GPU情報

NVIDIA、「GET AMPED」GTC 2020の発表で次世代のAmpere GPUを紹介

投稿日:

NVIDIAは、キャンセルされてから数週間後のGTC 2020オンラインイベントの日付を発表しました:2020年5月14日。同社はまた、来るべき次世代GPUアーキテクチャにコードネームが付けられているようで、聴衆は「GET AMPED」する必要があるとジブジました。 :Ampere。

同社は明らかにGTC 2020カンファレンスにかなり興奮しており、最初はイベントをキャンセルせずに、それをオンラインのみのショーにして、最後に日程を圧縮することで、あらゆるレベルでそのイベントを開催するために最善を尽くしていた; しかし残念なことに、会社にとってこれらのどれもうまくいかず、延期されました。

 

NVIDIAは、GTC 2020「GET AMPED」の発表により、アンペアGPUアーキテクチャを明らかにする準備が整いました

良いニュースのようですが、遅延はそれほど長くはなく、GTC 2020は2020年5月14日にスケジュール変更されました。これは数週間後のことです。

同社は、プレスリリースで「Get Amped」という言葉をアーキテクチャに明らかにヒントとして使用しているが、ネーミングに関しては注意が必要だ。

アーキテクチャとGPUが実際に明らかになるまで、NVIDIAはネーミングスキームを自由に変更できます(実際、GTX 800シリーズでは、過去11時間の時点で変更済みです)。

とはいえ、同社がGTC 2020に向けていくつかの大きな計画を持っていることは明らかであり、このイベントの反復は非常にエキサイティングになるでしょう。

同社の創設者兼CEOのJensenはまだ舞台に立っていません。黒いジャケットを着用するアイコンがエキサイティングなニュースのためにのみ登場することはよく知られています。

同社の公式発表は以下のとおりであり、こちらから入手できます

 

AI、ディープラーニング、自律走行車、ロボット工学、プロフェッショナルグラフィックスの最新のプラットフォームの進歩に対応

カリフォルニア州サンタクララ、2020年4月24日— NVIDIAは、5月14日午前6時(太平洋時間)にYouTubeで創設者兼CEOのJensen HuangをフィーチャーしたGTC 2020基調講演を発表します。

Huangは、基調講演の中で、AI、高性能コンピューティング、データサイエンス、自律型機械、ヘルスケア、グラフィックスにおける同社の最新のイノベーションに焦点を当てます。 参加者は、www.youtube.com / nvidiaでオンデマンドで基調講演を見ることができます。

もともと3月23日に予定されていたGTC 2020の基調講演は、コロナウイルスのパンデミックのために延期されました。 NVIDIAは会議をオンラインに移行しました。GTCデジタルイベントには、300の記録された講演と数十のインストラクター主導セッションに参加した45,000人以上の登録済み参加者が集まりました。

基調講演に含まれる発表はnvidianews.nvidia.comに投稿されます。

さらに驚いたことに、このイベントは実際にYouTubeのすべてのファンに無料でストリーミングされます。

COVIDが実際のイベントをキャンセルした可能性がありますが、これは参加者の面でこれまでで最大のGTCになると思われます。

NVIDIAに全力を注いでおり、業界全体であまり起こっていないため、会社が(願わくば)7nmプロセス(*フィンガーズクロス*)で登場する次世代GPUを発表するまで待つ必要はありません。

同社がGTC 2020の大規模な立ち上げを示唆したのもこれが初めてではありません。実際、2月に戻って、ジェンセンは次のように述べています。

ジェンセンが誤った約束をするものではないことを考えると、私は、来たるGTC会議での立ち上げ(紙またはその他)の連中を見ることになるだろうと私はかなり確信しています。

 

ただし、ここで別の注意点があります。会社がAmpere GPUをここに公開した場合、あらゆる可能性として、これはいつものように最初からサーバーGPUになるでしょう。

過去の例によれば、これがゲーム向け製品が明らかになる可能性は低いことが示されています。

誇大広告の列車は今まさに駅に到着しました。 出発進行です。

ソース:wcctech - NVIDIA Teases Next Generation Ampere GPU With ‘GET AMPED’ GTC 2020 Announcement

 

解説:

GDC2020オンラインイベントでサーバー向けAmpere GPUが発表されるか?

2020年5月14日に延期されたGDC2020のオンラインイベントでnVidiaの次世代GPUのAmpereのサーバー版が発表されるのではないかという情報が出ました。

サーバー向けのAmpereはTSMC7nmで製造され、CUDAコア数8K規模

ゲーム向けのAmpereはSamsung10nmで製造され、CUDAコア数4K-5K規模

と言われています。

RTX3080Tiと目されるモデルは高くなりすぎたRTX2080Tiの初物価格18万円よりも安くなるとされています。

全体的にメモリは増量され、バス幅も広がるといわれていますが、今までリークした情報から考えるとRTX3080Tiはあまり性能が上がらないのではないかと思います。

サーバー向けのAmpereが発表されればどのような設計なのかおおよそ判明するのではないかと思いますので、5月14日のオンラインイベントは注目です。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.