CPU情報

Intel Alder Lake 10nmデスクトップCPUが2021年に発売されると報告されており、2022年に7nm製品ポートフォリオを完成

投稿日:

第12世代コアファミリの一部となるIntelの10 nm Alder LakeデスクトップCPUがリークしたスライドに登場したようです。これは2021年頃のリリースを示唆するもので、2022年までに7 nmのフル製品ラインが期待されています。

インテルのPOAロードマップからのスライドは、2020年全体および今後数年間で行われている新しい開発を示しています。

 

2021年に登場すると噂されているIntel Alder Lake 10nmデスクトップCPUが2022年にフル7nm CPU / GPUファミリーを発表

これらのスライドがどれほど本物であるかは言えませんが、APAC地域で発表されたようです。

スライドの1つは、2019年に開催されたIntelの投資家向けミーティングに似ています。そのため、後で公開されるまでに公開されなかった情報を含む古いスライドを検討している可能性があります。

Intelの2020年の10nm製品ラインナップには、Alder Lake-SデスクトップCPUが搭載されていると伝えられています。 (画像出典:Komachi

 

最初のスライドには、2020年のインテルの10nm製品ポートフォリオ全体に関する情報が含まれています。

まず、10 nmデスクトップCPUのラインナップとなるAlder Lakeから始まり、Tiger Lake(モビリティCPU)などの他の主要な10ナノメートル製品も含まれています。

Ice Lake Xeon(サーバーCPU)、DG1(Xe GPU)、および5G対応の10nm SOCであるSnow Ridge。

10 nmプロセスノードに基づくAlder Lake CPUを除くすべてが2020年に確認されているため、これらのスライドは少し古いかもしれないと思います。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

もう1つの可能性は、IntelがRocket Lake-SとAlder Lake-Sのどちらをリリースするかをまだ決定していないことですが、それはプロジェクト全体を廃棄することを意味し、両方のファミリはIntelの標準手順ではない設計に基づいていると報告されています。

IntelのRocket Lake-Sプロセッサーは、14 nmプロセスノード上のXeグラフィックスを備えたSunny CoveまたはWillow Coveのいずれかの14 nmバックポートと思われます。

どちらのCPUアーキテクチャも主に10nmプロセスを中心に設計されていますが、クロック速度と効率の面で古いCPUに対応し、より高い歩留まりを維持するために、インテルは第11世代ロケットLake-Sのラインナップに14nmを選択します。

IntelデスクトップCPU世代の比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大コア数TDPチップセットソケットサポート
メモリ
PCI-Ex
Ver
発売
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm10/20不明500-Series?LGA 1200?DDR4?PCIe Gen 4.0?2021
Alder Lake10nm?16/32不明不明LGA 1700?DDR5?PCIe Gen 4.0?2022?
Meteor Lake不明不明不明不明不明DDR5?PCIe Gen 4.0?2023?

IntelのAlder Lake-Sは、10 nm +プロセスノード(Tiger Lake CPUの製造に使用されたのと同じノード)の進化版である10nm ++プロセスノードを利用する、まったく別の獣です。

Alder Lake-Sの第12世代コアのラインナップは、以前に報告したように、大小のコアの混在をサポートする新しい設計手法を特徴としています。

Alder Lake-S CPUの3つの構成がリークされました。

  • Alder Lake-S(8 + 8 + 1)125W構成
  • Alder Lake-S(8 + 8 + 1)80W構成
  • Alder Lake-S(6 + 0 + 1)80W構成

ご覧のとおり、CPUは最大8つの高性能コアと8つの効率最適化コアを備えたさまざまな構成を備えています。

125Wのロック解除されたモデルと80W TDPのロックされたモデルがあります。

また、効率が最適化されたコアを含まない6(ビッグ)コア構成もありますが、Intelは、より小さなコアなしでハイエンドのモデルを提供する予定です。

いくつかのモバイルSoCが同様のコア階層を備えているのを見たので、チップ設計方法論は新しいものではありませんが、高性能デスクトップCPUラインナップで同様の結果を見るのは間違いなく興味深いでしょう。

そうは言っても、Alder Lake-S CPUは新しいLGA 1700ソケットのサポートを特徴とし、Xe GPUの拡張モデルを特徴とし、その発売時に利用可能になります。

Intelはまた、真のマニア向けのデスクトップ製品であり、デスクトップ部門のRyzen 9 3950X 16コアプロセッサなどに挑戦するTDPが150 WのAlder Lake-S CPUのパフォーマンススケーリングについても調査しています。

したがって、新しいソケットであるLGA 1200ソケットは、Alder Lake-Sが2020年に発売される場合、一世代分のCoreファミリにしか対応しないことを意味します。

それはまずあり得ないので、2番目のスライドが示唆しているように、Alder Lake-Sは2021年の製品である可能性のほうが高いと思います。

リークされたIntelスライドは、2020〜2021年の間にいくつかの10 nmの発売、2022年に完全な7 nm CPU / GPU製品ポートフォリオの発売を指摘しています。(画像出典:Komachi

 

2番目のスライドを見ると、大幅な歩留まりの向上、生産能力の向上、2020年に発表される一連の10 nm CPU / GPU製品など、Intelの10 nm製造のいくつかの機能と進捗状況を示します。

しかし、この2番目のスライドは最も興味深いもので、2022年までにIntelがフル7nmポートフォリオを発表することを示しています。

主力製品であるPonte Vecchio GPUは2021年に発売されると言われていますが、CPUとGPUの本格的なラインナップはありません。

2022年までに期待され、Rocket Lake-Sが当該ノードで製造された最後のデスクトップCPUであると想定されているため、インテルは2021年に別の14nmを発売しません。

つまり、Alder Lake-Sは10nmベースの2021年製品であり、Meteor Lake-Sは2022年に発売された最初のIntel 7nmデスクトップ製品であることを示しています。

もちろん、インテルの製造プロセスがは期待どおりにスムーズに立ち上がることは難しいと思われます。

一方、AMDは、Zen 3ベースで強化された7 nm Ryzen 4000のラインナップを今年提供し、Rocket Lake-Sに対抗し、Zen 4ベースの5nm Ryzen 5000ラインナップは、2021年末または2022年初めまでにAlder Lake-S CPUに対抗します。

これらは間違いなくIntelが考慮に入れているものですので、しばらく待って、今後数か月の間に私たちが市場に持っているものを見てみましょう。

ソース:wccftech - Intel Alder Lake 10nm Desktop CPUs Reportedly Launching in 2021, Complete 7nm Product Portfolio in 2022

 

解説:

2021年に10nmのAlder Lake-Sが発売される。

Rocket Lake-S以降の話がようやく出てくるようになりました。

Alder Lake-SはArmも採用しているBig-Littleフィロソフィに基づいた効率の良い8コアと性能の高い8コアの組み合わせとなるようです。

これは実際すべてがフラットな高性能コアを採用しているAMDのRyzenと性能競争したらどうなるのかな?と思います。

シングルスレッド性能を稼ぐのには有利そうなので、ゲーミングPC向けとしては強くなるのかもしれませんが、実際には出てみないとわからないといったところでしょう。

Intelは巨大な企業にも関わらず、こういう新しい設計を積極的に採用して攻めてくるところがすごいなと思います。

高効率コアがあるにも関わらず、ロック解除の現行製品でいえばK付き相当のモデルはTDP125Wとなっています。

こちらはTSMCの7nm+や5nmにIntelのプロセスで対抗するのは難しいということを意味しているものと思います。

そうでなければTDPは95Wにしているでしょう。

コスト高になるのを承知でTDP125Wにしているということは想定される性能がZen3、Zen4といったこれから出るRyzenに追いつくのが難しいのだと思います。

実際にはどうなのかわかりませんが、少なくともIntelの内部ではそのように想定しているのでしょう。

 

表では以前から当サイトでも名前が出ていましたが、2021年に10nmのAlder Lake-S、2022年に7nmのMetor Lake-Sが発売予定となっています。

ただ、元記事に以下のようにある通り、

もちろん、インテルの製造プロセスがは期待どおりにスムーズに立ち上がることは難しいと思われます。

Comet Lake-Sが当初の予定から半年近く遅れたことを考えると、この予定が実際にその通りになるというのはあまりに楽観的過ぎると思います。

Intelも営利企業ですから、株主の手前、ライバル会社の予定に合わせて無理なスケジュールを組まざるを得ないこともあるかもしれません。

しかし、こういう現実にそぐわない大本営発表的なスケジュールは製品の発売が近づいてくるとほぼ破綻します。

まず、Rocket Lake-Sの2020年Q4(末?)発売というのもほとんどあり得ないスケジュールではないかと思います。

もし仮にこのスケジュールが本当だとしたら、販売店の混乱はかなり大きくなるのではないでしょうか?

Comet Lake-Sがまだ店頭にあるのにRocket Lake-Sも売るということになります。

単体のリテール品はともかく、OEMのゲーミングPCなどの完成品はそれほど素早く切り替えられるとも思えません。

よってRyzen4000シリーズがこの時期に出るからとりあえず株主の手前、スケジュールを組んでみたという意味合いのほうが強いのかなと思います。

もちろん、あのIntelの出した予定ですから、その通りになる可能性もあると思います。

しかし、直前でZ490マザーの公開中止を各メーカーに通達したComet Lake-SのCESでの一幕を見ると難しいといわざるを得ないでしょう。

元記事にも触れている箇所がありますが、Alder Lake-Sがこのスケジュール通り出せるのであれば、Rocket Lake-Sは要らないのでは?とも思います。

この無理矢理なスケジュールをあえて出してきたということは、ほぼ遅れるとみなしてよいのかなと思います。

すでに採用製品が発売されているTSMCのプロセスと、製造上のトラブルを抱え立ち上げに苦戦しているIntelのプロセス、どちらが現実味があるかと言えばやはりTSMCの方でしょう。

 

今後のIntelデスクトップ製品の発売日と間隔

2020年5月27日 Comet Lake-S(14nm)

6か月

2020年第4四半期(10-12月or末?) Rocket Lake-S(14nm)

6か月から1年?

2021年不明 Alder Lake-S(10nm)

1年?

2022年不明 Metor Lake-S(7nm)

 

まとめると上のようになりますが、さすがにあまりに厳しいスケジュールなのは理解していただけるのではないでしょうか。

まあ、普通、こういった製品は必ず欧米での最大の売り上げをたたき出すクリスマスシーズンを挟むのが常識となります。

そこを無視して無理矢理スケジュールを組んでいるということはIntelも「この通りにはならない」思っているのではないかと邪推してしまいます。(笑

新製品の発売は店にとっても基本的にはいいものだと思いますが、顧客の手前がある以上、こんな間隔で発売されたら小売店の方はどう思うのか?ぜひ感想が聞きたいです。

在庫をIntelが回収してくれればよいですが、そうでない場合、結構なリスクなのかなと思います。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.