CPU情報 その他

AMDは今なおその巨大なエクサスケールのヘテロジニアスプロセッサ(EHP)に取り組んでいます

投稿日:

ほぼ4年前に、AMDの野心的なExascale Heterogeneous Processor(EHP)の風を初めて受けました。

コンセプトはシンプルでした。これは、強力な32コアとGreenlandグラフィックスおよびHBMメモリをオンボードで組み合わせたものです。

AMDは4年の現在、32コアの夢を簡単に実現してきましたが、その規模のAPUは依然としてはっきりしないままです。

会社がEHPの野心に関する作業をあきらめたと思ったのならば、ここにいくつかの素晴らしいニュースがあります。

決してそうではありません。

AMDのExascale Heterogeneous Processor(EHP)は、X3Dパッケージ、動的メモリ管理、異種ディープラーニングアーキテクチャなどを特長としています。

TwitterユーザーのUnderfoxが特許の宝庫を発見し、AMDのEHPプロジェクトが非常に活気に満ちていることを示しています。

実際、EHPの構築を可能にするパッケージング、つまりX3Dも、2020年3月5日の最近のプレゼンテーションでデモされました。

特許のほとんどは高度に技術的なものですが、動的メモリ管理用のものを含む、いくつかの非常に興味深い断片があります。

AMDはすでに、SoCの制約された熱エンベロープと電力エンベロープを処理するために、大量のスマートシフト(意図的)テクノロジーを導入しており、動的メモリ管理は、この最適化の哲学を論理的に継続するものです。

翻訳

特許:ループ終了予測を使用してプロセッサのループモードを加速または抑制する-AMD

ループモードでの効率の大幅な改善...

詳細:http://freepatentsonline.com/20200089498.pdf

AMDは、大規模なコア数のCPUを、MCMの哲学を使用して最大64コアまでロールアウトしましたが、GPUを使用して同じことをまだ行っていません。

MCM CPUと1つのX3Dパッケージに搭載されたMCM GPU(およびHBM)を組み合わせたチップは、将来のエクサスケールのデータセンターで使用できる非常に有用なチップになります。

現在、エクサスケールのスーパーコンピューティングクラスターはありませんが(Folding @ Homeのような分散コンピューティングプラットフォームは考慮に入れません)、AMDがEHPの野心を実現した場合、エクサスケールにおける多数の場所が成功するだけでなく、安くなります。

AMDの古いEHPの図を見ると、会社がすでにその半分をRomeとNaplesのプラットフォームの形で提供していることがわかります(当時の32コアはほぼ間違いなくエクサスケールの領域でした)。

これが、これらの特許が必ずしもEHPにすぐに流用されなくても、同じものの派生物である消費者製品に流用されることを心に留めておかなければならない理由です。

AMDで1年か2年以内にMCMベースのデザインを展開することを前向きに検討しており、EHPチップが現実的になると確信しています。

特許で言及されているもう1つのことは、AIアクセラレーションのディープラーニングへの異種アプローチです。

ディープラーニングネットワークの一貫性を維持し、レイテンシを削減することは、今日のエンタープライズチップの成功の鍵であり、この領域でさえ、AMDのExascale Heterogeneous Processor(EHP)は怪物になるようです。

これを読んでいるエンジニアは、Underfoxによって編集された特許リストを確認し、技術機能の完全なリストを自分で確認することをお勧めします。

IntelがすでにMCMベースのGPU(Intel Xe HP)の構築に向けて進んでいるので、AMDはすでに独自の設計にも取り組んでいると思います(長い間そうでなければ)。

MCM GPU戦争は単なる可能性ではない-私の意見では-それらは偶然であり、個々のダイのサイズが縮小し、規模の経済が増加することで、これらの過去2年間をマークしたコンピューティングパワーのコストが標準的に削減されます。

絶え間ない革新は常に目を見張るものであり、私はこのような最初のGPUを見るのを待ちきれません。

ソース:wccftech - AMD Is Still Working On Its Monstrous Exascale Heterogeneous Processor (EHP)

 

解説:

intelはすでにXeでGPUのMCM化に取り組んでいますが、AMDも決して取り組んでいないわけではないという話が合ったので取り上げてみました。

ゲームの世界にはあまり関係ない話だったかもしれません。

ヘテロジニアスプロセッサーというのはAPUがそうであるようにCPUとGPUのような異なった性質のプロセッサーが内臓されているチップのことです。

上の例で行くと、32コアCPUにGPUを組み合わせたヘテロジニアスチップです。

現在、消費者向けのヘテロジニアスチップはAPUのような低価格向けのモデルとしてラインナップされていますが、決してそういう用途のためだけにあるものでは無いということです。

AMDがGPUのMCM化を行うならば、自然とこうした高性能に振ったAPUも出てくるのかもしれません。

 

 

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.