その他

Intelの14nmチップ不足が続く

投稿日:

Intelは最近、シリコン製造ビジネスで常に問題を抱えています。

まず、10 nmの納期遅れ、そして2018年に始まった14 nmチップの不足。

14 nmの生産能力を拡張するために10億ドルの投資を行ったにもかかわらず、問題は終わったように見えません。

DigiTimesに近い情報筋によると、14nmの生産量は再び需要を下回り、多くのノートブックメーカーが製品を2020年まで遅らせる可能性があります。

この遅延の最も可能性の高い犠牲者は、Comet Lakeというコードネームの新たに発表された第10世代モバイルCPUです。

これらのCPUは、Intelの14nmテクノロジーの「14nm ++」リビジョンを使用して構築されることになっており、より高いCPU周波数と効率の向上を目標としていますが、14nmの継続的な不足により、これらのチップを搭載したノートブックは数台しかありません。

情報筋が示唆するように、多くの製造業者は、この状況が解決されることになっている2020年までに製品の発売を遅らせる可能性が高いでしょう。

ソース:techpowerup - Intel's 14nm Chip Shortage Continues

ウェハー

解説:

Intelの14nm供給不足はまだまだ続く。

14nmの生産量を拡大するために10億ドルの投資を行ったにもかかわらず、まだ供給の問題は解決できないようです。

それまでIntelはずっと4コア8スレッドのCPUを生産してきましたが、Ryzenが発売されてから、6コア12スレッド、8コア16スレッドと急速にコア数を増やしてきました。

来年のCometLakeでは10コア20スレッドとなり、CPU部分のダイ面積はKabyLakeの実に2.5倍になります。

当初は14nmでは4コア8スレッドまでしか予定してしなかったはずですので、そこに2.5倍のダイ面積を持つ製品を生産したらどうなるのか?

それが現在の状態だと思います。

AMDが多少売り上げを伸ばしたとしても全体にはまだまだIntelのフィールドであるということです。

翻れば、AMDに対抗して安売りをしようとしてもできないということですね。

値引きして売り上げが上がれば、今度はまた供給量に問題が出ます。

八方ふさがりの状態ですが、根本的な解決は10nmを待たねばならないと思います。

元記事には

この遅延の最も可能性の高い犠牲者は、Comet Lakeというコードネームの新たに発表された第10世代モバイルCPUです。

とありますが、高性能ノートPC向けの末尾にHが付くモデルのことを指しているのだと思います。

所謂ゲーミングノートですね。

残念ですが、これらのノートを毎回更新されている方にとってはしばらく現行モデルを使い続けることになるでしょう。

最初の14nm製品であるBroadwellの登場から5年、今年ようやくモバイル製品を10nmで生産することが出来ましたが、今度はクロックが上がらない問題で14nmを切ることのできないIntelの苦境はまだまだ続きそうです。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.