GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti Founder EditionグラフィックスカードがBestBuyで希望小売価格より20%安い1599.99USドルに下落

投稿日:

NVIDIAは、2022年の第1四半期にグラフィックスカードの価格が下落する中で、AD102ベースのフラッグシップグラフィックスカードであるGeForce RTX 3090 Tiを発売しました。

この間、暗号通貨市場が暴落し、RTX 30シリーズのグラフィックスカードが過剰に供給されるようになったのです。

GPUの過剰在庫を訴えるサプライヤーからのいくつかの緊張したメッセージは、GPUのMSRPを大きな値下がりを引き起こしました。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiは、3月に推定小売価格2000ドルでデビューしました。その同じカードが現在、希望小売価格より400ドル安い1600ドルで販売されています。

これは、NVIDIAの最高かつ最も効率的なプレミアムGPUにとって、非常に大きな価格下落です。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti Founders Editionグラフィックスカードの価格が希望小売価格比20%減の1599ドルに下落

NVIDIAの公式販売パートナーの1つであるオンライン小売店Best Buyは、米国でFounders Editionモデルを販売している。

この小売業者は、どうやらこのカードへの注目を集めるためにコストを下げたようだ。

それはある程度正しいのですが、これはNVIDIAからの公式な値下げとは見なされていません。

GPU設計者は、NVIDIAが許可した小売店割引を通じて、Best Buyが価格を引き下げることを許可したのです。

問題は、"この価格設定がいつまで続くのか "ということです。

コンテンツクリエイターの夢のGPU

GeForce RTX 3090 Tiは、アーティストの夢であり、高度なクリエイター向けに調整されており、非常に大きなモデルの編集、制作品質のビデオの作業、または複数のアプリケーションでの同時編集を可能にします。

Blender、Maya、Cinema4Dなどのアプリケーションでレンダリングするには、より強力なGPUが必要なだけでなく、より多くのGPUメモリが必要です。

RTX 3090 Tiは、これらのレンダリングアプリケーションにおいて、RTX 2080 TiおよびTITAN RTXよりも42%~102%高いパフォーマンスを発揮します。

また、RTX 3090 Tiは24GBの大容量メモリを搭載しているため、オリジナルのRTX 3080 Tiのメモリフットプリントに収まるデータセットの2倍の大きさを処理することができます。

ビデオ編集者にとっても、大きなメリットがあります。

例えば、REDCODE、Raw(R3D)ファイルを特徴とするDaVinci Resolveで8K RAWプロジェクトを処理すると、オリジナルのGeForce RTX 3080 Tiで利用できる10GBのメモリのほとんどを使用します。

Temporal Noise reductionやSpeedWarp retimingなどのGPUメモリを大量に消費するエフェクトを追加すると、RTX 3080 Tiで利用できるメモリを簡単に超えてしまい、アプリケーション内でメモリ不足のエラーが発生することがあります。

RTX 3090 Tiで同じようにメモリ集約的な処理を行うことで、プロジェクトの複雑さを軽減することなく、通常通り編集を継続することができます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Best Buyのウェブサイトに掲載されている上記と同じカードが、NVIDIAの公式ウェブサイトでは以下の写真になっている。

読者は、NVIDIAが希望小売価格を維持したままであるのに対し、上のカードの価格が引き下げられていることに気づくだろう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

9月は今月以外ではどの小売業者もRTX 30シリーズのグラフィックスカードを最大量販売できる最後の月となるため、この減額のタイミングはかなり戦略的だと思われます。

その後、現行シリーズの後継となるRTX 40シリーズのカードが市場に投入され始めるので、今年後半の発表後はさらに価格に影響が出るでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti Founder Edition Graphics Card Drops To $1599.99 US at BestBuy, 20% Lower Price Than MSRP

 

 

 

解説:

今度はBestBuyでRTX3090Ti FEの価格が希望小売価格以下に

GPUの値下がりが止まりません。

今度は、公式モデルと言うことで一定の人気を誇っているRTX3090Ti Founder's Editionが希望小売価格如何に値下がりしているという話が上がっています。

GPUは完全に余っており、流通過程における在庫量から、市場にかなりのプレッシャーがかかっているとのこと。

私は今後においてもGPUの価格下落は止まらないと予測しましたが、その通りになっています。

 

なぜGPUの価格暴落は止まらないのか?

それでは、なぜGPUの価格崩壊は止まらないのかですが、当然需給のバランスが大きく崩れているからです。

ならば、供給を絞ればよいのではないかと思われると思いますが、残念ながら、話はそう単純ではありません。

なぜなら工場にはリードタイムと言うものがあるからです。

今日メールを打ったら、明日から生産を絞るということはもちろんできません。

1-2年前の話では例えば、TSMCの工場は半年ほどリードタイムがあるという話がありましたので、今から生産調整をかけても6か月たたないと反映されないということになります。

※ Ampereのチップ生産はSamsungです。

そのため、その間に発生したミスマッチと言うものは小売市場で吸収することになります。

今のGPU暴落を見るとマイニングにおける需要が如何にバカげたものだったかよくわかるのではないでしょうか。

しかし、RTX4000シリーズの発売が目と鼻の先に迫った今、旧モデルを購入は得なのかどうかです。

 

 

旧モデルと新モデルの比較

先にお断りしておきますが、RTX4000シリーズはまた発売前ですので、あくまでも予想と言うことでお願いします。

当然ながら、正確なものではありません。

 

 

RTX3070・・・220W

RTX4060・・・260W

今回は一番売れ線モデルの一つであるRTX3070で比較してみましょう。

RTX3070に相当するのはRTX4060であると現在のリークでは見なされています。

同程度の性能であるならば、新モデルは旧モデルより電力効率が良いと言われています。

RTX4000シリーズはかなり爆熱になると言われていますが、この場合、同程度の性能がワングレード下がることによってかなり価格が下がるのではないかと思います。

また、FP32当たりのゲーム性能はAmpereかなり低くなっていますが、RTX4000シリーズはAMDのRadeon RX6000シリーズのインフィニティキャッシュによく似た大容量キャッシュを搭載していることから、同程度のFP32演算性能でもゲーム性能が飛躍的に高まる可能性もあると思われますので、どう考えても最新の製品であるRTX4000シリーズの方が得である可能性が高いです。

現時点ではこのような書き方しかできませんが、新製品である以上、旧モデルより優れているのは当たり前です。

Ampereの値下がりが続くようであれば、購入するのもありだとは思いますが、上のようなことも考え合わせて、納得してから購入してください。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/08/19 04:15:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/08/19 04:28:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥97,800 (2022/08/19 04:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.