ゲームについて その他

PlayStation 5 開発キット リーク 写真は以前の特許設計を確認できました

投稿日:

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

YouTubeチャンネルZONE of TECHが共有するリークのおかげで、世界中のゲームスタジオで利用できるようになったPlayStation 5開発者キットの最初の非公式な外観を確認できました。

写真は明らかに、リーク情報提供者によって10月10日木曜日に撮影された。

最も重要なことは、オランダのウェブサイトLetsGoDigitalによって最初に発見された以前の特許設計リーク情報を確認します。

以下に示すように、デザインとリークされたPlayStation 5開発キットのイメージはほぼ完全に一致しています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

リークされた画像は、ポートとボタンに関する追加情報も提供します。

6つのUSBポートがあるように見えますが、ボタンにはON / STANDBY、RESET、EJECT、SYSTEM INIT、およびNETWORK INITが含まれます。

もちろん、小売店で入手できる最終的なPlayStation 5コンソールは同じ構成ではない場合があります。

V字型の冷却設計は、私たちが見慣れたものではありませんが、実際、このゲーム機にはかなりの冷却能力が必要です。

ソニーは、8コア16スレッドを備えたAMD Zen 2(7nm)プロセッサと、リアルタイムレイトレーシング用のハードウェアアクセラレーションを備えたグラフィックス用のAMD Radeon Naviを使用していることを確認しました。

PS5のハードウェアには、3Dオーディオ用のカスタムユニット、新しいコンソール用にゲームを開発する上で非常に重要とされるカスタムSSD、最大100GBのディスクをサポートするUltra HDブルーレイオプティカルドライブ、4Kブルーレイビデオフォーマット、より大きなバッテリーを詰めた改良型コントローラー、USB-Type C接続、アダプティブトリガー、ハプティクスモーターが含まれます。

また、一時停止中のゲームプレイ状態は、PlayStation 4の場合よりもはるかに少ないエネルギーを使用することもわかっています。

ソニーは、国連のイニシアチブ「Playing for the Planet」の一環として、この取り組みにコミットしました。

リードシステムアーキテクトのマークサーニーによると、システムのユーザーインターフェイス(UI)も完全に刷新されました。

PlayStation 5は、来年の年末商戦に間に合うことが確認されています。

ソニーは2013年にプレイステーション4を発表するためにホストされたプレイステーションミーティングイベントを複製できるため、数か月以内にさらに詳しく知ることができます。

結局のところ、現在の世代のPlayStationは非常に好調で、おそらく日本のメーカーが予想していたよりも優れていて、2019年6月30日時点で1億台を売り上げました。

ソース:wccftech - PlayStation 5 Devkit Leaked Image Confirms Previous Patent Design

 

解説:

PS5の開発キット実機の写真がリーク

この記事を取り上げるかどうか迷ったのですが、Ryzen3000シリーズとは兄弟のようなものですので、取り上げることとしました。

なかなか個性的な形状をしていますが、ソリッドなデザインが好みであるソニーの趣味には合わない感じです。

この形状は冷却のためらしいので全く意味の無いデザインではないそうです。

このまま使われる可能性はあるのかなという感じですね。

このままいくとしたらなかなかアメリカンな大味デザインでびっくりです。

スペース効率という点ではあまりよくなさそうなデザインです。

エネルギー効率も追及されているようでポーズ時はほとんど電力を消費しないようです。

まあ、外観から察せられることはこの辺が限度なのではないでしょうか。

端子類も特に目新しいものはありません。

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.