CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コア、ASRock TRX40 Taichiマザーボードによる$1,999のCPUレビュー

更新日:

 

 

はじめに

※ 訳注 記事の一部を抜粋して翻訳しています。

Ryzen Threadripperシリーズの第二世代までのモデルでは、大量のコアとその2倍のスレッドが詰め込まれ、衝撃と畏敬の念を抱きました。

第一世代のRyzen Threadripperシリーズは、Ryzen Threadripper 1950Xの形式の常識破りなな16コアと32スレッドの怪物をラインナップしました。

HEDT市場ではかつてなかったCPUで、Intelは18コア36スレッドCPUであるCore i9-7980XEを追加せざるを得ませんでした。

しかし、Intelのコア数競争での最初の対抗製品は短命で、AMDはRyzen Threadripper 2990WXプロセッサで32コア64スレッドを持つThreadripperラインナップの第2弾をリリースしました。

繰り返しになりますが、Intelは最善を尽くそうとしましたが、AMDが提供できたコア数に追いつくことができませんでした。

Intelは、Xeon W-3175Xとして知られる28コアと56スレッドチップしか提供できませんでした。

しかし、AMDはコア数戦争だけでなく、32コアチップの価格がIntelの主力製品に比べて1000ドル安くなっていたため、価格競争にも勝ちました。

現在、AMDはRyzen Threadripperファミリーの第3弾を正式に発表しました。

繰り返しになりますが、AMDは、Zen+よりも最大15%優れたIPCを提供し、RomeのAMDの第2世代EPYCラインナップで最初に導入された独自のチップレットアーキテクチャを備えた7nm Zen 2コアを利用することで、Threadripper製品のパフォーマンスを高めています。

本日発売される2つの製品は、Ryzen Threadripper 3970Xと3960Xです。

このレビューでは、AMD Ryzen Threadripper 3970XをASRock TRX40 Taichiマザーボードでテストします。

 

AMD Threadripper対Intel Core-単なるコア戦争以上のもの

このレビューを始める前に、2017年の初めからAMDとIntelの間で起こっているコア戦争の簡単な要約を見てみましょう。

2017年より前は、Intelが製造した年に一度の4コアメインストリームCPUおよび8/10コアハイエンドデスクトップCPUの更新が当たり前でした。

AMDのBulldozer(およびそのさまざまな派生モデル)が大きな脅威をもたらさなかったため、Intelはずっと業界のトップにいました。

その後、第1世代のThreadripperが登場し、AMDがIntelを脅かしたことは周知の事実です。

問題は、IntelがAMDに対抗するプラットフォームを持っていなかったことではなく、今後10年間、フラッグシップのHEDT製品として10コア/ 20スレッドCPUを提供し続けたかったという怠慢に関係しています。

Intelには、Ivy Bridge世代では12コア、24スレッド、Haswell世代では18コア、36スレッド、Skylake世代では18コア、36スレッドを提供するテクノロジーがありました。

しかし、Intelは市場を支配していることを理解していたので、すぐにHEDTラインナップを更新する理由がありませんでした。

 

HEDTおよびメインストリーム コア/スレッド数競争:

20162017201820192020
AMD HEDT無し16 / 3232 / 6432 / 6464 / 128
Intel HEDT10 / 2018 / 3618 / 3618 / 36
28 / 56
(Xeon W-3175X)
18 / 36
28 / 56
(Xeon W-3175X)
AMD メイン
ストリーム
8 / 88 / 168 / 1616 / 3216 /32
Intel メイン
ストリーム
4/86 / 128 / 168 / 1610 / 20

もし、最悪の悪夢が実現するとき、あなたならどうしますか?

早い段階で実行できたのはXeonからHEDT向けの製品をを慌てて作ったことでしたが、パートナー企業が新しいCPUを評価する十分な時間をなかったため、失敗しました。

Intelは当初、Core-Xラインナップが混乱していたため、最近の三世代分はXシリーズラインナップの問題を修正することしかできませんでした。

Threadripperの3年間もこの間に築き上げられました。

IntelがXシリーズのラインナップを修正している間、AMDは市場とマインドシェアの両方の面で成長していました。

利益を上げ、価格を引き上げる前に、市場シェアと口コミを広げるために利益を犠牲にする必要があります。

AMDのThreadripperは、IntelのCore Xプロセッサがサーバー品質に合格しなかったXeonチップを再利用するのと同じで、再利用されたEPYCチップです。

これは、IntelがHEDTラインナップがそれほど面倒と思わないもう一つの理由でした。

AMDは、Threadripper製品を利益を犠牲にしてもEPYCラインアップと同じコア数を提供することを望んでいました。

Intelは、数年間で、AMDのRyzen Threadripperのコア数がEPYCラインナップと同じになるという事実を軽視していたかもしれません。

これは、AMDが仕掛けた素晴らしいゲームで、第1世代のThreadripperはEPYC Naplesのコア数の半分で、1年後に発売された第2世代のみが32コアを提供していました。

Threadripper 3990Xは、トップエンドEPYC製品と同じ64コアを搭載するため、これは第3世代で変化しています。

AMDはまた、かつてのIntelと同じように、HEDT市場のリーダーになっていますが、同時に、このプラットフォームが停滞することはありません。

AMDは、最終的に、Intelが次の製品の動向を見て対抗製品を発売すると理解しているので、Intelが対抗製品を発売してもハイエンド製品に留まりたいと思っていますが、競合がない場合は、第3世代のThreadripperは、利益を最大化すると思われるので、そこから価格を予想するヒントが得られるでしょう

AMDはすでに十分価格を下げており、、Intelだけが値下げを望まれています。

 

AMD TRX40 HEDTチップセットおよびsTRX4ソケット-第3世代Threadripper専用

AMDは再び境界線を広げており、新しいThreadripperのラインナップが業界をリードするプラットフォームを完全に備えていることを確認しています。

Threadripperの新しいプラットフォームはTRX40と呼ばれ、第3世代のThreadripperプロセッサー専用に設計されています。

TRX40 HEDTプラットフォームは、クアッドチャネルメモリ、チャネルごとに2つのDIMM、最大256 GB(EEC)の容量のUDIMMメモリをサポートします。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。

ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

それぞれのTRX40マザーボードの詳細については、こちらのまとめをご覧ください!

参考:第3世代Ryzen Threadripper CPU向けAMD TRX40マザーボードのまとめ ASUS、AORUS、ASRock、MSI

繰り返しになりますが、AMDのHEDTプラットフォームは、HEDT向けというだけではなく、ワークステーション向けにも対応できるように作られています。

機能の面では、プラットフォームは最大64コア128スレッドをサポートするようになりました。

将来、Zenコアが改良され、同じソケットとプラットフォーム上でより多くのコア数とスレッド数を取得することは間違いありません。

最大280W TDPのチップをサポートし、ユーザーに最大72のPCIe Gen 4レーンを提供できます。

CPU自体は、外部チップセットX399と通信しなければならなかった第2世代のThreadripperプロセッサと比較して、4倍の帯域幅も備えています。

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

世代AMD 1st Gen
Ryzen Threadripper
AMD 2nd Gen
Ryzen Threadripper
AMD 3rd Gen
Ryzen Threadripper
アーキテクチャーZen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163232
(64 2020年予測)
最大CPU
スレッド数
326464
(128 2020年予測)
PCIe
サポート
PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
646472
最大L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB
ソケットTR4TR4sTRX4
チップセットX399X399TRX40,
TRX80,
WRX80
発売201720182019

HEDT sTRX4(LGA 4094)ソケット-第3世代Ryzen Threadripperのサポート

TRX40プラットフォームでは、AMDもソケットを若干修正しています。

TR4ソケットは、sTRX4ソケットに変更されました。

両方のソケットのパッケージングは同じですが、ピンレイアウトにいくつかの大きな変更が加えられています。

SP3ソケットのソケット自体のピン数は4094のままですが、ここで名前の変更を検討する必要があります。

sTRX4 SP3ソケットには、TR4 SP3ソケットよりも多くのピンが有効になっています。

次の図では、TR4とsTRX4ソケットの違いを確認できます。(図は間違っているため、省略しています。)

AMDは、互換性のあるCPUをソケットと一致させるためにIDピン認識を実装しており、この場合、sTRX4ソケットは第3世代のThreadripperのみをサポートすることに注意してください。

ソケットは、ピン構成を認識することにより、古いプロセッサーでの起動を防ぎます。

 

sTRX4ソケットとのクーラーの互換性

ソケットは変更されていないため、以前はThreadripper CPUと互換性があったすべてのクーラーは、第3世代のThreadripperチップで問題なく動作します。

それにもかかわらず、新しいシリーズには最大280WのTDPがあるため、さまざまなメーカーが新しいクーラーが発売されるでしょう。

これらには、より優れた熱伝達および冷却システムが必要であり、さまざまな空冷および水冷システムでサンプルチップをテストします。

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPUラインアップ

AMDは、Ryzen Threadripperファミリーの第3弾を正式に発表しました。

繰り返しになりますが、AMDは、Zen+よりも最大15%優れたIPCを提供し、RomeのAMD第2世代EPYCラインナップで最初に導入された独自のチップレットアーキテクチャを提供する7nm Zen 2コアを利用することで、Threadripperパーツのパフォーマンスを向上させています。

本日発売予定の2つのパーツは、Ryzen Threadripper 3970Xと3960Xです。

これらの仕様の詳細は以下のとおりです。

AMDはCPUアーキテクチャに大幅な変更を加え、第1世代のZenアーキテクチャの2倍のスループットを実現しています。

主なポイントには、完全に再設計された実行パイプライン、浮動小数点レジスタを256ビットに倍増した主要な浮動小数点の進歩、ロード/ストアユニットの帯域幅が倍増などがあります。

Zen 2の主要なアップグレードの1つは、コア密度が2倍になることです。これは、各コアコンプレックス(CCX)のコア数を2倍にすることを意味しています。

  • 改善された実行パイプライン
  • 2倍の浮動小数点(256ビット)およびロード/ストア(2倍の帯域幅)
  • コア数の倍増
  • 操作あたりのエネルギー効率が二倍に向上
  • 改善された分岐予測
  • 命令のプリフェッチの改善
  • 命令キャッシュの最適化
  • 命令キャッシュり増加
  • ディスパッチ/リタイア帯域幅の増加
  • すべてのモードで高スループットを維持

各Threadripperプロセッサは、2番目のGen Infinityファブリックを介してプロセッサの中央ハブとして機能するI / Oダイと相互接続された4つのZen 2ダイで構成されています。

各プロセッサには、パッケージ全体で合計235億4,000トランジスタが搭載されており、これまでに開発された中で最も密集したチップ設計の1つとなっています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970X-Zen 2コア 32コア64スレッド、1999ドル

 

  • Cinebench R20 nTで最大90%高速なパフォーマンス
  • Adobe Premiereで最大47%のパフォーマンス向上
  • V-Rayのパフォーマンスが最大49%向上
  • Chromium Release 78 Compileで最大43%のパフォーマンス向上
  • Unreal Engineで最大36%のパフォーマンス向上

 

AMD Ryzen Threadripper 3960X-24 Zen 2コア、48スレッド、1399ドル

AMD Ryzen Threadripper 3960Xは、最初のRyzen Threadripper CPUラインアップの一部である2つのチップの2番目です。

プロセッサは24コアと48スレッドを備えています。

このチップは、3970Xと同様に、128 MBのキャッシュ、88個のPCIe Gen 4.0レーン、280WのTDPを備えています。

定格クロックは、ベースクロック3.8 GHzおよびブーストクロック4.5 GHzです。

Ryzen Threadripper 3960Xは、Ryzen Threadripper 2970WXを以前のチップよりも100ドル高い1399ドルの価格で置き換えますが、シングルおよびマルチスレッドアプリケーションで性能向上をもたらします。

Threadripper 3960Xは11月25日に小売店にもヒットし、プロセッサーだけで$ 2Kに触れることなくプロ愛好家のスペースに参入しようとしている人々にとってはまともなチップになるでしょう。

プロセッサは、同じ数のPCIeレーンと他のThreadripperパーツの大規模なI / Oがまだ利用可能であるため、より安価なワークステーションソリューションを構築するユーザーにとっても最適のようです。

 

AMD Ryzen Threadripper 3990X-HEDTチップの64コア/ 128スレッド偉大なCPU

また、もう1つのチップ、これまでに製造されたすべてのHEDT CPUの頂点でもあります。

ハイエンドデスクトッププロセッサの頂点であるAMD Ryzen Threadripper 3990Xをご紹介します。

巨大な64コアと128スレッドを特徴とするこのチップは怪物です。

コアとスレッドの数は、これまでHEDTプラットフォームで見たものとは異なり、驚くべきものですが、AMDはHEDTを強力に推進しており、実際にこの超大型チップをTRX40プラットフォームに搭載しています。

CPU名コア数スレッド数旧モデルベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
(米ドル)
価格
(日本円
・税別)
発売日
AMD Ryzen
Threadripper
3990X/WX
64 Core128 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2990WX
(32Core/64Thread)
不明不明不明~280W$2999?約350,000?2020/1
AMD Ryzen
Threadripper 3
980X/WX
48 Core96 Thread無し不明不明不明~280W$2499?約290,000?2020/1
AMD Ryzen
Threadripper
3970X/WX
32 Core64 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2970WX
(24Core/48Thread)
3.7 GHz4.5 GHz128 MB280W$1999233,8002019/11/25
AMD Ryzen
Threadripper
3960X
24 Core48 Thread無し3.8 GHz4.5 GHz128 MB280W$1399164,8002019/11/25

AMD Ryzen Threadripper 3970Xと3960Xは両方とも、sTRX4ソケットキーと一緒にプロセッサを収納するプラスチック容器が入った大きな段ボールパッケージを特徴とする新しいパッケージで提供されます。

以下のパッケージを確認できます。

注目に値するもう1つの点は、ゲームモードのRyzen Threadripperプロセッサーは、8コア、16スレッドで実行するように最適化されることです。

つまり、2つのCCXまたは1つのダイのみが有効になり、レイテンシが短縮されます。

メモリアクセスモードでは、ユーザーはUMA(最大メモリ帯域幅)モードとNUMA(最小レイテンシ)モードのいずれかを選択できます。

Ryzen Masterのトピックについては、8月13日の打ち上げ日に新しい更新バージョンがリリースされ、HEDTプロセッサをさらに微調整および制御できるようになることを指摘しておく必要があります。

Threadripperプロファイルが行うことは、指定されたワークロードに合わせてチップを最適化することです。

たとえば、ゲームモードではローカルメモリアクセスモードが有効になり、互換モードがレガシーになります。

これにより、メモリとコア間の遅延が削減され、最新のマルチコアCPUのバグや問題に耐えることができる一部のレガシーゲームのスレッド数制限が克服されます。

一方、作成者モードは、メモリアクセスを分散モードに切り替え、レガシーモードを無効にします。

これにより、スレッドと合計メモリ帯域幅が最大化され、CPUパフォーマンスが抑制されず、Threadripperプロセッサのデフォルトプロファイルになります。

テスト設定

このレビューでは、Ryzen Threadripper 3970Xプロセッサーを使用しました。

AMDからは、このレビューのために機器やプロセッサーを提供されていません。

マザーボードはAIBから直接送られ、その他の機器もパートナーから送られてきました。

ASRock TRX40 Taichi&Threadripper 3970Xテストプラットフォーム:

使用したCPUAMD Ryzen Threadripper 3970X
AMD Ryzen Threadripper 2990X
AMD Ryzen Threadripper 1950X
Intel Core i9-10980XE
Intel Core i9-7980XE
Intel Core i9-9900KS
AMD Ryzen 9 3900X
AMD Ryzen 7 3700X
マザーボードASRock TRX40 Taichi
メモリG.SKILL Trident Z RGB Series 32 GB (4 x 8GB) CL16 3600 MHz
ビデオカートMSI GeForce RTX 2080 Ti Lightning Z
電源ASUS ROG THOR 1200W
CPUクーラーCorsair H115i Pro AIO Liquid
SSDSamsung SSD 960 EVO M.2 (512 GB)
使用BIOSTRX4TC1.15
OSWindows 10 64-bit

オーバークロックの場合、ASRock TRX40 Taichiで達成できた最大クロック速度は、すべての32コアと1.305Vの固定電圧供給の64スレッドで4.2 GHzでした。

設定により、Prime 95で1時間、安定した状態でプロセッサを起動し、ストレステストを行いました。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970Xプロセッサー-CPUパフォーマンステスト

3DMark Time Spy CPUパフォーマンス

3DMark Tmespyは、PCのゲームパフォーマンスを測定するために設計された、Windows用の広く普及しているビデオカードベンチマークテストです。

全体的にベンチマークは優れていますが、個別のテストではCPUパフォーマンスの良い指標にもなります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Blender

Blenderは無料でオープンソースの3D作成スイートです。 モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成、モーショントラッキング、さらにはビデオ編集やゲーム作成まで、3Dパイプライン全体をサポートします。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Cinebench R20

Cinebenchは、コンピューターのハードウェア機能を評価する実世界のクロスプラットフォームテストスイートです。

Cinebenchリリース20の改善は、近年のCPUおよびレンダリングテクノロジーの全体的な進歩を反映しており、複数のCPUコアと平均的なユーザーが利用できる最新のプロセッサ機能を活用するCinema 4Dの能力をより正確に測定できます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Cinebench R15

CINEBENCHは、コンピューターのパフォーマンス機能を評価する実世界のクロスプラットフォームテストスイートです。

CINEBENCHは、受賞歴のあるMAXONのアニメーションソフトウェアCINEMA 4Dに基づいており、3Dコンテンツ作成のために世界中のスタジオや制作会社で広く使用されています。

MAXONソフトウェアは、Iron Man 3、Oblivion、Life of Pi、Prometheusなどの大ヒット映画で使用されています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Geekbench 5

Primate Labsの使いやすいクロスプラットフォームベンチマークの最新メジャーアップグレードであるGeekbench 5がダウンロード可能になりました。

Geekbench 5を使用すると、システムの演算能力をこれまでになく正確に測定できます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

HandBrake

HandBrakeは、ほぼすべての形式のビデオを、幅広くサポートされている最新のコーデックに変換するためのツールです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

 

PCMark 10

PCMark 10は、Windows 10向けの総合PCベンチマークソフトです。

これには、ストレージ、計算、画像とビデオの操作、Webブラウジング、およびゲームをカバーする個々のワークロードを組み合わせたいくつかのテストが含まれています。

PCMark 10は、ネットブックやタブレットからノートブックやデスクトップまで、あらゆるPCハードウェア向けに特別に設計されており、家庭用およびビジネス用の完全なWindows PCパフォーマンステストを提供します。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

POV-Ray

POV-Rayパッケージには、レイトレーシングの使用とシーンの作成に関する詳細な手順が含まれています。

POV-Rayには多くの素晴らしいシーンが同梱されているため、パッケージを入手するとすぐに画像の作成ができます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

SuperPI

Super PIは、多くのオーバークロッカーがコンピューターのパフォーマンスと安定性をテストするために使用します。

オーバークロックコミュニティでは、標準プログラムはマニアに「世界記録」のpi計算時間を比較し、オーバークロック能力を実証するためのベンチマークを提供します。

このプログラムは、特定のオーバークロック速度の安定性をテストするためにも使用できます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

WinRAR

WinRARは強力なアーカイブマネージャーです。

データをバックアップし、電子メールの添付ファイルのサイズを縮小し、インターネットからダウンロードしたRAR、ZIP、およびその他のファイルを解凍し、RARおよびZIPファイル形式で新しいアーカイブを作成します。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen Threadripper 3970Xプロセッサー-ゲーム性能テスト

Ashes of The Singularity

スタードックのRTSタイトルであるAshes of the Singularityは、歴史的なジャンルへの新しい試みです。

このゲームには、明示的なマルチアダプターサポートやDirectX 12 APIでの完全な非同期コンピューティングなど、多くのPCゲーマーが興味を持ち、自分で試してみたかったいくつかのことが組み込まれています。

DirectX 12のCrazy Settingsで4x MSAAを使用して1440Pでゲームをテストしました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Battlefield V

バトルフィールドVは、第二次世界大戦のシューティングゲームのジャンルのアクションを復活させます。 最新のFrostbite技術を使用して、このゲームは可能な限りの豪華な見た目を実現しています。

オープンワールドの環境から強烈で衝撃的なアクションまで、このマルチプレイヤーおよびシングルプレイヤーFPSタイトルは、これまでで最高の見栄えのバトルフィールドの1つです。

ゲームは1440pの最大設定でテストされました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

DOOM

2016年、IdはついにDoomをリリースしました。

このタイトルを含めないと、私のテストは完了しません。

それは、高速FPSアクションとデーモンを殺戮する地獄の祭典です。

最新のタイトルでは、最新のマルチコアおよびマルチGPUアップグレードを利用するVulkan APIとOpenGL APIの両方を使っています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

GTA V

GTA Vは、PCのユーザー向けに最適化されたタイトルです。

さまざまなPC構成にわたって拡張可能で、見事なフレームレートを実現します。

Rockstarは、GTA VのPC版で素晴らしい仕事をしました。

また、PCゲーマーが設定できる多数の設定が付属しています。

すべてをUltraおよび4x MSAAに設定して、1440Pでタイトルをテストしました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Mass Effect:Andromeda

Mass Effectシリーズの大ファンである私は、アンドロメダが棚に収納されることを非常に期待していました。

ここに来たので、最速のゲーミングカードをテストしました。

Frostbiteを使用すると、最新のMass Effectタイトルが非常に豪華に見え、さまざまな惑星のオープンワールド設定があなたを大いに魅了します。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Metro Exodus

メトロエクソダスは、ロシアの核戦争後の荒れ地とその周辺を探索する主人公アルチョムの旅を描いています。

今回は、さまざまな地域やさまざまな環境を通過するMetroが登場します。

このゲームは、NVIDIAのRTXテクノロジーを搭載した最高のタイトルの1つであり、すべての場面でレイトレーシング効果を紹介するのに適しています。

ゲームは、1440pでRTX設定をオフにして、ウルトラ設定でテストされました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Shadow of The Tomb Raider

The Rise of the Tomb Raiderの続編であるShadow of The Tomb Raiderは、Tomb Raiderシリーズで前作までのリアルな顔のアニメーションと最も豪華な環境を提供する最新のFoundation Engineでグラフィックが強化されています。

ゲームは驚異的な技術が使われており、最新のタイトルにおけるグラフィックエンジンの性能を証明しています。

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Sid Meir's Civilization VI

Civilization VIはシリーズの最高峰です。

それまでのシリーズと比較して、大きな、抜本的な変更を特徴としており、前作までのシステムはすべて変更されています。

すべてに目的があり、それらはすべて連携して機能しますが、独立しているものもあります。

DirectX 12の機能をサポートする、より具体的なエンジンを使用しています。

DirectX 12で1440Pですべての設定(4x MSAA、4096x4096シャドウテクスチャ)を最大限に使用してゲームをテストしました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Watch Dogs 2

Watch Dogs 2をもう一度ハッキングツアーに連れて行きますが、今回はサンフランシスコの街です。

このOPUSエンジンの非常に進化したバージョンを使用すると、開発者はWatch Dogsを使用した場合よりも、この問題をよりよく把握する ことが出来るでしょう。

新しいエンジンには、いくつかのNVIDIA Gameworksテクノロジーが組み込まれており、今年発売されるグラフィック中心のタイトルの1つと見なされています。

ウルトラ設定とハイ設定を1440P(Temporal Filtering Disabled)で組み合わせてゲームをテストしました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen Threadripper 3970Xプロセッサー-消費電力テスト

Ryzen Threadripper 3000シリーズは、単一のモノリシックダイではなく、チップレット設計を利用しています。

すべてのダイは、インフィニティ・ファブリック内部接続を介して接続され、さまざまなダイの負荷を温度的に管理するためにも使用されます。

また、第3世代のThreadrippersは、7nmプロセスノードを使用して、効率を高めることでエネルギーを節約します。

AMD第3世代Ryzen Threadripperプロセッサーは、280WのTDPを特長としています。

オーバークロックは、標準のクロックよりも消費電力が高くなるため、両方の電力値を下のチャートにリストしました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen Threadripper 3970Xプロセッサー-CPU / VRM温度

冷却には、第3世代のRyzen ThreadripperラインアップおよびsTRX4ソケットと完全に互換性のあるCorsair H115i Pro 簡易水冷クーラーを使用しました。

これらのクーラーは、Threadripperチップ上の巨大なIHSと完全に接触する大きな表面積を備えています。

この大きな接触面積により、熱伝達が改善され、プロセッサを効果的に冷却できます。

以下は、サーマル・ベンチマークにおける第3世代Ryzen Threadripper CPUの結果です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

結論-AMDがHEDの王者となる

AMD Ryzen Threadripper 3970Xはここにあり、競合他社のHEDTラインナップとは異なり、多くのものを提供します。

Ryzen Threadripper 3970Xは2019年のAMDの主力コンシューマープロセッサであり、すべての中で最高の性能を発揮しますが、今年の最も高価なチップでもあります。

Threadripper 3970Xは、昨年のThreadripper 2990WXと同様に、32コアと64スレッドです。

主な変更点はアーキテクチャにあります。

AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサーは、新しいZen2コアにより、IPCを15%確実に向上させます。

Ryzen Threadripper 3970Xです。

プロセッサのクロック速度は、3.7 GHzベースと4.5 GHzブーストで大幅に向上しました。

2990WXの250Wではなく280WとなるTDPも同様です。

その他の変更点は、2990WXの80 MBと比較して、3970Xで144 MBに増量されたキャッシュです。

両方のプロセッサは同じクアッドチャネルメモリをサポートしますが、新しいチップはDDR4-3200(ネイティブ)を定格でサポートし、128レーンのPCIeレーンを搭載し、PCIe Gen 4の利点もあります。

もう1つの重要な変更点は、Ryzen Threadripperラインナップがマニア向けの「X」シリーズとして示され、「WX」シリーズのラインナップがワークステーション中心のPCを中心に設計されたことです。

つまり、後でWXプロセッサが発売されると思いますが、現在のXシリーズのラインナップは、コンテンツの作成だけでなく、あらゆる種類のワークロードに合わせて調整されています。

このレビューでIntelへの誉め言葉があればよいのですが、性能に関しては3970Xによって完全にかすんでしまいました。

現時点では、Intelの格納庫にAMDのこの32コアの巨大なチップに匹敵する単一のチップはありません。

2990WXと比較しても、AMDのRyzen 9 3950Xが1950Xおよび2950Xに対しする影響を考えれば、衝撃的なものではないものの、性能が大幅に向上しています。

シングルスレッドとマルチスレッドの両方のワークロードで、3970XはIntelのCore-Xラインナップに対して優れた性能を発揮します。

Core i9-10980XEの2倍のコストがかかる場合がありますが、性能はIntelの最善の努力の結晶よりも2〜3倍も確実に向上しています。

そうは言っても、ゲームは依然としてIntelがリードしている分野ですが、AMDのメインストリームの製品でさえそのギャップを埋め、Intelのメインストリームの製品に対して見事に対抗しています。

AMD Ryzen Threadripper 3970Xは、AAAタイトルでIntel Core-Xプロセッサーを上回り、Intelの最速のゲーミングプロセッサーであると考えられる強力なCore i9-9900Kの性能に近づき、コンテンツの作成、レンダリングパフォーマンスを驚くほど向上させます。。

チップは凶悪に電力を消費するため、熱性能にはDIY水冷または非常にハイエンドの360mm 簡易水冷クーラーと強力な電源が必要になる場合があります

しかし、結局のところ、ハイエンドコンポーネントはハイエンドデスクトッププラットフォームを作るものです。

価格に関しては、Ryzen Threadripper 3970Xの価格は$1999です。

TRX40マザーボード、少なくとも32 GBのクアッドチャネルメモリ、ハイエンドの水冷クーラーを含む適切な構成にすると、以下の価格の内訳で約1200ドルの費用がかかります。

  • ASRock TRX40 Taichiマザーボード、Quad Hyper M.2および2.5G Lan(499ドル、米国でAmazon)
  • G.Skill Trident Z Neo 32 GB(4 x 8GB)クアッドチャネルDDR4-3800キット($ 558.61 US @ Amazon)
  • DeepCool Castle 360EXアンチリークAIOリキッドクーラーTR4 / AM4($ 156.06 US @ Amazon)

3つのパーツをすべて組み合わせると、32コアと64スレッドの第3世代Ryzen ThreadripperPCを構築する際に、CPU、マザーボード、メモリ、および冷却パーツに少なくとも3200ドルが必要になります。

グラフィックカード、ストレージ、ケーシング、ファンのコストはすべて除いてです。

しかし、3200ドルという高値であることを考えても、32コアおよび64コアスレッドのPCにはかなりの性能があり、ほとんどのワークステーションPCにはない性能を誇ります。

さらに、ASRock TRX40 Taichiのような非常に優れたビルド品質と499米ドルの機能を提供するボードがあれば、間違いなく購入できます。

ASRockはゲーム性能を向上させ、Ryzen Threadripper CPUをVRMをたったの54Cに保つ強力な冷却システムを装備した新しい改良された16フェーズ90A電力供給システムを持ちます。

これは近日中に公開予定の他のTRX40マザーボードとの比較レビューで見ることができます。

ASRock TRX40 Taichiは、最適なボードであり、HEDTマザーボードに必要なものがすべて揃っています。

 

Ryzen Threadripper 3970X/3960X

 

Ryzen Threadripper 3970X/3960X用マザーボード

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.