GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERクロックレートが確認され、AMD Radeon RX 5500 XTを上回る

更新日:

Igor's LabのIgorは、GTX 1660 SUPERのクロックレートと出荷時のメモリ標準を確認しました。このNVIDIA GPUの理論的なパフォーマンスがどのようになるかについて、非常に良いアイデアを得ることができます。 AMD RX 5500 XTに匹敵します。

私は誰かをぶら下げたままにするのは本当に好きではないので、概要を以下に示します。

NVIDIAGTX 1660 SUPERはAMD Radeon RX 5500 XTに勝りますが、RX 5600 XTには勝てません(このカードは現時点では噂されています)。

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERは1785 MHzでクロックされ、GDDR6を搭載し、AMD Radeon RX 5600 XTのすぐ下でパフォーマンスを発揮します。

多くの読者の覚えているように、問題はNVIDIAの標準GTX 1660製品がGDDR5のみをサポートしていることです。

AMDのRadeon RX 5500がGDDR6で間もなく発売され、およそ1.7GHzでクロックされることを考慮すると、NVIDIAの1660無印が、RDNAを搭載した赤のライバルに対して勝てる見込みがないことを意味します。

その答えは、カードにGDDR6メモリ搭載することでした。

メモリクロックは、わずか8 Gbpsから14 Gbpsに上昇し、ブーストクロックは後続のGTX 1660 TIよりもはるかに高いため、GTX 1660 SUPERは、はるかに低い価格で94〜96%のパフォーマンスを提供します。

仕様に関しては、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERは、既存のGeForce GTX 1660と同じTU116-300ダイを利用します。1408CUDAコア、80 TMU、48 ROPの同じコア構成を備えています。

これは、このカードの1ドルあたりの価値がバニラTiよりも優れているため、Tiの販売が共食いすることを意味します。

コアカウント、クロックレート、およびメモリを使用して、IgorはNVIDIA GTX 1660 SUPERだけでなくAMD RX 5500 XTの予想パフォーマンスを計算し、RX 5600 XTの可能性も含めました。

さて、RX 5700 XTとRX 5500 XTの違いは非常に大きいため、AMDは近い将来にこのギャップを埋めるためにカードを展開することになるでしょう(これが結局、歩留まり理論の仕組みです)。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Igorの計算によると、GTX 1660 SUPERはAMD RX 500 XTより2.8%高速で、GTX 1660 Tiより4.3%遅くなります。噂のAMD RX 5600 XTはGTX 1660 SUPERより11%高速です。

GTX 1660 SUPERではなく、NVIDIAのラインナップで次のランクとファイリングに直面するかもしれません。

GTX 1660 SUPERの価格は現時点では確認されていませんが、219ドルで販売されているオリジナルを考えると、おそらくより高価なGDDR6メモリと戦略的な値下げを考慮するために200ドルから279ドルのどこかの価格ポイントを見ています。

このメモリは、12 Gbpsのダイを備えたGeForce GTX 1660 Tiより高速で、192ビットのバスインターフェイスを備え、合計336 GB / sの帯域幅を提供します。

IgorがGTX 1660 SUPERの存在を確認したことは注目に値します。そのため、このカードは私たちの本ではうわさされていません。

Videocardzによると、GTX 1660 SUPERは10月29日の月末近くに発売され、来月発売予定です。

GPUの大部分が出荷され、ゲーマーはまもなく同じドルでより多くのfpsを購入できるようになる主流セグメントで事態が白熱し始めています。

NVIDIA GeForce 16 シリーズ予備仕様

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 SUPER 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 Ti 4 GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU116-300TU117TU117
CUDAコア数19201536140814081024?896
Tensorコア数240無し無し無し無し無し
RTコア数30無し無し無し無し無し
Texture Units1209680806456
ROPs484848483232
ベースクロック1365 MHz1500 MHz不明1530 MHz不明1485 MHz
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz1785 MHz1785 MHz不明1665 MHz
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック14 Gbps12 Gbps14 Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2 キャッシュ3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W不明120W75W75W
トランジスタ数108億66億66億66億4.7億4.7億
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(米ドル)$349$279~$249$229$179?$149

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER Clock Rate Confirmed, Will Beat The AMD Radeon RX 5500 XT

 

解説:+

nVidiaが渋々本気を出す。

後ろから迫ってくるAMDの圧力に押されて、nVidiaが渋々本気を出してきました。

正直、内容としては最初からこうしてくれというものです。

私はGeforceの全ラインナップ中、一番使い物にならないと思ったのがGTX1660ですが、やはりAMDの7nm製品と比較すると競争力は無く、GTX1660SUPERがラインナップされれば早々に退役扱いになるものと思います。

あのCUDAコア数でGDDR5はないだろうと思っていましたが、ラインナップ中一番の弱点と言ってもよかったと思います。

こうしてみるとやはり競争の無い世界というのはろくなことにならないというのがよくわかるんじゃないかと思います。

一説によるとAmpereがRTX3000シリーズになる可能性が指摘されていますが、AMDもRDNA第二世代は(おそらく)7nmEUVでレイトレーシング対応ですから、同世代の技術で正面からぶつかることになります。

RDNA第一世代の性能を見ると、かなり期待が持てるのではないかと思います。

いずれにしてもカギを握ってるのはメモリの帯域で、GDDR6をもってしても、7nm+世代のGPUの帯域は不足し、ハイエンドはHBM2メモリになる可能性も捨てきれないと思います。

そうなったらハイエンドは20万円コースですかねえ。

 

GPUの買い時はいつか?

既に次世代と目されるAmpereの話が出てきましたが、GPUの買い時はいつでしょうか?

GTX1660SUPERを購入予定の方はそのまま購入されることをお勧めしておきます。

次世代が出るとしてもミドルレンジが出るのは1年以上後です。

今必要性を感じているならば1年待つのは正しい判断だとは私は思わないです。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.