CPU情報

インテルのコアi9-10900K 10コアCPUは、その印象的なオーバークロッカーを示しています - 5.4 GHzにオーバークロック&Cinebench R15でベンチマークされた

投稿日:

ntelの第10世代デスクトップCPUは、フラッグシップのCore i9-10900K 10コアプロセッサを含む、今日予約注文を開始したが、オーバークロッカーがこのチップが何ができるかを披露した。

最新のリークは、TwitterユーザーOldSKol (Videocardz経由)によって発見されたCore i9-10900Kのオーバークロックされた提出を指摘しています。

インテルのフラッグシップCore i9-10900K 10 コアCPUは5.4 GHzにオーバークロック & Cinebenchでベンチマークを実施

 

ベンチマークでは、Intel Core i9-10900Kは、すべての10コアで印象的な5.40 GHzにオーバークロックされたことを示しています。

オーバークロックはまた、標準的な冷却で行われました (空気/液体) とすべてのより印象的になります LN2. チップに供給される電圧は1.350Vに設定され、Cinebench R15では3002点を獲得し、同じオーバークロッカーが獲得した2347点と比較して、マルチスレッド性能が27%向上しました。

AMD Ryzen 9 3900Xと比較すると、純正のRyzen 9 3900Xが3200~3300点前後のスコアを出しているので、Core i9-10900Kは200~300点ほど後ろに欠けている。AMD Ryzen 9 3900XはIntel Core i9-10900Kよりもコア数やスレッド数が多いというアドバンテージがあるが、ここではクロックスピードがIntel Coreプロセッサの大きなアドバンテージとなっていた。

繰り返しになりますが、これは、IntelのハイエンドCore i9 CPUは、4.9 GHzの巨大なオールコアCPUのクロック速度にもかかわらず、まだいくつかのオーバークロックのヘッドルームを持っていることを示すためにオフに行くのみThermal Velocity Boostと遊びに来る。

サーマルと消費電力に関しては、どこまで上がったかは不明ですが、Core i9-10900Kは純正ではPL2の制限値が250W程度なので、今回のオーバークロックでは簡単に制限値を超えてしまったかもしれません。

また、LN2冷却がなかったので、非常にハイエンドの冷却セットアップは、約80度台後半か90度台半ば(摂氏)の温度になるはずです。

Intel Core i9-10900K - 10コア, 最大5.3GHzシングルコア, 4.9GHzオールコアで488ドル US

Intel Core i9-10900Kは、第10世代デスクトップCPUファミリーのフラッグシップ部分となる。

インテルは、Core i9-9900KSよりもさらに優れた性能を提供するために、彼らの袖にいくつかのトリックを持っています。i9-10900K は 10 コア, 20 スレッド, 20 MB の合計キャッシュ, および 125W TDP を備えています。チップのベース周波数は3.7GHz、ブースト周波数は5.1GHzとなっています。しかし、IntelのTurbo Boost Max 3.0技術を使用すると、このチップはシングルコアで5.2GHzまでブーストすることができ、さらに優れているのは4.9GHzのオールコアブーストだ。この特定のチップの機能のいくつかが含まれています。

  • 最大4.8 GHzオールコアターボ
  • 最大5.3/4.0 GHzの熱速度ブースト・シンジ/オールコア・ターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 10Cおよび20Tまで
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループチューニング

ここで興味深いのは、このチップは、現在のフラグシップ部品と同様に、Thermal Velocity Boostを取得します。

Core i9-10900KのようにこのアルゴリズムをサポートするCPUは、5.3GHz(シングルコア)と4.9GHz(オールコア)のブースト周波数をさらに高速化する。しかし、その名が示すように、Thermal Velocity Boost機能をフルに活用できるのは、トップティアの冷却ソリューションだけだ。

したがって、ハイエンドのAIOリキッドクーラーやクローズドループセットアップを使用しない限り、持続的な速度ブーストではなく、しきい値に達するまでの短いバーストを期待してはいけない。

この機能が提供する機能の全範囲と、Core i9-10900Kが一般的に必要とする冷却の種類を知ることは興味深いことでしょう。Core i9-10900KとAMD Ryzen 9 3900X CPUのベンチマークは、ここで見ることができます。

カスタムループ冷却ソリューションを実行しているユーザーのために、このオーバークロックの結果は、彼らが第10世代のロック解除されたIntelデスクトップCPUと行くならば、何が可能になるかだけを示すためにオフになります。

コアi9-10900Kのための完全なパフォーマンスのレビューは、後日予定されており、我々は、それらが到着するとすぐに最新の状態に維持されます。

ソース:wccftech - Intel Core i9-10900K 10 Core CPU Shows That Its An Impressive Overclocker – Overclocked to 5.4 GHz & Benchmarked in Cinebench R15

 

解説:

Core i9-10900Kの5.4GHz OC結果がリーク

Core i9-10900Kの最大公称値はThermal Velocity Boost込みのシングル5.3GHz、全コア4.9GHzとなっています。

全コア5.4GHz迄回している結果ですが、4.9GHzというのか如何にギリギリまでOCしているのかよくわかる結果ではないかと思います。

Thermal Velocity Boost自体が「十分に冷却できればその速度で動作します」というレベルのものですから、もうすでに出荷時にライトチューンのOCが施されていると考えて差し支えないでしょう。

良いか悪いか迄はここでは語りませんが、私のように海外から5万円かけてケースを個人輸入するくらいの熱心なMini-ITX勢ならば、ダウンクロックして使おうかなと考えます。(笑

さすがに14nmで10コアはかなり無理している感じがビンビンに伝わってくる結果です。

Cinebench R15でOCの結果マルチ3002CBということは3950Xのノーマルの結果4000CB前後とは比べるべくもなく低い数値です。

Intelは今が一番厳しい時期だと思います。

 

実際、(現時点では)8コア16スレッドより上はあっても飾りになる可能性が高い

将来はわかりませんが、現時点では8コア16スレッドより上はあっても飾りになる可能性が高いです。

ですので、無理してここまで出荷時にOCされている10コア20スレッドを求める必要はないと思います。

私はComet Lakeの一番おいしいモデルはCore i7以下だと思っています。

まあ、それでも10コア20スレッドを求める人は多いと思いますが、その代償は大きすぎるのかなというのが正直な感想です。

10nmのAlderLakeまで、Intelの厳しい戦いは続くでしょう。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.