マザーボード関係

AMD B550マザーボードが6月16日に発売– Ryzen 3000 CPU向けの費用対効果の高いPCIe Gen 4オプション

投稿日:

AMDのボードパートナーは、Ryzen 3000 CPUファミリ向けのコスト効率の高いマザーボードのラインをまだリリースしていません。

現在、AMD Ryzen 3000 PCビルダーの大多数は、新しいが高価なX570マザーボードへのアップグレードを検討するか、新しいチップセットでのみ利用可能な機能の少数のリストを失いながら、古いAM4ソケットマザーボードを使い続けています。

ただし、AMDはまもなく、主流および予算のユーザー向けに新しいB550チップセットベースのマザーボードを発表し、古いPCのアップグレードを確実に促し、Ryzen 3000

プラットフォーム全体が提供する価値とパフォーマンスの提案を検討します。

 

AMD B550マザーボードは6月にリリースされ、早い段階で発表されます-メインストリームおよび価格重視Ryzen 3000 PCビルダー向けに設計されています

今年初め、AMDは2020年第1四半期にB550およびA520チップセットの量産を開始すると報じられました。

OEM市場向けに特別に開発された改訂版のB550Aマザーボードを目にしましたが、それらはB450チップセットに近い設計であり、B550が提供するものに比べて限定的なPCIe Gen 4.0機能を提供します。

X570では、Ryzen 3000 CPUがI / O機能をオンチップIODとX570チップセット自体の2つの別々のダイに分割していることを考えると、ほとんどの機能セットがI / Oフロントで拡張されていることがわかります。

X470は高度な高精度ブーストとXFRテクノロジーのサポートを可能にしましたが、これはX570の主要な欠落要因であり、PCIe Gen 4.0のサポートである新機能と膨大なI / O機能のリストを備えています。

各X570マザーボードのBIOS側で微調整が行われ、Ryzen 3000 CPUと高速メモリDIMMのサポートがいくらか改善されましたが、X470がX370になったため、大きな変化はありませんでした。

それでも、マザーボードベンダーは、X570マザーボードを入手する多くの理由をいまだに提供しており、強力なVRMと前述のI / O機能を備えたハイエンドバリアントを提供しています。

AMD Ryzen Logo

AMD B550マザーボードは、より優れたI / Oのサポートを継続し、既存のX570オプションよりも低価格で提供される予定です。

情報筋によると、AMDは5月21日にB550マザーボードを発表する予定ですが、発表からほぼ1か月離れた6月16日までは、製品の発売は期待できません。

拡張性のために素晴らしいポートとスロットの配列を備えた中国のベンダーの初期のB550マザーボードを目にすることができました。

AMD B550チップセットのマザーボードは、US $ 150程度で最も安いX570オプションが利用可能であることを考えると、US $ 80から$ 150の間のどこかになります。

AMD X470マザーボードは引き続きRyzen 3000 CPUに十分対応しており、小売チャネルで見つけることができれば、およそ$ 120〜$ 130 USから始まります。

B450チップセットベースのマザーボードは、約60〜80ドルでかなり安価に見つかります。

 

AM4ソケットを備えたAMDのB550マザーボードは、昨日確認されたとおり、次世代のRyzen 4000 APUとRyzen 4000デスクトップCPUに対応します。

B550およびA520チップセットは、同じ価格カテゴリに分類され、非常に優れた低予算のPCビルドを実現する、今後の第3世代Ryzen 3クアッドコアCPUとの優れた組み合わせになります。

ソース:wccftech - AMD B550 Motherboards To Launch on 16th June – Cost-effective PCIe Gen 4 Options For Ryzen 3000 CPUs

 

解説:

B550の発売日がようやく確定

前々から出る、出るとリークされていたB550の発売日がようやく確定しました。

4月に出るのかなと思っていたのですが、6月16日ということです。

もともと6月はComputexがあるので、そちらに合わせて発表・発売される新製品はそれなりの数あったと思うのですが、今年は中止ということで、あまりこだわる理由はありません。

しかし、コロナウィルスの関係で工場側の生産体制が整わないなどの事情もあったのかなと思います。

わたくしは4月に出ると思っていました。

これでようやくミドルレンジ価格でRyzen3000シリーズを組みたいと思っている方も安心して購入できる体制が整ったといってもよいと思います。

OEM向けのB550Aと違って、こちらはPCI Express4.0にきちんと対応するようですので、X570は高すぎると思っている方にとってはちょうどよい選択肢になると思います。

日本ではRyzen3000シリーズの高値維持が続いており、amazonではIntelとAMDで半々くらいの売れ行きですが、アメリカのamazonでは値下がりしたこともあって上位をRyzenが旧シリーズも含めて独占しています。

特にRyzen1600は100ドル以下で売られていることもあるようで、6コア12スレッドということもあって人気があるようです。

確かに6コア12スレッドが10,000円以下で買えるならお得感があるなあと思います。

誰もがハイエンドマザーを購入するわけではありませんので、IntelにとってはB550の発売はかなり痛いのではないかと思います。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/08/06 19:23:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,480 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/06 19:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.