CPU情報

Intel第10世代「Comet Lake S」ES CPUの写真、CPUZのSSがリークし、UHD730を搭載し、ソケットLGA 1159であることが判明

更新日:

インテルの今後の第10世代Comet Lake Sプロセッサは、14nmラインアップの最高の宝石となり、14nm +++プロセスで製造されます。

これらのCPUの写真が中国のインターウェブにリークされており、役立つヒントがこれらを私たちと共有しました。

これらは、エンジニアリングサンプルの最初のショットと同じサンプルのCPU-Zスクリーンショットを構成すると考えています。

LGAコンタクトパッドはプロセッサの背面にも表示され、予備のPCBスペースはほとんど残っていません。

Intel Comet Lake S CPU機密サンプルが最初の写真とCPUZスクリーンショットを取得

 

興味深いことに、私たちが目にした情報は、IntelがCore i9-10900K、Core i9-10900KFを呼ぶことを検討していることを意味します。

これは以前のラインナップとインラインであり、125W TDP製品を65W製品と区別するのに役立つはずです。

同社は最近、CPUのTDP制限を95Wから125Wに引き上げて、より高い持続クロックと、フラッグシップCore i9 10900K CPUで驚異的な5.3 GHzに達する「速度ブースト」を可能にしました。

Comet Lake Sシリーズには、UHD 730統合グラフィックスが搭載されます。

問題のエンジニアリングサンプルには、プレフィックスQSRK(認定サンプル)の後に通常の識別マークが付いています。

intel(機密サンプルの標準)という言葉のないIntelロゴも存在します。

これは通常、仕様の最終段階にある製品を示し、通常は仕様が確定する場所です。

すぐにこのプロセッサが認定され、メディアサンプルが出始めます。

ベンチマークが漏れ始めるまでしばらく待つ必要があるようです。

これ以上苦労することなく、Intelの今後のComet Lake Sプロセッサの最初の写真を以下に示します。

ご覧になっているのは、実際には3.0 GHzのベースクロックを持つIntel Core i5-10400です。 Core i5-10400は、12スレッド(ハイパースレッディングをサポートしていないi5ブランドパーツの時代は終わりました)と最大4.4 GHzのブーストロックを備えた6コアパーツです。

Core i5-10600Kは、最大4.9 GHzのブーストクロックを備えた最高のクロック(読み取り:ビニング)パーツです。

プロセッサのCPUZスクリーンショットは、これらの部品がオーバークロックによって3.5 GHzのベースクロックに簡単に設定できることを示しています。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

これまでインテルの第10世代プロセッサーについて知っていること

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • 最大10個のプロセッサコアによるパフォーマンスの強化
  • 最大30 PCH-H高速I / Oレーンによるポートの柔軟性の強化
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

 

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700 125W 10th GenデスクトップCPU

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700Kは、それぞれ10コア/ 20スレッドおよび8コア/ 16スレッドプロセッサですが、どちらも125WのTDPを備えています。

i9-10900Kおよび10700Kは、それぞれ20MBおよび16MBのL2キャッシュを備えており、両方のプロセッサーのクロック速度は不明ですが、それぞれ少なくとも5.1 GHzおよび4.8 GHzです。

 

Intel Core i5-10600 125W 10th GenデスクトップCPU

仕様に関しては、Core i5-10600は6コアおよび12スレッドプロセッサであり、3.3 GHzのベースクロックと4.5 GHz(シングルコア)になる可能性が高いブーストクロックを備えています。

これはCore i5-10500よりも少し高速です。Corei5-10500は6コアおよび12スレッドチップですが、ベースクロックは3.2 GHz、ブーストクロックは4.3 GHz(シングルコア)です。 TDPは125Wです。

 

Intel Core i5-10400、エントリーレベル6コアおよび12スレッドデスクトップCPU

Core i5-10400は、エントリーレベルの6コアおよび12スレッドの10番目のGenデスクトップCPUです。

このチップは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブースト周波数を備えていると言われています。

繰り返しになりますが、これは以前にリリースされたCore i5-9400の2.90 GHzベースと4.1 GHzブーストの優れたブーストであり、同じクロック速度の6つのコアと6つのスレッドがありました。

 

Intel Core i3-10300 65W 4コアおよび8スレッドデスクトップCPU

最後に、3.7 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを持つ4コアと8スレッドのCPUであるCore i3-10300があります。

現在、Core i3-9300と比較すると、Core i3-10300の実際のベースクロックは同じですが、ブーストクロックが-100 MHz未満です。

ただし、i3-10300には、Core i3-9300にはない4つの追加のスレッドがあり、100 MHzの低い周波数を説明できます。

 

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz (Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz (Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz (Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz (Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

ソース:wccftech - Intel 10th Generation ‘Comet Lake S’ ES CPUs Get Pictured And CPUZ Leaked, Feature UHD730 And Based On Socket LGA 1159

 

解説:

第十世代Core ESの写真がリーク

第十世代Core ESの写真がリークしています。

我々としては助かりますし、興味もあってうれしいですし、感謝してもしたり無いと思う反面、日本ではこういうことは決して起きないだろうなと思います。

日本では変な悪平等意識から、少しでもルールを破る人間に対しては厳しいです。

それで全員がルールを守ればよいのですが、「上級国民」と言われる一部の人間は明らかにルールを守ってません。

守らないというよりルールの範囲外にいると言った方がいいと思います。

私は下の人間というのは責任も大して重くないわけで、緩く行けばよいと思うのですが、残念ながら日本の社会はそうなっておらず、これが息苦しい理由の一つなのかなと思います。

それはさておき、今回はLGA1200改め、LGA1159の実物のピンレイアウトが公開され、CPU-Zの写真もリークしました。

いよいよ発売が近いのかなと思わせるリークです。

Ryzenに手を出さずにじっと我慢していたintelファンの方、お待たせしましたという感じです。

個人的にはCore-Xを買うよりこっちの最上位を買った方が100倍くらい幸せになれると思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.