CPU情報

AMDのRyzen 3 1200 AFとオリジナルのRyzen 3 1200 CPUの比較:12nm Zen +は大幅な改善を実現!

投稿日:

AMDのRyzen 3 1200 CPUは最近、Ryzen 3 1200 AFとして知られるZen+ 12nmコアアーキテクチャに更新された新しいリビジョンになった。

以前の記事で最初に報告したように、この更新されたアーキテクチャは、より高速なクロック速度を提供するのではなく、その代わりに、より安定したクロック&はるかに高いオーバークロックをこのプロセッサに適用することができ、また、より優れたメモリオーバークロックを提供します。

リフレッシュされたRyzen 3 1200 AF CPUは、AMDの更新されたZen+ Coreアーキテクチャを採用しており、より優れたメモリコントローラだけでなく、はるかに優れたオーバークロック能力を55~60ドルで実現しています。

AMD Ryzen 3 1200 AFプロセッサは、12nm Zen+アーキテクチャへのアップグレードを特徴としています。

このプロセッサの主な特徴は、オリジナルのRyzen 3 1200と比較すると、より高いオーバークロックです。もう一つの特徴は、より高速なメモリオーバークロックを可能にする優れたメモリコントローラです。

GameERのYoutubeビデオにあるように、この更新されたプロセッサは、大幅に改善されたアーキテクチャによって促進される4.0 GHzまでクロックアップすることができます。

GameERのビデオでは、4.0GHzのオーバークロックなしでも、彼はまだそれがほとんどのテストでIntel Core i5-7400を上回ったとして、AFモデルの元のRyzen 3 1200 CPUよりも速いパフォーマンスを達成することができたことを紹介しています。

GameERはこれらのプロセッサを、Cinebench 20、Cinebench 15 Multi-threaded、Cinebench 15 Single-threadを含む特定のベンチマークで実行した。

これら3つの異なるベンチマークは、オリジナルのRyzen 3 1200、Intel Core i5-7400、Intel Core i3-9100Fと比較した場合、Ryzen 3 1200がどこを上回っているかを示している。

Cinebench 20では、オーバークロックされたRyzen 3 1200 AFとRyzen 3 1200 AF(非オーバークロック)の両方と比較したときに、Intel Core i3-9100Fがトップであることを示している。

更新されたRyzenは近い2番目だった, オーバークロックのためのスコア 1,590 pts, と非オーバークロックのための1,368 pts 1,640 ptsを獲得しながら、i3 9100Fは1,640 pts. つまり、オーバークロックされたRyzenは、i3-9100Fプロセッサの100 pts以内に収まっていたことになる。

他の2つのベンチマーク、「Cinebench 15 マルチスレッド」と「Cinebench 15 シングルスレッド」では、マルチスレッドではオーバークロック版のRyzenが約50 pts、シングルスレッドでは2 ptsの差をつけてチャートをリードしていますが、どちらも異なる結果を示しています。

非オーバークロック版はi3-9100Fプロセッサの後ろに密接に続いており、マルチスレッドでは約40ポイント、シングルスレッドベンチマークでは約20ポイント遅れています。

このチップのゲーミング性能も、低価格のクアッドコアチップとしては素晴らしいものでした。

確かに、非常に低予算のPCを作る人は、間違いなくRyzen 3 1200 AF CPUと一緒に行きたいと思いますが、新しい99ドルの米国のRyzen 3 100も非常に素晴らしいオプションで、新しいコアアーキテクチャでさらに拡張し、さらに優れたオーバークロック結果を提供しています。

Ryzen 3 1200 AFのパフォーマンスは、より良いオーバークロック能力と一緒に低消費電力で、予算のPCビルドで素晴らしいでしょう。

A320やB450ボードと組み合わせれば、低予算ゲームのセットアップに最適なパートナーになります。

ソース:wccftech - AMD’s Ryzen 3 1200 AF & the Original Ryzen 3 1200 CPUs Compared: 12nm Zen+ Delivers Significant Improvements!

 

解説:

生まれ変わったPinnacle Ridgeその名も「Ryzen3 1200AF」

世代で言えばZen+コア採用のRyzen 2000シリーズ相当のRyzen3 1200AFが準備されています。

以前、ツイッターでもツイートしましたが、どうもこのRyzen3 1200AFはZenコアの第一世代Ryzen3シリーズとはモノが違うようです。

全体的にスペックアップされ、OC耐性も強化され、低価格ゲーミングPC向けのリーサルウェポンというような様相を呈しています。

その性能は上のグラフで見てわかる通り、$55-$60程度でCore i3-9100Fと同程度の実力があるようです。

$60なら、代理店の手数料を入れて消費税込みでも日本円で1万円以下になることは確実です。

将来のアップグレードを見越して、B550を待って同時に購入するか、A320と組み合わせて、価格に極振りするか、どちらにしてもこの夏はRyzen祭りになりそうな予感です。

対応は確認していませんが、A320ならばMicroATXで6000円台からあります。

Ryzen3 3100/3300Xも準備されていますので、どっちを買うか迷う性能です。

ぶっちゃけた話、価格も安いしこっちでもいいのかなと思います。

RTX2060SuperくらいまでのGPUならば、Ryzen3 1200AFで十分性能が引き出せると思います。

性能が不足すれば、上位のRyzenに変更すればよいだけなので、とりあえず上位のGPUを買ってしまうというのもありかなと思います。

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/22 20:08:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/22 20:08:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/22 20:08:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/22 20:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.