CPU情報

Intel Core i3-10100 4コアおよび8スレッドComet LakeデスクトップCPUリーク-AMD Ryzenに対抗するためにすべてのCPUでマルチスレッドが有効になっている可能性があります

投稿日:

Intelは、フラッグシップだけでなく、すべての部品でマルチスレッドを可能にする可能性のある新しい第10世代のComet Lake CPUラインナップを準備しています。

この情報は、オンラインSisoftwareデータベースに(TUM_APISAK経由で)表示される最初のデスクトップであるComet LakeプロセッサであるIntelのCore i3-10100プロセッサの最新リストでサポートされています。

 

Intel Core i3-10100、マルチスレッド対応のComet Lake CPU

Core i3-10100の情報は、メインストリームプラットフォームを対象とした第10世代のComet Lake-Sラインナップの一部であることを示しています。

仕様に関しては、Core i3-10100には4つのコアと8つのスレッドが付属しています。

チップのクロック速度は3.60 GHzです。これはまだ初期のリストであるため、最終ベースクロックである場合とそうでない場合がありますが、その他の詳細には6 MBのL3キャッシュと1 MBのL2キャッシュが含まれます。

チップが動作していたブーストや最大クロック速度などの詳細はありませんが、興味深いのは、Core i3チップであるCPUがマルチスレッドをサポートしているという事実です。 比較のために、現在の第9世代Core i3パーツはいずれもマルチスレッドサポートを備えていません。

ロック解除されたCore i3-9350Kでさえ、4コアおよび4スレッド構成で提供されます。

しかし、それだけではありません。Corei5およびCore i7 SKUでさえ、現在の世代ではマルチスレッドのサポートを廃止しました。

また、第10世代Core i3プロセッサーが発売されるまでに、Intelは350米ドルを超える価格で4コアと8スレッドを搭載した最新の旗艦Core i7(7700K)プロセッサーを廃止することにも注意してください。

マルチスレッドを備えたCore i3クアッドコアはそれらを置き換えますが、おそらく100米ドル未満のかなり手頃な価格です。

 

しかし、AMDは、Ryzen 3000 CPUによってIntelのメインストリームのラインナップに対して、生のコアとスレッド数の面でより多くの圧力をかけているため、Intelは、マルチスレッドを有効にしたSKUを提供することを決定したかもしれません。

パフォーマンスと価格の点でチップをRyzenに対して位置付けることができれば、これはIntelに有利に働くでしょう。

ここでは価格設定が重要な役割を果たし、インテルは現在のメインストリームおよび次世代HEDT製品の大幅な値下げをすでに発表しています。

Intelの第10世代Xシリーズ10コアパーツの価格が590ドルであることを考えると、メインストリーム製品は、追加のPCIeレーンやXシリーズラインナップの上位キャッシュがないため、500ドル未満で簡単に小売できます。

ある程度のクロック速度に加えて、Intelは12コアのRyzen 9 3900X、または不十分なクロック速度のために遅延していると噂されている16コアのRyzen 9 3950Xに対しても自社製品を優位に置くことができます。

主な問題は14nmの供給問題かもしれませんが、それを除けば、Core i7とCore i5のラインナップは消費者が興味を引くほど魅力的ではありませんでした。

これが、同社が最近これらのプロセッサーシリーズの売上を大幅に削減した理由です。

6コアと12スレッドベースのCore i5モデル、および8コアと16スレッドベースのCore i7モデルを競争力のある価格で見ることができれば、Intelは消費者の関心を取り戻すかもしれません。

最近では、Comet Lakeベースの第10世代デスクトップラインナップの詳細を示すスライドが流出しましたが、これは以下で確認できます(未確認で未確認)。

 

Intel第10世代「Comet Lake」CPUラインナップ「疑惑」の仕様:

製品名製造プロセスコア数/ スレッド数ベースクロックブーストクロック (シングルコア)GPUキャッシュTDP価格(USドル)
Intel Core i9-10900KF14nm+++10/203.4 GHz5.2 GHzN/A20 MB105W$499 US
Intel Core i9-10900F14nm+++10/203.2 GHz5.1 GHzN/A20 MB95W$449 US
Intel Core i9-10800F14nm+++10/202.7 GHz5.0 GHzN/A20 MB65W$409 US
Intel Core i7-10700K14nm+++8/163.6 GHz5.1 GHzUHD 73016 MB95W$339 US
Intel Core i7-1070014nm+++8/163,1 GHz4.9 GHzUHD 73016 MB65W$299 US
Intel Core i5-10600K14nm+++6/123.7 GHz4.9 GHzUHD 73012 MB95W$269 US
Intel Core i5-1060014nm+++6/123.2 GHz4.8 GHzUHD 73012 MB65W$229 US
Intel Core i5-1050014nm+++6/123.1 GHz4.6 GHzUHD 73012 MB65W$199 US
Intel Core i5-1040014nm+++6/123.0 GHz4.4 GHzUHD 73012 MB65W$179 US
Intel Core i3-10350K14nm+++4/84.1 GHz4.8 GHzUHD 7309 MB91W$179 US
Intel Core i3-1032014nm+++4/84.0 GHz4.7 GHzUHD 7309 MB91W$159 US
Intel Core i3-1030014nm+++4/83.8 GHz4.5 GHzUHD 7309 MB62W$149 US
Intel Core i3-1010014nm+++4/83.7 GHz4.4 GHzUHD 7307 MB62W$129 US

 

Comet Lake-S第10世代CPUと400シリーズプラットフォーム-これまでにわかったこと

Intel Comet Lake-Sラインナップは、第10世代CPUファミリとしてブランド化されます。

Skylake以降にアップグレードされた14nm ++プロセスノードとアーキテクチャを備えた新しいCPUラインナップは、愛好家により良いクロック速度とより多くのコアを提供することを目指しています。

第8世代はメインストリームプラットフォームで6コアを、第9世代は8コアをもたらしましたが、第10世代は10コアと20スレッドをもたらします。

このプラットフォームは、熱狂的な125W CPU、65WメインストリームCPU、および35W低電力CPUをサポートできます。

ソケットは変更になり、LGA 1200と呼ばれます。これらは既存のLGA 1151ソケットより49個多いため、現在のボードの互換性に別れを告げることになります。

第10世代ラインの主要な機能の一部を以下にリストします。

 

  • 優れたマルチスレッドパフォーマンス
  • 最大10個のプロセッサコアと20個のスレッド
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • Intel Turbo Boost Technology 2.0

 

メディアおよびディスプレイ機能:

 

  • Rec.2020およびHDRサポート
  • HEVC 10ビットHWデコード/エンコード
  • VP9 10ビットHWデコード
  • プレミアムUHD / 4Kコンテンツのサポート
  • 統合USB 3.1 Gen 2(10 Gb / s)

 

統合されたIntel Wireless-AXのサポート:

 

  • ギガビットWi-Fi 802-11ax(160MHz)およびBluetooth 5
  • 次世代Intel Optaneメモリのサポート

 

その他の機能:

 

  • Thunderbolt 3テクノロジーのサポート
  • クアッドコアオーディオDSPを搭載したIntel Smart Sound Technologyのサポート
  • モダンスタンバイのサポート

 

IntelデスクトップCPU世代の比較:

 Intel Sandy BridgeIntel Ivy BridgeIntel HaswellIntel BroadwellIntel SkylakeIntel Kaby Lake
アーキテクチャーSandy BridgeIvy BridgeHaswellBroadwellSkylakeKaby Lake
製造プロセス32nm22nm22nm14nm14nm14nm+
最大コア数4/84/84/84/84/84/8
チップセット6-Series7-Series8-Series9-Series100-Series200-Series
ソケットLGA 1155LGA 1155LGA 1150LGA 1150LGA 1151LGA 1151
サポートメモリDDR3DDR3DDR3DDR3DDR4/DDR3LDDR4/DDR3L
TDP35-95W35-77W35-84W65W35-91W35-91W
プラットフォームDesktop LGADesktop LGADesktop LGADesktop LGADesktop LGADesktop LGA
発売201120122013-2014201520152017
 Intel Coffee LakeIntel Coffee Lake RefreshIntel Comet LakeIntel Rocket Lake  
アーキテクチャーCoffee LakeCoffee LakeComet LakeRocket Lake  
製造プロセス14nm++14nm++14nm++14nm++  
最大コア数6/128/1610/2010/20  
チップセット300-Series300-Series400-Series400-Series?  
ソケットLGA 1151LGA 1151LGA 1200不明  
サポートメモリDDR4DDR4DDR4DDR4
TDP35-95W35-95W35-127W不明
プラットフォームDesktop LGADesktop LGADesktop LGADesktop LGA
発売2017201820202021

 

プラットフォームに対する大きな変更の1つは、使用可能なPCIeレーンの数です。

Intelは、AMDのようにPCIe Gen 4への移行を推進していませんが、AMDのRyzen 3000 / X570プラットフォームと比較して、より多くのPCIeレーンを提供する予定です。

プラットフォームの詳細には、最大46個のI / Oレーンがあり、そのうち30個はチップセットによって提供されます。

つまり、CPUには引き続き16個のPCIeレーンが搭載されますが、PCHのほうが多くなります。

いくつかのZ490、H470、B460、およびH410マザーボードが既にECCリストに掲載されているため、マザーボードメーカーはIntelの次の大規模なデスクトップの発売に備えて確実に前もって取り組んでいます。

24個のPCIe 3.0レーンがあり、残りは異なるI / Oチャネルに電力を供給します。

LGA 1200プラットフォームではIntelのOptaneメモリもサポートされているため、これも楽しみです。

プラットフォームのブロック図も提供されており、DDR4-2666(ネイティブ)の互換性が保持されることが示唆されています。

IntelによるCES 2020での第10世代デスクトップラインアップの詳細については、後日発表される予定です。

ソース:wccftech - Intel Core i3-10100 4 Core and 8 Thread Comet Lake Budget Desktop CPU Leaks Out – Multi-Threading Possibly Enabled Across All CPUs To Tackle AMD Ryzen

 

解説:

発売が近づいたComet Lake-Sの情報がリークしました。

私としては10900KFは125WのTDPになると思いますが、それ以外は上の情報は良い線を言っているのではないかと思います。

突出したマルチコアパフォーマンスを誇るAMDのRyzen3000シリーズと比較すると地味なものです。

しかし、最上位の10コア20スレッド10900KFが上のスペックの通り5.2GHzのシングルコアブーストならば、ゲーム性能はRyzen3000シリーズよりわずかに上になると思います。

心無いAMDerからはこのラインナップを見て「Intel終わっtel」などと言われるかもしれません。

私はそうは思いません。

8コア16スレッドよりも10コア20スレッドの方が性能が良いことは確かですし、RocketLakeとプラットフォームが同じで、やることをやってきたと思っています。

Intelでなくてはダメだという層は一定数おり、最大10コア20スレッドのデスクトップCPUがこれらの価格で手に入ることには大きな意義があると思います。

出来ればマザーボードメーカーとも協力して、来年発売予定の単体GPUであるXeとセットで人気のゲームをバンドルして特別な価格で提供していただきたいです。

これは高止まりしていたIntel製品がお手頃な価格で手に入るユーザーにとってはまたとないチャンスです。

また、すべての製品がマルチスレッド化されたのも大きいです。

Core i3ですらも4コア8スレッドとひと昔前のCore i7と同じ仕様になりました。

これが競争原理のもたらすメリットであり、2017年以前のRyzen登場前の環境と比較すると、非常に大きな恩恵があったと言ってもよいでしょう。

私はこのラインナップからIntelは始まると思っています。

私は以前、「Comet Lakeは見送った方が良い」と発言しましたが、次のCPUともプラットフォームの互換性が維持されるとの話ですので、この発言は撤回します。

可能であれば、10nmのIceLakeデスクトップ版でAMDと正面切ってぶつかってほしかったですが、これほどユーザーにとってメリットのあるラインナップを揃えてきたのですから、賞賛されてしかるべきだと私は思います。

数年前前ではこのような世紀の対決が拝めることは考えられませんでした。

我々はこの時代に生きられたことを神に感謝すべきだと思います。

Viva Intel

素晴らしいです。

是非RocketLakeはソケットの互換性を維持しつつ、より強力なラインナップにしてほしいと思っています。

頑張れIntel

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.