GPU情報

Intel Xe GPUの噂:発売日、仕様、価格

投稿日:

Intelは、彼らがラボでXe GPUの電源を初めて投入したことを確認しました。現在、独立して事実を確認しています。

Intel Xe GPU DG1プロトタイプは、基本的に電源投入の検証以外は何もしなかったドライバーを使用して、GFXBenchを介して実行されました。

これ以上の情報はありませんが、ディスクリートIntel Xe GPUへのクロックダウンがついに開始されたことを示しています。

Intelの今後のXe GPUに関するこれまでの情報をすべてまとめておくのは良い考えだと思いました。

 

Intel Xe GPUの発売日

GFXBenchの検出は、古くからのTwitterアカウントであるKomachi_Ensakaによって最初に検出されました。

実際のリストには、「Graphics gfx-driver-user-feature_dg1_poweron-27723 DCH ReleaseInternal」の指定があり、これは本質的にパワーオンテストに過ぎないことが明確になっています。

Intel Xe GPUの発売日に関する公式の言葉はこれまでのところありませんが、DigiTimesによるうわさは、カード(または少なくとも1つのバリアント)が2020年夏に導入されることを示しています。

この亜種がデータセンターの亜種になるのか、ゲームの亜種になるのかは、この時点でははっきりしませんが、前者になる可能性が高いです。

多くの人がここでRaja Koudori氏のナンバープレートのツイートを引用しています

しかし、私がなんとかこの情報の近くの情報源から(なんと馬鹿げた笑い声の中で)集めたものから、彼らはこれがおそらく実際の発売日と単に彼の登録とはほとんど関係がないことをほのめかしました。

Intel Xe GPUのマーケティングチーフであるChris Hookも、Xe GPUの2020年の発売を以前に確認しました。

 Intel Xe GPUの仕様

ベンチマークには、少なくとも3種類のIntel XE GPU製品が登場すると聞いています。

128 EUのもの、256 EUのもの、さらには512 EUのものです。

最初の1つは、トレーニングホイールを装着してボールを転がすためのIntelの単なるテストプロトタイプになる可能性が高い-いわば試行錯誤のプラットフォームですが、後の2つはおそらく遅かれ早かれディスクリートGPUとして登場するでしょう

512 EU Intel Xe GPUは、最終的に発売するであろうと確信できる唯一のものであり、現在の予測に基づいて、512 EU製品はRTX 2080のちょっと下くらいの性能を持ちます。

これは、1440pから4kの解像度を駆動できるまともなパフォーマンスを発揮できる堅実なパフォーマーを見ていることを意味します。

確実にわからないのは、512 EU製品の正確な発売日だけです。

Intelがボトムアップアプローチに従うことを何度も示唆していることを考えると、512 EUに到達する前に、最初はあまり強力ではない製品発売を目にするでしょう。

 

Intel Xe GPUの価格

最後の要因は価格設定であり、Intel Xe部門が以前AMDにいたチームによって精神的に運営されていることを考えると、信じられないほど寛大な価格設定が行われると確信しています。

Intelは自社のファウンドリを所有しているおかげでIntelが持つ大きなマージンを活用し、それを利用してグラフィックカードの価格設定に非常にAMDらしいアプローチをとることができると確信しています。

GPU製品の1ドルあたりのパフォーマンスを上げてTAM(Total Available Market)を増やすことは、市場に参入する良い方法です。

実際、Intelがまったく新しいGPUベンダーであると考えると、買い手が取るリスクを考慮した価格設定である程度のプロモーションを開始することを期待しています-これは、Intelが市場向けにディスクリートGPUを発売するのは初めてだと考えています。

確かに言えることの1つは、PC GPUのデュオポリがトリオポリになるのは絶対に素晴らしいことです。

市場に出回っているベンダーが増えると、消費者にとっては勝利となり、グラフィックスの平均コストは市場に参入するサプライヤーが増えるにつれて大幅に低下します。

2020年は、デビューするPC関連のハードウェアをすべて考慮して、PCゲーマーとして素晴らしい年になるでしょう。

ソース:wccftech - Intel Xe GPU Rumors: Launch Date, Specification and Pricing

解説:

新規参入にかかる労力の一端が伺える予測

私が予想した通り、intel Xeの最上位の製品はRTX2080のちょっと下くらいなると予測されています。

私は以前RTX2070かRTX2080程度の性能になると予想しました。

価格はおそらく500ドル程度になるものと思われます。

また、Intelはボトムアップで展開することを示唆しています。

これは下位の製品から発売するということです。

下位の製品から発売するのは機会損失を伴いますが、生産上や不具合があったときには都合がよいです。

リスクを取らない販売方法と言ってよいでしょう。

考えていただければわかりますが、nVidiaがやっているように上位の製品から発売すれば、待ちきれないユーザーが購入してしまうことが期待できますので期待以上の売り上げが見込めます。

しかし、生産上は大きなチップの生産にはリスクが伴いますし、選別品を使うのであれば、発売時の数を用意するのにはそれなりに時間がかかります。

また、何か不具合があったときのことを考えると安価な製品を展開して問題があれば延期すればよいだけですが、高価な製品を先に出してしまうと、それだけ責任も大きくなりますからリスクが大きいです。

こんな感じで今回、Intelは出来るだけリスクを小さくするようなアプローチをとっています。

慣れているnVidiaですらRTX2000シリーズはGDDR6とそれまでに例を見ない巨大なチップとなり、不具合が付きまとったことを考えると、新製品を立ち上げることが如何に手間がかかるかわかるのではないかと思います。

とにかく、nVidia一強独裁のGPUの世界に新しい風が吹くことは確実で、立ち上げ時のボーナス価格が期待できることも併せてIntel Xeにはかなり期待が持てるのではないかと思います。

nVidiaがRTX3000シリーズ発売を2021年にした(と予想されている)のはおそらく、7nmの新型Radeonが出そろってIntel Xeがどのような性能・価格で来るのかを見てから迎え撃ちたいということなのだと思います。

 

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.