CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3990X 64コアHEDT CPUは、デュアルXeon Platinum 8280「Cascade Lake」CPUよりも2万ドル以上優れています

投稿日:

AMD Ryzen Threadripper 3990X CPUベンチマークが新たに登場し、HEDTチップがIntelの最上位Xeonスケーラブルな「Cascade Lake」プロセッサーよりも優れていることが示されました。

ベンチマークは、AMDのフラッグシップ64コアコンシューマチップの最初のパフォーマンスエントリが登場したSiSoftwareデータベース(Overclockers.ru経由)からのものです。

 

AMD Ryzen Threadripper 3990X、64コア/米国$ 4000、CPUがデュアルXeon Platinum 8280 'Cascade Lake' CPUを2万ドル以上の価値がある

AMD Ryzen Threadripper 3990Xは2020のフラッグシップHEDTプロセッサであり、64個のZen 2コアと128個のスレッドを提供します。

このチップは、これまでにあらゆる半導体メーカーが製造した究極の愛好家およびワークステーション層のプロセッサです。

チップは独自の層にあり、競合他社との競合はありませんが、HPCおよびデータセンター市場向けのIntelのXeonスケーラブルパーツを使用します。

AMDのCEOであるリサ・ス博士は、最初の64コアおよび128スレッドのデスクトップコンシューマープロセッサであるRyzen Threadripper 3990Xを紹介しました

AMD Ryzen Threadripper 3990X CPUの仕様

AMD Ryzen Threadripper 3990Xは、CES 2020で世界に紹介されましたが、予想どおり、巨大な64コアと128スレッドを特徴としており、絶対的な怪物です。

コアとスレッドの数は驚くべきもので、HEDTプラットフォームでこれまで見たことのないものとは異なりますが、AMDはHEDTプラットフォームを強力に推進しており、実際にこの超大容量チップをTRX40ファミリーに搭載しています。

AMDのスライドでは、プロセッサが合計288 MBのキャッシュ、大量のPCIe Gen 4レーン(〜128)、280 WのTDPを搭載することを確認しています。
TDPは、64コア製品では驚くほど低いです。

そのため、Ryzen Threadripper 3990Xは、2.90 GHzのベースクロックと4.3 GHzのシングルコアブーストクロックを備えています。

ベースクロックは、32コアのRyzen Threadripper 2990WXよりも100 MHz遅いですが、100 MHzのベースクロックはその前身よりも高いです。

仕様に加えて、3990X CPUサポート用の最新のAGESA 1.0.0.3 BIOSアップデートは、Momomo_Usによって報告されたさまざまなTRX40マザーボードで展開されています。

ASUSは、3990X専用に設計された新しいフラッグシップマザーボードであるASUS ROG ZENITH II EXTREME Alphaも発表しました。

AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU:

CPU名コア数スレッド数旧モデルベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
(USドル)
発売
AMD Ryzen
Threadripper
3990X/WX
64 Core128 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2990WX
(32 Core /
64 Thread)
2.9GHz4.3GHz288MB-280W$3990 US2020年2月7日
AMD Ryzen
Threadripper
3980X/WX
48 Core96 ThreadN/A不明不明不明-280W$2499-$2999US2020年
AMD Ryzen
Threadripper
3970X/WX
32 Core64 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2970WX
(24 Core /
48 Thread)
3.7GHz4.5GHzL2 16MB
+L3 128MB
-250W$1999 US2019年11月25日
AMD Ryzen
Threadripper
3960X
24 Core48 ThreadN/A3.8GHz4.5GHzL2 12MB
+L3 128MB
-250W$1399 US2019年11月25日

最新のベンチマークでは、チップは算術テストで非常に印象的な1786.22 GOPSを記録し、デュアルXeon Platinum 8280のセットアップを平均17.8%上回る結果を出しました。

CPUは、同じベンチマークで4.35 GHzの動作周波数を維持することもできました。これは、280 WのTDP内で動作する64コア製品にとって非常に印象的です。

また、AMDは以前に、Ryzen Threadripper 3990Xが同じデュアルXeon構成よりも最大30%優れた性能を発揮できることを示しました。

ここで考慮すべき主なことは、各Xeon Platinum 8280が28コアと56スレッドレイアウトを誇り、2Sプラットフォームで合計56コアと112スレッドを構成する一方で、各チップはRyzen Threadripperよりもかなり高い$ 10Kの価値があることです 3990Xの場合、小売価格は4000ドルです。

IntelがCascade Lakeのラインナップについて最近発表した値下げにもかかわらず、各8280は13,000ドルの費用がかかり、デュアルXeon 8280のセットアップの価格は20〜25ドル以上になります。

価格設定は1つのことですが、Zen 2コアの絶対的な効率も注目に値します。

Ryzen Threadripperチップの優れた効率性はすでに確認済みであり、3990Xはリリース時にさらにそれをプッシュする予定です。

AMD 3990Xと比較すると、6.25倍の価格であり、HEDTおよびサーバー環境でAMDがIntelに与える打撃を示しています。

これはまた、Zen 2ラインナップの同じ基盤に基づいたEPYCがパフォーマンスの価値に見合った優れた価格を提供し、すべてのワークロードでIntelのXeonラインナップを上回るIntelのサーバーセグメントで何が起こっているかをよく示しています。

噂によると、IntelはCooper LakeとIce Lake Xeonプロセッサを数か月遅らせ(スケジュールを3か月シフト)、2020年後半に大幅な値下げとCPUの再配置を発表するとの報告もあります。 次のXeonパーツでより積極的な価格設定を示します。

しかし今のところ、真の愛好家とワークステーションビルダーは間違いなく3990Xとその巨大な計算能力を楽しみにしているはずです。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3990X 64 Core HEDT CPU Outperforms Dual Xeon Platinum 8280 ‘Cascade Lake’ CPUs Worth Over $20K

 

解説:

2/7に発売予定の3990Xの話題です。

今までのリーク情報のおさらいのような話です。人によっては「もうおなか一杯」と感じる方もいると思いますが、自作PCの常識を変える製品ですので、発売までもう少しお付き合いください。(笑

Intelの虎の子であるXeonは猛烈な高値がつけられています。

ちなみにこのXeon Platinum 9200シリーズは一般売りされてないので、価格は不明です。

まあ、こういうCPUはシステム一括で納入され、サポート料込なのが普通なので、自作PCの世界とは少し違います。

CPUのみで納入してもらえるのはおそらく特別なルートを持っている方のみに限られるのではないかと思います。

一見さんお断りの世界ですね。

Xeonには56コア112スレッドのCPUがラインナップされています。

ThreadripperはECCメモリが使えますが、Core-Xは使えません。

そこが最大の違いです。

ECCメモリはXeonでしか使えません。

わざわざEPYCを買わなくても入手性の高いThreadripperでECCメモリが使えるということになります。

現在日本でEPYCを購入するにはアメリカから個人輸入する必要があります。

まあ、どこかにひっそりと売られている可能性もありまが少なくともあまり一般的なルートでは販売されていません。

サーバーCPUというのはXeonの牙城であり、なんとかThreadripperでもよいから食い込みたいというのがAMDの本音だからでしょう。

そういったこともあって56コア112スレッドのXeonは個人向けワークステーションのCPUとして一般売りしてませんし、する気もないでしょう。

逆に言えば、Xeon W3175Xのように個人向けワークステーションモデルとして売り出さなければIntelは本気になってないということです。

IntelはCore-X程度でブイブイ言わせているような自作マニア向けには本気の製品は出さないということです。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.