ゲームについて

PS5 –ソニーの次世代コンソールに関するすべての公式ニュース、リーク、噂

投稿日:

PlayStation 5は、ソニーの次世代コンソールの正式名称です。

Xbox本体のMicrosoftとは異なり、Sonyがこれまでの元の命名形式から逸脱していないことを考えると、多くの疑問がありました。

ソニーは主な競争相手のためにフライングすることを決定し、2019年4月にE3 2019をはるかに上回る、次期ゲーム機の最初の仕様を明らかにし始めました。

Wiredのインタビューで、リードシステムアーキテクトのMark Cerny(PlayStation 4で同じ役割を果たし、大きな成功を収めました)は、新しいゲーム機のいくつかの重要なポイントを明らかにしました:最新のAMDテクノロジーを搭載し、レイトレーシングのハードウェアサポートを特徴とし、カスタム設計されたSSDでロード時間を実質的になくすことを目的としています。

PlayStation 3とPlayStation 4の間でオーディオがそれほど改善されなかったことをCernyが認めたので、オーディオもエンジニアにとって焦点の領域でした。

今回の目標は、専用のカスタム3Dオーディオチップのおかげで、プレーヤーをゲーム体験に没頭させることです。

2019年10月、Cernyは再びWiredからのインタビューを受け、さらに改善されたコントローラー、刷新されたUI、ゲームインストールプロセスのきめ細かい制御など、システムに関する追加情報を明らかにしました。

ただし、完全なシステム仕様は、Mark Cerny自身が1時間のプレゼンテーションを行った2020年3月にのみ発生したことを明らかにしています。

 

PS5の発売日

公式-ソニーは、このコンソールが2020年ホリデーシーズンから販売されることを確認しました。

※ ホリデーシーズンとはクリスマス商戦のこと。欧米ではこの時期に年間売り上げ額の約2割を売り上げる

Wccftechの推測-11月中旬から後半にかけて、感謝祭のすぐ前にあるのは、PlayStationコンソールの起動の履歴データに基づく確実な推測です。

PS5の価格

公式-リードシステムアーキテクトのMark Cernyは、ソニーが「PS5の高度な機能セットに照らしてゲーマーにとって魅力的な」小売価格を提供できると信じています。

Wccftechの推測-PlayStation 3の599ドルの発売価格でひどく炎上しましたので、ソニーは、プレイステーション4の開始価格$ 399に設定し、はるかに低価格にして成功しています。

彼らがそこからあまり離れたくないのは当然のことなので、399ドルから449ドルが現在の推測です。

 

PS5ハードウェア仕様

項目仕様
CPU AMD Zen2 コア RyzenカスタムCPU
8 Cores @ 3.5GHz (可変クロック)
GPURDNA第二世代Radeon GPU
(CPUに内臓)
10.28 TFLOPs, 36 Compute Units
@ 2.23GHz (可変クロック)
ハードウェアレイトレーシングサポート
システムメモリ
メモリバス幅
16GB GDDR6/256-bit
システムメモリ帯域幅448GB/s
内蔵ストレージカスタム825GB SSD
I/O スループット5.5GB/s (Raw)
8-9GB/s (Krakenによる圧縮後)
拡張ストレージNVMe SSD M.1 or M.2スロットサポート
外部ストレージUSB HDD サポート
(for PS4 ゲーム用)
光学ドライブ4K UHD Blu-ray Drive
(最大100GB ディスク対応)
オーディオカスタム 'Tempest' 3Dオーディオエンジン
数百の同時ソースをサポート

リードシステムアーキテクトのMark Cernyが、2020年3月下旬にストリーミングされる詳細なビデオプレゼンテーションでコンソールの仕様を発表しました。

最大の驚きは、PS5のCPUとGPUの両方が可変周波数で実行され、AMDのSmartShiftテクノロジーを使用して、現在のシステムアクティビティに基づいて最も重要な場所でより多くの電力を提供することです。

ソニーは、ダイ温度を使用して周波数を管理する代わりに、CPUとGPUのアクティビティ情報を監視し、必要に応じてクロックを変更するアルゴリズムを考案しました。

Cernyは、これによりダウンクロックが発生する場合があることを認めましたが、10%の電力削減を実現するには約2%の周波数のダウンクロックしか必要としないため、効果はかなり小さいと考えています。

 

PS5デザイン

公式-現在のところ、ソニーはゲーム機の外観に関する情報を提供していません。

リーク/うわさ - 8月下旬にLetsGoDigitalを介して特許デザインが発見されました。

最近では、実際のPlayStation 5開発キットのイメージが流出し、特許の設計が正しいことが確認されました。

明らかに、よくあることですが、最終的な設計は異なる場合がありますが、V字型は、次の2つの理由で所定の位置に留まる可能性があります。 次に、Vは5のローマ数字です。

 

付属品

公式-前世代の商標「DualShock」からの変更点で「DualSense」と名付けられたPlayStation 5コントローラーは、PS4のコントローラーよりも大幅に進歩する予定です。

上の図からわかるように、以前のPlayStationコントローラからの逸脱でもある2トーンの美学など、かなり明白な設計変更がいくつかあります。

ライトバーはタッチパッドの側面に移動し、「共有」ボタンは「作成」ボタンに名前が変更されました。

機能の面では、アダプティブトリガーはさまざまなレベルの抵抗を提供するため、たとえば、射手内の各武器は適切に異なって感じられ、弓で矢をノックするのは、ショットの直前に引き戻すときのように緊張します。

さらに、高度にプログラム可能なボイスコイルアクチュエーターにより、はるかに洗練された触覚フィードバックが可能になり、ゲーマーはゲームのキャラクターが動き回って体感する表面の違いを感知できます; 氷はつるつるしていて、木は丈夫で、泥だらけです。

このコントローラーは、DualShock 4に比べて改良されたスピーカーも備えており、マイクアレイが組み込まれているため、専用のヘッドセットがなくてもボイスチャットを使用できます。

充電はUSB-Cを介して処理され、バッテリー容量はDS4よりも大きいと言われています。これは朗報ですが、この変更によりコントローラーは少し重くなります。

PlayStation VRヘッドセットはPlayStation 5と互換性があります。ソニーはVRを前進させることの重要性を繰り返し述べていますが、現時点では製品版の次世代VRヘッドセットに関する情報はありません。

 

ソフトウェア

公式-以前のソニーのコンソールからの変更点として、PlayStation 4ゲームの下位互換性が確認されました。

ソニーはすでに数百のテストを行っており、PS4の4000を超えるゲームの「圧倒的多数」がPS5でプレイできると期待しています。

PS4が新しいゲーム機の「ブースト周波数」で動作し、「より高いまたはより安定した」フレームレートと「潜在的に高い」解像度を可能にすることも確認されました。

PlayStation 5 Lead System Architect Mark Cerny氏によると、ユーザーインターフェイス(UI)は全面的に見直されています。

友人がゲームセッション中に何をしているかについて、より詳細な情報を表示できるようになりました。

PlayStation 5ゲームのインストールプロセスでは、ゲーマーがゲームのどの部分をインストールするかを制御できます。

たとえば、スペースを節約するために、ゲームの残りの部分をアンインストールしたまま、シングルプレーヤーキャンペーンのみまたはマルチプレーヤーモードのみを選択する場合があります。

 

ゲーム

現在、PlayStation 5で確認されているゲームはほとんどありません。

適切に発表された最初のゲームはGodfallでした。これは、ソロでプレイできるが、協力モードで最大3人のプレーヤー向けに設計された3人称アクションのロールプレイングゲームです。

近接戦闘に焦点を当てた「略奪者」と呼ばれるGodfallは、PlayStation 5専用タイトルとなり、ソニーの次世代システムの発売タイトルとなります。

CounterPlay Gamesの開発者たちは、PS5のSSDが「並外れて強力」であり、コントローラーのアダプティブトリガーと触覚フィードバックが、戦闘を「爽快で直感的」に感じさせるのに役立つと賞賛しています。

Ubisoftは、最近延期されたすべてのゲーム(Gods&Monsters、Rainbow Six:Quarantine、およびWatch_Dogs Legion)が、現在および次世代のゲーム機の両方に発売されることを明らかにしました。

言うまでもなく、ゲーム機の発売日前後に出るゲームはすべて、次のAssassin's Creedシリーズ、Call of Dutyシリーズ、FIFAシリーズなどはPlayStation 5をサポートします。

ソニー自身のワールドワイドスタジオについて、評判の高いシャドーオブザコロッサスのリメイクの背後にあるスタジオであるブルーポイントは、「大きな」PlayStation 5ゲームに取り組んでいると述べました。

PlayStation 5の拡張パッチとアップデートは、2020年に予定されているすべてのメジャーリリース(ラストオブアスパートII、ファイナルファンタジーVIIリメイク、サイバーパンク2077、マーベルのアベンジャーズ、ゴーストオブツシマなど)で発生する可能性があります。

2019年に発売されたDeath Strandingなどの一部のタイトルも同じ扱いを受けるでしょう。

ソース:wccftech - PS5 – Every Official News, Leak & Rumor on Sony’s Next-Gen Console

 

解説:

ソニーのPS5のスペックのまとめ記事が出ていましたので取り上げてみました。

どうもコントローラーの仕様が公開されたことによる記事のようです。

コントローラーはまた少し進化したようですが、よくも悪くもゲーム性に影響を与えるようなものでは無いようですね。

触覚フィードバックをゲーム性に入れ込んでくる可能性はあると思いますが、マルチ展開するタイトルが多いと思いますので、難しいと思います。

コントローラーというのはPS2ですでに完成してしまっているので大きく変更するのは難しいでしょう。

この新しいコントローラーはプラスチックとしては成形が難しいといわれる白が使われているのが印象的です。

プラスチックで白を使うとムラが出来やすく、黒よりもコストがかかります。

そのため、歴代のPSシリーズやXboxは本体やコントローラーにも主に黒を採用してきました。

特にロンチ時のモデルはコスト的に原価ギリギリか少しだけ赤ということが多いので、黒になることが多いです。

そのため、コントローラーと言えども白を採用するのは意外です。

あとは価格でしょうか。

スペックがXboxより低い分、ここはPS5の方が有利なはずです。

ソニーはPS3で一台につき2-3万円の赤字という大幅な逆ザヤ価格を設定し、PS2までに出した利益をすべて吐き出してしまったという前科があり、会社が傾きました。

その経験がありますので、おそらく原価ギリギリか少しだけ赤というような価格設定になると思います。

元記事中にもありますが、過去にPS3はロンチ価格、当初62,800円としていましたが、猛烈な反発を受け、後に49,980円に改定されました。

こういった経験がありますので、5万円は超えないのではないかと思います。

825GBのNVMe SSD、8コアの最新CPU、現在PC版もまだ発売されていない10.28TFLOPSの最新GPU、16GBのGDDR6を採用して5万円以下にできるものなのかどうかは疑問ですが、ゲーム機は大量生産とソフトウェアのロイヤリティからの収益を前提に無茶苦茶な価格設定をするのが常識になっているので、今回も赤字ギリギリの価格まで踏み込んでくると思います。

こうしたコスト競争になった場合、XboxよりもPS5の方が有利となります。

ただし、会社の規模はマイクロソフトのほうが圧倒的に大きいため、XboxがPS5より赤字が大きかったとしても耐えきってしまう可能性が大です。

札束で殴るというのはこういったことを指すのかもしれません。

 

 

 

-ゲームについて

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.