CPU情報

Ryzen3 クアッドコアモデルの情報

更新日:

AMDが「Zen 2」ベースのRyzen 3クアッドコアAM4プロセッサに対応

AMDは、Ryzen 3ソケットAM4デスクトッププロセッサの新ラインを準備しており、@ momomo_usが発掘したOPNの詳細によると、次期の第10世代Core i3プロセッサファミリに対する競争力を強化します。

新しいプロセッサラインは、クアッドコアCPU構成の「Zen 2」チップレット1つで構成された「Matisse」MCMに基づいていると予想されます。

AMDはチップレット内で、2 + 2コアCCX構成ルートをとるのではなく、2つのCCXの1つを完全に無効にすることで4コアを達成しているようです。

16 MB L3キャッシュと2 MBのL2キャッシュ(4x 512 KB)を備えた単一のCCXは、プロセッサの18 MBの「合計キャッシュ」になります。

既存の2つのSKUには、Ryzen 3 3100(OPN:100-000000284)とRyzen 3 3300X(OPN:100-000000159)があります。 どちらも4コア/ 8スレッドパーツで、キャッシュは合計18 MB、TDPは65 Wです。
3100は最大3.90 GHz、3300Xは最大4.30 GHzでクロックされます。

AMDがPCI-Express gen 4.0のような機能を有効にするかどうか、また3100にロック解除された乗数があるかどうかはまだ分からない。

AMDがRyzen 3 "Matisse"パーツを導入する動きは、Intelの第10世代Core i3で必要とされているようです。 Intelは次のバリューセグメントチップを4コア/ 8スレッド、価格が160ドル未満になるように構成しています。

AMDは古い世代のRyzen 5およびRyzen 3シリーズの部品をこれらの価格で提供していますが、現行世代の製品には欠けています。

第10世代Core i3がRyzen 3「Matisse」を1つアップした1つの領域は、統合グラフィックスです。

さらに、Intelは、ゲーム用PC向けのiGPUが無効にされたCore i3製品の「F」SKUを持っている可能性があります。

AMDは、次の低コストのゲーミングPCキングを確立するために、何かを求めているようです。

ソース:techpowerup - AMD Readies "Zen 2" Based Ryzen 3 Quad-core AM4 Processors

 

AMDの今後のR3 3300XおよびR3 3100マティスのスペックがリーク

Twitterのユーザーmomomo_usは、AMDの今後のMatisse R3 3300XおよびR3 3100 CPUの仕様が何であるかについて秘密を洩らしました。

業界のリークやインサイダー情報に関して、ユーザーは明確な実績を持っています。

他の可能なソースからよりもこれらの仕様に多くの信用を与えることができます; ただし、常に注意が必要です。

彼のTwitterへの投稿によると、AMDは4コア、8スレッド構成のR3 CPUを準備しているため、同じコアとスレッド構成を搭載する10000シリーズのIntelのi3プロセッサーに戦いをもたらします。

momomo_usはR3 3100の3.9 GHzクロックを報告しています(これがベースクロックかどうかは不明ですが、

ただし、18 MBのキャッシュ(4つのアクティブコアと関連するL3およびL2キャッシュを備えた単一のアクティブチップレットがこれらの報告された18 MBのキャッシュに対応します(AMDのZen 2 CPUは、16 MBのL3キャッシュ 8コアのクラスター、そのうちR3 3000は単一のクラスターを特徴とする)、およびこれらのメトリックに使用できた可能性のある512 KBのL2)。

これは65 W TDPと並んでいます(8コアと16スレッドを備えたAMDのR7 3700 CPUを考慮すると、同じであると報告されているTDPを備えているため、少し高いようです)。

一方、R3 3300Xは、同じキャッシュとTDP構成を維持しながら、報告されたクロックを4.3 GHzに上げます。

価格はまだ不明ですが、これらはエントリーレベルのAMD製品であり、統合されたグラフィックスがないため、価格は100ドルの障壁に近いはずです

ソース:techpowerup - Specs on AMD's Upcoming R3 3300X and R3 3100 Matisse Leaked

 

解説:

4コア8スレッドのRyzen3

Zen+で廃版になった4コア8スレッドのRyzen3が予定されており、いかにZen2コアのRyzen3000シリーズが売れているのかの証明といってもよいでしょう。

ぶっちゃけるとRyzen4000G系のAPUが出るといらない子になると思うのですが、Ryzen3000でブランドが上昇し、低スペックモデルも売り上げが見込めるというところなのかもしれません。

もしくは、Intelの供給不足がAMDに対して新たな需要を生み出しているのかもしれません。

Ryzen3は低スペックのゲーミングPC向けとされています。

PascalのGTX1080Ti時代は4コア8スレッドが最高のCPUだったわけで、理屈の上ではRTX2060SUPERからRTX2070程度のGPUならば、4コア8スレッドでも十分なのかなと思わなくもないです。

ゲーム機も8コア16スレッドのCPUを搭載するわけですが、自由度の高いPCの世界では割と低スペックのPCにもスポットが当たっていくのかもしれません。

※ 4/21追記 価格に関してはRyzen3 3300Xが120ドル、Ryzen3 3100が104ドルとなるようです。Ryzen9 3900Xと同一の為替換算レート(1ドル130円)で日本円に直すと3300Xが15600円、3100が13520円となります。

ソース:techpowerup - AMD Ryzen 3 "Matisse" Possible Pricing Surfaces, Could Surprise

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥29,980 (2020/06/05 18:26:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥43,800 (2020/06/05 18:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥23,980 (2020/06/05 18:26:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥17,980 (2020/06/05 18:26:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.