その他

Intel:10nmは22nmより生産性が低くなりますが、今年は10+が廃止されます

投稿日:

ウェハー

インテルのCFOジョージ・デイビスは、モーガンスタンレーのTMT会議で発表し、10nmプロセスについてアナリストと率直に率直に率直に話し合いました。

同社は、今年10+プロセスをプッシュする計画があることを明らかにしたが、現在10nm時代にはほぼ確実であるが、ノードとしての10nmは「Intelがこれまで持っていた最高のノードではない」と警告した。

実際には22nmよりも生産性が低くなります。

とはいえ、ジョージは、Intelはコロナウイルスの影響をまったく受けていない(主に米国を拠点としていると考えられている)と、まだ満たされていない過剰な需要があると述べた。

インテルCFOは、小気味の良い誠実な情報開示で期待を塗り替えます - 10mmはIntelがこれまで持っていた最高のノードではなく、14nmと22nmよりも生産性が低い

彼はまた、10nmサーバー製品が今年も発表・発売することにさらに言及しました-10nmについての神話を払拭します。

インテルは、ビジネス(またはこの場合は製造業)の状態についてますます誠実になっています。

これは、インテルのCEOボブ・スワンに由来する態度です。

先に進む前に、関連する部分を以下に示します(実際に発言されたものです)。

 

[10nmの状態についての質問]

私たちは間違いなく10メートルの時代にあり、昨年末にIce lakeクライアントを立ち上げました。

今年登場するディスクリートGPUが出てきました。 ネットワーキングASICは、明らかに-年末にあります。

おもしろいことに、サーバーSKUが10種類出てきました。これは、今後のプロセステクノロジーへのアプローチを示すもので、今年も10種類以上出ています。

そして、私たちが言ったことは、毎年イントラノードの改善を開始するので、新しいノードを開始することが重要であるため、Tiger Lakeクライアント製品をリリースする必要があります。
それは10nm+上のノードに配置されます。

そのため、クライアントチームから、どの程度のパフォーマンス向上が得られるかは話すことはが許されていないと言われました。

しかし、その間に7nmを待たずにステップ関数を移動させるという考え方があります。

それについては、次のように話すことができます。 - 私たちがやろうとしていた幾つかについて話した議論を見つけるのは難しいのですが - しかし、私たちは情報を公開します。

[観客からの10nmについての不可解なコメント]

そうですね。ええと、でも彼らは私に最初に話させてくれません。

製品のハードワークを行っている適切な人々が語っていることはご存知でしょうが、そのように、私たちはその10nmノード時代にいると感じています。

重要なのは、一定期間にわたって歩留まりの改善が見られることです。

しかし、19年5月のアナリストの日に見てきたように、これはIntelがこれまでに持っていた最高のノードにはなりません。

14[nm]よりも生産性が低く、22 [nm]よりも生産性が低くなります

しかし、私たちは改善状況に興奮しており、7nmの期間を開始し、21年の終わりから開始するよりもはるかに優れたパフォーマンスのプロファイルで開始する予定です。

これは、Intelの10nmが1年ほど前に立ち往生している間、マニアが長い間議論してきたことです。

7nmはEUVベースのプロセスであるため、難易度のある種のリセットとして機能し、実際には、高価な10nmプロセスよりも(比較的)簡単に達成できます。

多くの人々は、Intelは7nmに直接移行することを提案しましたが、7nmへの移行は10nmへの移行の影響を受けず、会社に十分な現金があることを考慮して、10nmが一種の移行ノードであるのは理にかなっていますが、Intelは再び情勢の把握に努めています。

ここでの投資家にとっての朗報は、不確実性を払拭し、Intelの立場を正確に知ることです。

しかし、14nmほどの生産性があるとは思わないでください。

これはおそらく、下位ノードに移行することで得られるパフォーマンスの向上だけでなく、財務プロファイル(10nmは間違いなくIntelにかなりの費用がかかります)として解釈できます。

ここでのもう一つの銀の裏打ちは、同社が2021年までに7nmへの移行に向けて順調に進んでおり、コロナウイルスが触媒した世界的な減速の影響を比較的受けていないことです。

ソース:wccftech - Intel: 10nm Is Going To Be Less Productive Than 22nm, 10+ Will Be Pushed Out This Year

 

解説:

Intelの10nmは14nmと22nmよりも生産性が低いという話です。

イコール歩留まりが良くないということなのでしょう。

また、35W、45WのモバイルCPUがComet Lake-Sであることを考えるとクロックを上げるのも難しいのではないかと思います。

唯一Intelがすごいと思うのは、会社がつぶれる前の大企業というのは株価対策でトップや役員が大嘘をつきまくるものなのですが、元記事にある通り、Honest=「誠実」に10nmの改善に苦心していることを情報公開しています。

巨大な組織に属している方ならわかると思いますが、これはなかなかできることではありません。

逆に言えば、Intelにとってはこれらのことはまだ嘘をつかなくてはならないほど深刻でないのかもしれません。

※ Intelが本当に素晴らしい組織ならば、嘘をつくことを是としない文化があるのかもしれません。そういう企業は1000年企業に成りうると私は思います。

日本の周辺の諸国では嘘をつくことを一種の武器として考える文化がありますが、嘘というのは単なるその場しのぎであり、ついても何時かは清算しなくてはいけません。

その場しのぎでごまかしても清算するときに被害が大きくなるだけで何も良いことはないです。

嘘を是とする文化の国々とわたくしは付き合いたいとは思いませんし、良いこととは全く思わないです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.