マザーボード関係

初のAMD TRX40マザーボードのパッケージ写真がリーク– sTRX4と呼ばれる新しいThreadripperソケットを搭載

投稿日:

新しいリークが流れました。(Videocardz経由のPTT)。

今回は、AMDの今後のTRX40マザーボード(より正確には - パッケージ)の最初の写真です。

今後のAORUS TRX40 Xtremeマザーボードのパッケージング写真が流出し、それに伴い、ソケットの名前:sTRX4(古いソケットはTR4と呼ばれていました)。

AMDマザーボードは通常、数世代にわたって下位互換性を維持していることを考慮すると、マザーボードメーカーの購入サイクルをゼロから開始するため、これは非常に重要なニュースです。

 

AMD AORUS TRX40 Xtreme Threadripper 3000マザーボードがボックスアートをリーク、sTRX4ソケットを確認

AMDの今後のTRX40マザーボードについてはかなり前から知っていましたが、AORUSはティーザーの後にティーザーを投稿しましたが、ボクサートリークによってソケットとプラットフォームが非公式に確認されたのはこれが初めてです。

このようなリークが発生するまでマーケティング名は確認されないため、ソケットの命名は新しい情報です。

先に進む前に、PTTの好意による実際のリークを次に示します。

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「CastlePeak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリはパフォーマンスと全体的な効率の新しいベンチマークであることが証明され、新しいプラットフォーム機能が新しいTR4ソケットマザーボードに導入されて、次のレベルに引き上げられます。

AMDはまた、最初のSKUに24コアと48スレッドチップを含めることを発表しました。これらのチップの上位バリアントは、今後さらに多くのチップを搭載します。

AMDのThreadripper 3000プラットフォームは、最大64コアを搭載し、TSMCの7nmプロセスに基づいており、新しいアーキテクチャを備えています。

第2世代のThreadripperに比べて大幅なパフォーマンスの向上が見込まれますが、これを完全に新しいプラットフォームと考えることをお勧めします(AMDがTRではなくTRXを選択した理由かもしれません)。

別の可能性(これは単なる推測です)は、AMDがCPUをTRXとWRXに分割する可能性があります。TRXとWRXは、コア数が非常に多いために予約されており、新しいソケットが必要です。

AMDの今後のTRX40プラットフォームは、手頃な価格でさらに多くのコアに拡大するため、同社の売り上げが大幅に増加します。

同社は、主流市場のコア数が4を超えることを望んでいることを証明し、現在はHEDTおよびワークステーション市場でも同じことをしているようです。

この新しいウルトラHEDTセグメントは、AMDの標準価格戦略に従って価格設定する必要があります

つまり、専門家に注目することになり、中小企業のデータ市場でさえ、同じ金額でより多くの処理能力に突然アクセスできるようになります。

Cascade Lake XのHEDT価格設定の場合と同様に、これによりIntelも戦略を修正せざるを得ないでしょう。

AMDは非常に長い間ソケットにとらわれないことで賞賛されてきましたが、コア数が急速に増加し、7nmに移行すると、既存のTR4ソケットを捨ててTRX40マザーボードの新しい設計に進む可能性があります。

AMDがこれを行うには複数の理由がありますが、最も可能性が高いのは、7nmプロセステクノロジーへの移行にはレイアウトの変更が必要なためです(そのため、ソケットの再設計が必要になります)。

これはもちろんAMDが回避することができたものですが、コストがかかる可能性があります。

AIBがこれを聞いて非常に満足していることは言うまでもありません。

これは、非常に必要な収益の増加をもたらすからです(新しいソケット=マザーボードの売り上げ増加)。

もう1つの潜在的な理由は、AMDが64コアのThreadripperを設計しており、古いTR4ソケットがこのようなコア数のCPUとは完全に互換性がないことです。

ソース:wccftech - First AMD TRX40 Motherboard Gets Packaging Leaked – Features New Threadripper Socket Called sTRX4

 

解説:

新型Threadripperのソケット名が確定か?

GigabyteのTRX40マザーのパッケージ写真がリークして、そこにソケットの名称が書かれていたという話です。

ソケット名は「sTRX4」となるようです。

このソケットの変更は私も驚きましたが、どうも製品の7nm化にあたって再設計が必要になったこと、64コア128スレッドの対応が難しかったためと言われています。

頑張れば互換性の問題を解決できたかもしれないとのことですがSocketTR4のようなマイナーなプラットフォームでそこまで頑張る(コストをかける)のはどうなのかということですね。

また、基本的にこのグレードの購入層は金に糸目をつけない人たちですので、そういう関係もあるのだと思います。

元記事にも書いてありますが、これにはAIB(ASUSやGigabyteなどのマザーボードメーカー)も大喜びという話です。

まあソケットが変わればマザーボードも新製品が出せますからね。

このTRX40マザーは先日のリークでは、一番安い製品で5万円からとなっています。

恐ろしく高いですが、HEDTですので、こんなものかなという感じですね。

おらそらく、ターボなどによってシングルスレッド性能もそれなりになるものと思われます。

休日明けからいよいよ、国内の著名メディアさんからも情報が出ると思います。

これが最後のリーク情報になるんじゃないでしょうか。

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.