GPU情報

AMD Radeon RX 5500 XTは、空冷で最大2.1 GHzまでオーバークロックできます! ユーザーがMore Power Toolを作りました

投稿日:

Igor'sLabにいる私の友人Igorが素晴らしいものを投稿しました。

ユーザーが数週間前に投稿したカスタム電源プロファイルと同様に、Igorのコミュニティは、ユーザーがAMD Radeon RX 5500 XTおよびRX 5700 XTカードを最大2.1 GHzまで空冷でオーバークロックできるツールを作成しました!

イゴールは、ツールを最大2.2 GHzまでテストしており、ほぼすべてのカードがMPTを使用して2 GHz以上の数値を達成できるはずだと言っています。

 

AMD Radeon RX 5500 XTは、MPT(ツール)を使用して2.1GHzのOCを空冷で達成できます

※ MPTダウンロード先 (クリックすると別Window・タブで開きます)

AMDのもう一つの上質なワインのようなエピソードでは、Radeon RX 5500 XTユーザーがGPUからさらに多くの性能を引き出すことができるMorePowerToolを開発したコミュニティがあります。

RX 5500XT(ここでのレビューを読むことができます)は一般に1875 MHzにオーバークロックすることができますが、1900MHzであっても、従来のツールを使用してその制限を超えることは困難です。

ただし、MPTを使用すると、ほとんどのカードで2 GHzを簡単に超えて2.1 GHzを達成できます。-高品質のダイは2.2 GHzに達します。

一番良いところ?

これらはすべて、7nmプロセスの恩恵によりオンエアで可能です。

苦も無く、2.1 GHzで動作するRX 5500XTのスクリーンショットを次に示します。

AMD Wattmanを使用すると、ほとんどのカードで1980 MHzを達成できますが、MPTはさらに進化します。

ほぼすべてのユーザーが追加の100 MHzを使用出来て、クロックを2.1 GHzにまで上げることができます。

同じツールを使用してRX 5700 XT GPUをオーバークロックすることもできます。

MPTは、SoftPowerPlayTablesを記述し、GPUで使用できる性能を増やすことで機能します(つまり、AIBで規定されているようにTDPの制限をほぼ確実に超えているため、GPUが優れています)

1850 MHzから2080 Mhzに移行すると、ほぼ12%増加します。これは、かなり無料で得られるものです(まあ、消費される余分な電力は別として)、AMDの既に魅力的な価値の提供をさらに改善するのに役立つはずです。

7nmプロセスはここで本当に輝いており、より良い物理的プロセスを持つことの利点が見え始めています。

AMD Radeon RX 5500 XTは、7nmセグメントにおけるAMDの最新製品です。

NVIDIAのGeForce GTX 1650 SUPERとの戦いに参加したRX 5500 XTは、アップグレードされたTuring製品だけでなく、現在割引価格で販売されており、性能に対して非常に優れたRadeon RX 590とも競合します。

それでも、AMD Radeon RX 5500 XTは、それが小さな怪物であるために多くの牙を隠しもっています。

AMD Radeon RX 5500 XTには1408ストリームプロセッサが搭載されているため、カードには22 CUまたはコンピューティングユニットが搭載されています。

また、1670 MHzベース、1717 MHzゲーム、1845 MHzブーストクロックの定格クロック速度の88 TMUと32 ROPを搭載しています。

このカードは、110Wで最大5.19 TFLOPの計算パフォーマンスを提供します。

カードには、8 GBおよび4 GB GDDR6メモリオプションがあります。

カードに搭載されているメモリは128ビットのバスインターフェイスで動作し、224 GB / sの帯域幅を提供します。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5500 XT Can Be Overclocked Up To 2.1 GHz On Air! Using Fan Made MorePowerTool

 

解説:

MPTというツールを使ってRadeon RX5500XT/RX5700/XTが2000MHz以上にOC可能とのことです。

これらは全て7nmプロセスの恩恵のようですが、AMD製のツールでは2000MHz以上にはOC出来ないようです。

ツールのダウンロード先へは記事中にリンクが張られていますので、RX5700/XT、RX5500XTをお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか。

ユーザーがこうしたツールをすぐに発表するところがAMD製品らしいといえばらしいです。

よく言えばユーザーと一体感が味わえる、悪く言えば公式のソフト的な対応能力が低いという感じでしょうか。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.