CPU情報

Intel 第 11 世代 Rocket Lake CPU のサポートは Linux のグラフィック・ドライバーに加えられ、400 及び 500 シリーズ チップセットと互換性がある

投稿日:

IntelのRocket Lake CPUが400シリーズと500シリーズのチップセットと互換性があるという新たな証拠が、最新のLinux Graphicsドライバパッチの中から出てきた。

Phoronixによると、最新のLinuxドライバには、Gen 12 'Xe'プラットフォームを搭載した次期第11世代CPUのサポートが追加されているという。

IntelのRocket Lake CPU with Gen 12 XeグラフィックスサポートがLinuxグラフィックスドライバに追加 - 400 & 500シリーズと互換性のあるチップセット

報告書では、Intel社のRocket Lake CPUに搭載されているGen 12 Xeグラフィックスのサポートを追加するLinuxグラフィックスドライバに、最初のパッチが追加されたとソースは述べている。

合計23のパッチが、700行以上のコードでi915 Linuxカーネルドライバに含まれていた。現在、Rocket Lake CPU に搭載されている Xe グラフィックス用の 6 つの PCI ID が 6 つあります。

Rocket LakeとTiger LakeのCPUの違いについても言及しています。

ディスプレイ用の5つのユニバーサルプレーン

3台のディスプレイを同時に駆動する場合に使用する第3のDPLL

様々なコードの変更がありますが、ほとんどがタイガーレイクの既存のコードパスを再利用しています。

これらのパッチが展開される中、テックリーカーのKomachi氏は、Rocket Lakeはパッチに記載されているようにTGPとCMPのどちらかとペアリングできることも明らかにしています。

CMPプラットフォームはComet Lake用で400シリーズのチップセットをベースにしており、TGPプラットフォームはTiger Lake用で500シリーズのチップセットをベースにしています。

これは基本的にモバイル製品のことを指しているが、IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUが、Z490マザーボードを含むデスクトッププラットフォーム向けに新たに登場した400シリーズに対応することも独占レポートで確認した。

これはさらにGigabyteなどのボードメーカーが、次世代Rocket Lake CPUが同社のZ490ラインナップに対応することを明らかにしたことでも確認されている。

いくつかのZ490マザーボードには、Rocket Lake-Sプラットフォームの目玉機能の一つであるPCIe Gen 4をサポートするハードウェアが搭載されている。

このハードウェアはすでにZ490マザーボードに搭載されているが、ユーザーは2020年後半に発売されるRocket Lake-S CPUとペアリングすることでのみ有効にすることができる。

現在のComet Lake-SデスクトップCPUは、PCIe Gen 4をサポートしていないが、LGA 1200ソケット専用に設計されており、LGA 1151ソケットよりも多くのピンを使用することで、より高い定格電流を実現している。

IntelのRocket Lakeプロセッサは14nmプロセスノードで製造されるが、先進的な「Cove」アーキテクチャを特徴としており、デザイン面ではSunny CoveとWillow Coveの両方の長所を備えていると推測されている。

Rocket Lake CPUは、Tiger Lake CPUと同じGen 12 Xeグラフィックスを搭載するが、Comet Lake-U/Hと同様に、洗練された成熟した14nmノードのおかげで、Rocket Lake-U/Hシリーズはより高速なクロック速度を持つようになる可能性がある。

Tiger Lake自身は、10nmプロセスノードの高度なバージョンを使用することになるが、14nmは非常に長い間市場に存在しており、我々はそれが10コアと5.30GHzのクロック速度までスケールアップするのを見てきた

Comet Lake-SとComet Lake-H製品の最新のバージョンアップ品である。

ネーミングスキームに関しては、すでにそうではないかのように混乱してしまうかもしれません。

Tiger LakeとRocket LakeのCPUは、どちらも第11世代CPUと呼ばれるかもしれません。

Ice LakeやComet Lakeも同様で、どちらも第10世代CPUと呼ばれています。

Alder Lake CPUが登場する頃には、モビリティパーツとデスクトップパーツのネーミングスキームが統一されるかもしれないが、それらは2021年後半か2022年前半に予定されている。

それまでは、14nm/10nmファミリの組み合わせは、内部アーキテクチャやコアスペックが大きく異なっていても、同じ世代の一部になるだろう。

IntelデスクトップCPU世代の比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大コア数 TDP チップセット ソケット サポート
メモリ
PCI-Ex
Ver
発売
Sandy Bridge 32nm 4/8 35-95W 6-Series LGA 1155 DDR3 PCIe Gen 2.0 2011
Ivy Bridge 22nm 4/8 35-77W 7-Series LGA 1155 DDR3 PCIe Gen 3.0 2012
Haswell 22nm 4/8 35-84W 8-Series LGA 1150 DDR3 PCIe Gen 3.0 2013-2014
Broadwell 14nm 4/8 65-65W 9-Series LGA 1150 DDR3 PCIe Gen 3.0 2015
Skylake 14nm 4/8 35-91W 100-Series LGA 1151 DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.0 2015
Kaby Lake 14nm 4/8 35-91W 200-Series LGA 1151 DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.0 2017
Coffee Lake 14nm 6/12 35-95W 300-Series LGA 1151 DDR4 PCIe Gen 3.0 2017
Coffee Lake 14nm 8/16 35-95W 300-Series LGA 1151 DDR4 PCIe Gen 3.0 2018
Comet Lake 14nm 10/20 35-125W 400-Series LGA 1200 DDR4 PCIe Gen 3.0 2020
Rocket Lake 14nm 10/20 不明 500-Series? LGA 1200? DDR4? PCIe Gen 4.0? 2021
Alder Lake 10nm? 16/32 不明 不明 LGA 1700? DDR5? PCIe Gen 4.0? 2022?
Meteor Lake 不明 不明 不明 不明 不明 DDR5? PCIe Gen 4.0? 2023?

https://twitter.com/KOMACHI_ENSAKA/status/1256884196968022016?ref_src=twsrc%5Etfw

同様のニュースとして、Komachiから内部ロードマップのようなものがリークされました。

これは必ずしもIntelのロードマップではなく、OEM/Supplierに関係している。

Intelはすでに、2020年半ばまでにTiger LakeモバイルCPUを発売することを確認している

ソース:wccftech - Intel 11th Gen Rocket Lake CPUs Support Added To Linux Graphics Driver, Compatible With 400 & 500 Series Chipsets

 

解説:

Comet Lake-Sは400シリーズ、Rocket Lake-Sは500シリーズチップセットと組み合わされるのですが、400シリーズチップセットでもRocket Lake-Sは使えるとされてきました。

その新たな証拠がLinuxのドライバーで見つかったという話です。

intelが2世代にわたって互換性を維持するのは以前は珍しいことでしたが、最近ではAMDの猛追で珍しいことではなくなりそうです。

予定ではComet Lake-SとRocket Lake-Sの発売間隔が短いことも関係していると思います。

マザーボードは各社から発売されますので、実売半年程度の販売期間では在庫に残ってしまうものもかなり出るのではないでしょうか。

Rocket Lake-SはTiger Lakeの14nm移植版といわれていますが、仕様を見るとそんな感じがしますね。

ダイのサイズがどのくらいになるかわかりません。

しかし、IntelのCPUはもともと生産効率を重視して作られていますので、10nmのCPUを14nmに移植した場合、かなりダイのサイズが大きくなるのではないかと思います。

Rocket Lake-Sは生産効率を高めるためにCPUとGPUを分けるMCMを採用するのではないかという噂がありましたが、それが本当だとしたら末尾Fのモデルは無くなるということになりますね。

また、当初8コアという情報だったのですが、最近の噂では10コアになっています。

ダイのサイズも大きくなると思われるRocket Lake-Sで本当に10コア版が出せるのかどうか、今後の情報に注目です。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.