CPU情報

AMD Ryzen 7 4700G「Renoir」デスクトップAPUの写真 - 7nm Zen 2と2.1GHz Vega GPUコアを搭載した初の8コアAM4 CPU

投稿日:

様々な仕様がリークされてから数日後に、AMDのフラッグシップモデルであるRyzen 7 4700GデスクトップAPUの最初の写真がVideocardzからリークされ、AMDがこれまでで最速のAM4 APUを準備中であることが確認されました。

 

AMD Ryzen 7 4700G 8コアデスクトップAPU、7nm Zen 2コア&Vega iGPU搭載、クロック2.1GHzの画像

最近リリースされたRyzen 4000「Renoir」モビリティCPUラインアップと同じダイを採用したAMD Ryzen 4000「Reonir」AM4ファミリーは、デスクトップ・プラットフォームをターゲットにしていますが、Zen+をベースにした先代の製品よりも大幅にアップグレードされています。

このアップグレードは、7nm Zen 2コアと強化された7nm Vega GPUコアを含む完全な7nmアーキテクチャ設計という形で提供される。

 

画像出典:Videocardz.com

リークされた画像を見ると、フラグシップパーツは確かにAMD Ryzen 7 4700Gと呼ばれることがわかります。

このパーツには「100-000000146」というOPNコードがあり、数日前に報告したフラッグシップSKUのエントリーと一致している。

Igor's LabのOPN表に記載されているスペックから、デスクトップAPUとしては文字通り非常識なこのチップのスペックを結論付けることができます。

 

AMD Ryzen 7 4700G 8 Core Renoir 8 APUのスペック

AMD Ryzen 7 4700Gは、8コアと16スレッドを搭載しています。

これはRyzen 5 3400Gと比較してコア数とスレッド数が2倍に増えていることになる。

クロック速度は、ベースが3.6GHz、ブーストが4.45GHzと報告されている。チップは8MBのL3キャッシュと65WのTDPを備えています。

CPUコアと並んで、チップには8つのVega GPUコアが搭載され、合計512ストリームプロセッサとなる。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 


様々なAMD Ryzen 4000「Renoir」デスクトップAPUのOPNコードと仕様がIgor's Labによって発見されました。(画像出典: Igor's Lab)

 

Ryzen 7 4700Gの印象的な部分は、強化されたVega統合GPUに搭載されるであろう非常識なクロックスピードです。

Ryzen 7 4700Gの場合、最大2100MHzまたは2.1GHzのクロックスピードを実現しており、これはVega 8グラフィックスチップを搭載した1750MHzのRyzen 9 4900Hと比べて20%も高速化されています。

 

AMD Ryzen 4000シリーズ デスクトップAPU

APU名AMD Ryzen 3
2200G
AMD Ryzen 3
3200G
AMD Ryzen 5
2400G
AMD Ryzen 5
3400G
AMD Ryzen 7
4700G
製造プロセス/
アーキテクチャー
14nm Zen12nm Zen+14nm Zen12nm Zen+7nm Zen 2
コア数・
スレッド数
4 / 44 / 44 / 84 / 88/16
ベースクロック3.5 GHz3.6 GHz3.6 GHz3,7 GHz3.0 GHz (ES)
ブーストクロック3.7 GHz4.0 GHz3.9 GHz4.2 GHz4.0 GHz (ES)
L3 キャッシュ4 MB4 MB4 MB4 MB8 MB
メモリ
サポート
DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-3200?
内臓GPUVega 8Vega 8Vega 11Vega 117nm Vega (8 CU?)
SP数512 SPs512 SPs704 SPs704 SPs512 SPs?
GPUクロック1100 MHz1250 MHz1250 MHz1400 MHz1750 MHz?
TDP65W
(cTDP 45W)
65W
(cTDP 45W)
65W
(cTDP 45W)
65W
(cTDP 45W)
65W
(cTDP 45W)
ソケットAM4AM4AM4AM4AM4
価格$99 US$99$169 US$149不明

その他のパーツについては、AMDはTDPが35Wや65Wを搭載した様々なSKUを用意する。

Ryzen 7 4700Gのように4コア、6コア、最大8コアのRyzen 4000 APUがある。

すべてのRyzen 4000「ルノアール」APUは、ネイティブでDDR4-3200MHzの速度をサポートするが、強化されたVega iGPUを真に活用するには、より高い周波数のDRAMを使用し、できるだけ多くのバンド幅をGPUに供給しなければならないだろう。

また、コア数やスレッド数の増加に伴う追加価格も考慮しなければならない。現在、AMDの8コア搭載CPU「Ryzen 3000」は、「Ryzen 7 3700X」で279ドル(US)からとなっている。

AMDの第4世代APUは、現在の4コア部分の価格戦略を維持しつつ、8コアのソリューションを搭載したエンスージアストカテゴリのAPUをプッシュする可能性が高い。

これは、通常のデスクトップ製品に比べてクロック速度が低いことの説明にもなるかもしれないが、それでも8コア製品は200~250ドル前後、4コア製品は150~200ドル前後と予想されている。

我々の情報筋によると、Ryzen 4000 APUは今年7月頃に発売されると予想されている。このプロセッサは、B550やA520などの低価格プラットフォームと完全に互換性があります。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 4700G ‘Renoir’ Desktop APU Pictured – The First 8 Core, AM4 CPU Featuring 7nm Zen 2 & 2.1 GHz Vega GPU Core

 

解説:

Renoir 4700Gのヒートスプレッダ写真がリーク

Renoirの情報がまたまたリークしました。

今度はヒートスプレッダの写真がリークし、発売が近いことをうかがわせます。

B550やA520も準備されているといわれていますので、この夏はAMDのバリュー製品祭りになりそうな予感です。

私はIntelをdisるのがあまり好きではないので、ほめるところがあまりないComet Lake-Sの話題は辛いのですが、早く次の製品が出てくれないかなあと願うばかりですね。

このAPUは素晴らしい製品になるのがほぼ確定しています。

ミドルレンジ帯のユーザーさんにもぜひZen2パワーを実感してほしいところです。

価格が安ければなおよいのですが、それはまあ、難しいのかなと思います。

ダイのサイズが156mm2とそれほど大きいわけではありませんので、どのくらいのサイズになりますかね。

また、あまり情報が出てきませんが、同時期に出るはずの通常のRyzen4000シリーズのラインナップも気になるところ。

今回の最高モデルは32コアになるのかどうか・・・ですね。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/08/09 19:24:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/08/09 19:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/09 19:24:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥17,680 (2020/08/09 19:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.