CPU情報

AMD:次世代のメインストリームRyzen CPUにより多くのコアが期待されますが、ソフトウェアが追いつくだけなので飽和点はありません

投稿日:

ryzen 9

AMDのCTOであるMark PapermasterのTomshardwareとのインタビューで、次世代のRyzen CPUにはさらに多くのコアが期待できることが明らかになりました。

AMDは最近、16コアを搭載したRyzen 9 3950Xプロセッサを発売しました。これは、在庫がすべて入手可能になって数分後に一掃され、瞬く間に売り切れました。

 

AMD:次世代のRyzenメインストリームCPUがより多くのコアを搭載し、DDR5やPCIe 5.0などの高帯域幅インターフェイス向けに開発された新しいInfinity Fabric

特にインタビューでは、RyzenおよびEPYC CPUに及ぶプロセッサラインナップで取り上げられる次世代技術について、Markがインタビューで言及した興味深い詳細がたくさんあります。

最も重要な詳細と私がこの記事を始めるのは、AMDが16コアだけ留まらないという事実です。

AMDによると、現在、複数のコアとスレッドに拡張可能な多くのアプリケーションがあります。

コアの追加は、このバランスが存在する限り、それらのコアを利用できるアプリケーションの数に完全に関連しています。

次世代のCPUには、メインストリームであろうとHPCサーバー製品であろうと、コアの飽和点はありません。

マークは、32コアがRyzenプラットフォームのメインストリームのラインナップにおいて意味をなすかどうか尋ねられた。

完全な返信は次のとおりです。

「メインストリームの市場には差し迫った障壁はありません。その理由は次のとおりです。ソフトウェアがマルチコア製品を活用するための時間です。」とPapermaster氏は言います。 「しかし、私たちはそのハードルを乗り越えました。今では、ますます多くのアプリケーションがマルチコアとマルチスレッドを活用できるようになっています。」

「短期的には、コアの飽和点は見当たりません。コアを追加するときは、アプリケーションがそれを利用できるようになる前に追加したくないので、非常に思慮深くする必要があります。 そのバランス、私たちはその傾向を見続けると思います。」

AMDのCTOであるMark PapermasterのTomshardwareとのインタビュー

マークが述べたもう1つのことがらは、ムーアの法則が明らかに減速し、各ノードが周波数向上の恩恵を受けられなくなっている一方で、AMDが現在および次世代のプロセッサーのパフォーマンスを活用している分野があることです。

そのテクノロジーの1つがInfinity Fabricであり、現在はすべてのRyzen、Threadripper、およびEPYC 7nmプロセッサーに展開されています。

Infinity Fabricにより、AMDはコア数だけでなくスケールアップすることができました

しかし、I/Oダイ、高速キャッシュ速度、チップ間通信などのさまざまなIPもすべて、前世代よりもコアあたりおよびチップあたりのパフォーマンスの高速化に貢献しています。

今後のZenのイテレーションでは、MarkはInfinity Fabricが進化し続け、2021-2022年頃のAMDのラインナップに搭載されるDDR5やPCIe 5.0(2021で既に確認済み)などの高帯域幅インターフェイスに対応できると述べています。

「すべてのノードでの周波数スケーリングの機会が非常に小さいか、または今後ゼロになるため、[ムーアの法則]は遅くなっています。ファウンドリを見たときにノードに依存します。
そのため、限られた機会しかありません。そこで、ソリューションをまとめる方法がこれまで以上に重要になります」とPapermaster氏は述べています。

「だからこそ、Infinity Fabricを発明しました」と彼は説明しました。

「CPUコアの配置方法、CPUコアの数、GPUコアの数、およびこれらの組み合わせをどのように設定できるかについて柔軟性を提供します。 エンジンと他のアクセラレータが非常に効率的かつシームレスに組み合わされています。それが、ムーアの法則の減速の時代です。すべての世代でパフォーマンスを維持する必要がありますが、新しい半導体ノードごとにその周波数向上に頼ることはできません。」

AMDはまた、Infinity Fabricを進化させて、DDR5やPCIe 5.0などの高帯域幅インターフェイスに対応できるようにします。

「周波数の向上が低くなり、各テクノロジーノードのコストが確実に低下するムーアの法則の時代では、今後エンジンを追加するにつれて帯域幅をスケーリングする必要があります。 そうすることで、それらのファブリックの効率を最適化するように設計する方法の革新の時代です」とPapermaster氏は述べています。

AMDのCTOであるMark PapermasterのTomshardwareとのインタビュー

AMDはまた、2020年半ばに発売予定のIntelの14nm Cooper Lake CPUのように、次世代EPYCラインアップにBFloat 16を統合することを検討しています。

SMT4については、それを活用できる十分な需要またはワークロードがあるかどうかにすべてが要約されます。

「現時点では、SMT4については発表していません」とPapermasterは回答しました。

「一般に、同時マルチスレッド(SMT)を検討する必要があります。それから利益を得ることができるアプリケーションがあり、できないアプリケーションがあります。今日のPCのスペースを見てください。多くの人が実際にSMTを有効にしていないのです。
SMT4、明らかにそれから利益を得るいくつかのワークロードがありますが、展開さえされない他の多くがあります。業界ではしばらく前から存在しているため、新しい技術コンセプトではありません。サーバーに展開されています。特定のサーバーベンダーはしばらくの間これを使用していましたが、実際は特定のワークロードがいつそれを利用できるかという問題にすぎません。」

「私たちは常にワークロードの行き先を見ています。BFloat16は機械学習ワークロードの重要な近似であり、ロードマップでそれが必要な場合は確実にサポートします。」

AMDのCTOであるMark PapermasterのTomshardwareとのインタビュー

これがインタビューで議論されたすべての主要なポイントですが、AMDのCPU部門は止められない力です。

メインストリーム、ハイエンド、サーバーの分野でIntelから大きな地位を獲得し、以前の製品と比較して製品をさらにエキサイティングにしています。

2020年は、AMDがIPCの大幅な向上、より高速なクロック、さらにはより多くのコア数を提供することを約束した最新のチップアーキテクチャに基づく次世代のZen 3コアの発売を準備するAMDにとって大きな年となります。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/12864/128?不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
20172018201920202021?

来年には、すべての次世代のRyzen 4000およびEPYC Milanチップの全範囲が新しいテクノロジーを搭載し、すべてのユーザーにとって素晴らしいパフォーマンス/価格セグメントが登場します。

CES 2020でのRyzen&EPYCラインナップを含む、AMDの次世代Zen 3コアの詳細をお楽しみください。

ソース:wccftech - AMD: Expect More Cores on Next-Gen Mainstream Ryzen CPUs, No Saturation Point As Software Just Has To Catch-Up

 

解説:

AMDの幹部がTom's Hardwareのインタビューを受けて発言した内容です。

色々なことを語っているのですが、「コア数はソフト対応が追い付いてきてるからもっと増やす」と発言しています。

よくも悪くもAMDは自社でソフト関係を何とかできる力はなく、他力本願な感じですが、Zen3コアのAM4 Ryzenには16コア32スレッド以上のコア数がもたらされる可能性があるということですね。

まあ、そんなに無理して増やすよりは今のコア数/スレッド数でクロックを速くするか、省電力性を上げるかした方が恩恵があると思わないでもないです。

しかし、AMDはマルチスレッド化をもっと進めると言っていますね。

IntelはRocketLake-Sは8コアどまりであるという噂が出ていますので、ここでマルチコア化を一気に進めて突き放すつもりなのかもしれません。

このマーク・ペーパーマスターさんは、以前「Zen3はあまり性能が上がらない」と発言した人です。

その後、性能が大幅に上がるという噂が出て、マークさんのいうことはすっかりどこかに行ってしまいました。

そのため、私はこの人の言うことはどうなのかなと思います(笑

どちらが真実なのかははっきりしませんが、Zen3の発売が近づけばはっきりしてくると思います。

CESやComputexまでにはある程度ハッキリするのではないかと思います。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.