CPU情報

Intel Core i9-9900KS 8コアCPUは製造終了した可能性があります-いくつかの小売店で在庫切れ

投稿日:

8コアのIntel Core i9-9900KSは2019年10月に発売されましたが、ブルージャイアントが第10世代のプロセッサラインの発売に向けて準備を進めているため、すぐにプロセッサが店頭から出てくるようです。

IntelのCore i9-9900KS-最速の8コアゲーミングCPUがまもなく販売終了する可能性があります

Intelは、AMDの最も弱いスポットであるクロック速度に取り組むために、Core i9-9900KSをリリースしました。

8コアと16スレッドを搭載したCPUは、Intelが14nmプロセスノードを再利用した方法と、AMDのRyzenラインナップのおかげで8コアプロセッサがすでにメインストリームスペースを占有し始めたという事実を考えると、テクノロジーの大きな飛躍ではありませんでした。

メインストリーム製品のトップは、IntelがRyzenに完全に譲りたくなかったものでした。

その結果、Core i9-9900KSが誕生しました。

これは、フラグシップi9-9900Kをまったく新しいレベルに引き上げたプレミアム価格のチップです。

名前の「S」は「特別版」を意味していました。

過去数年にわたって主にPentium G3258とCore i7-8086Kを見てきたように、以前Intelをフォローしていたユーザーは特別版に驚かなかった。

それらと同様に、Core i9-9900KSは、クロックを14nmプロセスノードで(その時点での)可能な絶対的な限界まで上げることで追随しました。

Core i9-9900KSは、すべてのコアで5 GHzを誇っていましたが、その代償は127 W(PL1状態)のはるかに高いTDPでした。

CPUの価格も500米ドルを超えており、マルチタスクユーザー向けである、AMDのRyzen 9 3900X 12コア、24スレッド製品よりもさらに高価です。

しかし、Intelは9900KSを最速のゲーミングチップとして宣伝しました。

これは間違いではありませんでしたが、消費電力とより高い温度を犠牲にしました。

Intel第9世代コアファミリCPU公式仕様:

CPU名製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格(USドル)
Core i9-9900KS14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz (8 Cores)16 MB127W$513 US
Core i9-9900K14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i9-9900KF14nm++8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB95W$488 US
Core i7-9700K14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz12 MB95W$374 US
Core i7-9700KF14nm++8 / 83.6 GHz4.9 GHz12 MB95W$374 US
Core i5-9600K14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-9600KF14nm++6 / 63.7 GHz4.6 GHz9 MB95W$262 US
Core i5-960014nm++6 / 63.1 GHz4.5 GHz9 MB65W不明
Core i5-950014nm++6 / 63.0 GHz4.3 GHz9 MB65W不明
Core i5-940014nm++6 / 62.9 GHz4.1 GHz9 MB65W$182
Core i5-9400T14nm++6 / 61.8 GHz3.4 GHz9 MB35W不明
Core i3-9350KF14nm++4 / 44.0 GHz4.6 GHz8 MB91W不明
Core i3-910014nm++4 / 4TBD4.2 GHz6 MB65W不明
Core i3-900014nm++4 / 43.7 GHzN/A6 MB65W不明
Core i3-9000T14nm++4 / 43.2 GHzN/A6 MB35W不明

しかし、最新のレポートがさまざまな小売店から出てきており、CPUの最後の在庫がさまざまな地域でようやく終了し、Intelはもはや9900KS CPUを生産していません。

Computerbaseによると、AmazonやCasekingなどの小売店の在庫は限られています。 Amazonでは、Core i9-9900KSが現在$ 963.83 USでリストされており、これは小売価格のほぼ2倍の金額です。

Neweggによると、チップは在庫切れであり、他の小売店ではチップはバンドルにのみリストされており、個別に購入することはできません。

現在、Core i9-9900KSがEOLに早く到達した理由は2つあります。

第一に、チップは常に限られた量産製品であることを意味していました。つまり、必ずしも他のプロセッサと同様の貯蔵寿命を持つ必要はありません。

もう1つの理由は、Intelの第10世代のラインナップがまもなく本格的に登場し、Core i7-10700KやCore i7-10700KFなどが同様の仕様をより低価格で提供しているためです。 生産されてもほとんど意味がありません。

新しい第10世代プロセッサのラインナップは、Intelからこれまで得てきたものよりも各CPUセグメントで大幅に低い価格ポイントをもたらすと噂されています。

これもまた、AMDのRyzenが市場シェアとマインドシェアを混乱させたメインストリームのデスクトップセグメントで何らかの関連性を取り戻すための非常に必要な行動です。

ソース:wccftech - Intel Core i9-9900KS 8 Core CPU Might Have Reached EOL – Out of Stock at Several Retailers

 

解説:

Core i9-9900KSが販売終了に

完全にIntelファン向けのCPUのCore i9-9900KSがアメリカの主要な小売店で在庫切れになっており、生産もされていないようです。

今Intelはおそらく、あまり歩留まりが良くないと思われるCometLakeを全力で初期出荷需要を満たす分をストックするために生産しているのだと思います。

Core i9-9900KSはIntelがここ数年で一番苦しい時期に発売されたモデルですが、そのイメージリーダーとしての役割はあまり芳しいとは言えませんでした。

製造プロセスの問題が横たわっていますので致し方なかったのですが、おそらく4月にはようやくComet Lakeが出るのでしょうから、その役割を終えたといってもよいでしょう。

TDP127Wとあまりに高くなりすぎた消費電力と熱は一般向けとはいいがたいですが性能を求めるマニアにとっては高いFPSをたたき出すうえでありがたかったのではないかと思います。

 

次の焦点はいかにスケジュールを遅らせずに10nm製品を出せるか

当初の噂ではRocket Lakeは2020年の末くらいに出るといわれていました。

しかし、2020年Q1に出るといわれていたComet Lakeが2020年Q2にあたる4月(もしくはそれ以降)になることがほぼ確定して、Rocket Lakeは2020年にずれ込むことが確定したといってもよいでしょう。

Rocket Lakeは10nmで製造されるTiger Lakeの14nm版(バックポート)といわれており、シングルスレッド性能はかなり上がるが、8コアにとどまるといわれています。

もともと10nmで作っていたものを14nmにわざわざ移植するということはクロックが上がらないか歩留まりが悪すぎるか、もしくはその両方かでしょう。

Rocket LakeはComet Lakeとソケットが変わらないといわれており、AMD大攻勢の影響で価格もそれなりになるのではないかと思いますが、今後、いかに遅れずにRocket Lakeの次kCPUを出せるかがカギだと思います。

 

Intelのマーケティング上の失敗

IntelはHEDT用のモデルをGPU無しでマルチコア性能重視とし、クロックを低く抑えてきました。

「クロックが低くてもマルチコア性能が高ければ、高級な製品」というマーケティングを行ってきたのは皮肉なことにIntel自身だったわけです。

AMDのRyzenはこの位置にすっぽりと収まってしまい、さらにシングルスレッド性能でもIntelのHEDTを追い抜いてしまいました。

SocketAM4は完全にLGA2066の上位互換といってもよいでしょう。

図らずもIntel自身が行ってきたマーケティング上のミスマッチによってRyzenを逆にブランディングしてしまっていると思います。

最新のゲームではマルチスレッド対応は急速に進んでいると思います。

10nmへの移行がこれ以上遅れるようならば、Intelがファブレス企業になるというアナリストの予想の一つが当たってしまう可能性も出てきたのかなと思います。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.