"Radeon 5000シリーズで、今日のPCゲーマー全体の90%程度をカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。"Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマーの90%程度をカバーしています。

"4K対応のGPUが来ないということではなく、来ています。

"Ryzenと同様に "Radeon GPUエコシステムの繁栄が必要だという。では、我々は4Kを追いかけて、同様に4Kを破壊するつもりなのか?絶対に、それに期待していい。しかし、私が今言えるのはそれだけだ。"

- PCGamesN

 

今回も、AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX 'Navi 2X' GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調しているので、それは何かを考慮する必要があります。

競争は、しかし、反対側からの競争は、AMDは、その高性能なグラフィックスカードを起動するだけで目を閉じて行くことはありません。

次世代のNVIDIAベースのGeForce GPUは、我々が見てきた初期のスペックに基づいて、独自の獣になるようにシェイプアップされている。

また、噂では、NVIDIAとAMDの両方が、2020年9月までに次世代およびフラッグシップのゲーミンググラフィックスカードを街頭でヒットさせる計画を立てていることも示唆されている。

そのため、AMDのRDNA 2 GPUは、NVIDIAの次世代GPUの在庫が何であれ、競合することになりそうだ。2020年の第3四半期と第4四半期は、最高のハードウェアでPCをアップグレードすることを楽しみにしているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、興味深い時期になることは間違いありません。

ソース:wccftech - AMD Next-Gen RDNA 2 ‘Navi 21’ GPU Powered Radeon RX & RDNA 1 ‘Navi 10 Refresh’ GPU Powered Radeon RX Graphics Cards Leaked

 

解説:

Navi21/22/23とNavi10+が準備されている

Navi2Xの詳細がリークしました。

Navi21だけでもXTX、XT、XL、XEと4種類あり、22と23、Navi10+を加えるとかなりのモデルが発売されることになります。

あまりに多すぎるので一部しか出ないんじゃないかとすら思います。

まあ、一気には出ないと思いますが、おそらくAMDはRTX3000シリーズと真っ向から勝負するつもりなのではないでしょうか。

実際、RTX3000シリーズでもXO病が改善しない場合、nVidiaの高額のGPUを買うのはちょっと怖いかなというのが正直な感想です。

そこに颯爽とBig Naviが現れるとそちらを選んでしまう方も出るのではと思っています。

 

ゲームにはあまり向いてなかったVega

Vega56/64が出る前、nvidiaはかなりの警戒をしていたといわれています。

しかし、実際に出てみると高価なHBM2メモリを搭載しているにも関わらず、GTX1070/Ti相当の性能しかありませんでした。

Pascalはかなりの性能向上を果たしましたので、ここでnVidiaとAMDの勝負がほぼついてしまったといってもよいでしょう。

その後はご存じの通り、AMD猛烈な値引きで対抗することになりますが、一時期RX570が12000円程度で投げ売りされていました。

RadeonはAMDファンのためのGPUと言われるほどnVidia一強になってしまいました。

これはひとえにVegaが演算性能やメモリ帯域(メモリ速度)の割にはゲーム性能が出なかったことに起因しています。

VegaはVRSを搭載しておらず、その点でRadeonVIIはTuringにゲーム性能でかないませんでした。

VRSというのは視覚的に重要なポイントのみ重点的に描画する技術のことです。

Vegaはこれがありませんでしたので、画面のすべてを均一に描画します。

しかし、Naviはもともとゲーム機に搭載することを前提に開発されたGPUなので、性能の割にゲームでの性能が振るわないということはほぼ考えられません。

ですから、Radeonはゲーム性能が悪いという今までの常識はNavi20シリーズには当てはまらないと思います。

実際、Navi10であるRX5700/XTは消費電力と性能のバランスはTuringより優れています。

 

nVidia製品との実力差が問われるのはRDNA3から

Navi20シリーズはAMDで初めてレイトレーシングが搭載されます。

この点はnVidiaに一日の長があります。

AMDはTSMCのプロセスの進化に合わせて、1年ごとに製品を更新しています。

「RDNA2でnVidiaに追いつき、RDNA3でnVIdiaを追い越す」そういう目算を持っているのではないかと私は思っています。

nVidiaは今まで安価な枯れた製造プロセスを使い、高額な製品を販売して利益を稼いできました。

しかし、AMDはTSMCの生産能力のかなりの部分を予約してnvidiaにプレッシャーをかけています。

もしくは、nVidiaがかなりのプレッシャーを感じています。

基本的にRadeonは同世代の製造技術で作られるnVidia製品には敵いません。

しかし、AMDはTSMCの製造プロセスを積極的に予約して、nVidiaがコスト増のために使わない最新のプロセスを使い、nVidiaを追い抜こうとしているように見えます。

この挑戦が吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、HopperなるGPUのために5nmを予約したといわれるnVidiaに今までのような余裕は感じられません。

ここはぜひRadeonに期待したいところです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/22 02:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/22 06:38:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.