CPU情報

AMDの12コアRyzen 9 3900X CPU不足が蔓延しており、主要小売店で最大800ドルで販売されていますが、他では販売されていません

投稿日:

AMDのRyzen 9 3900X CPUは、第3世代のRyzenラインナップの主力製品が現在世界中で、またすべての主要な小売店で深刻な不足に直面しているため、最高の状態にあります。

12コアモデルは7月に499ドルの導入価格で発売されましたが、今すぐ同じ価格で入手できれば幸運です。

AMD Ryzen 9 3900X 12コアCPUは深刻な品不足に直面しています–主要小売店でのみ米国$ 800で利用可能です。

AMD Ryzen 9 3900Xは、これまでの主流プラットフォームで最初の12コアプロセッサーとして発売されました。

マルチタスクユーザー向けに豊富なコアとスレッドを提供しているため、わずか500ドルのチップは、追加のコア/スレッドパフォーマンスを手に入れたい人にとって信じられないほどの選択肢でした。

しかし、発売以来、チップは需要の高まりと驚くほど少ない供給のために価格が上昇していることがわかりました。

プロセッサの発売から3か月後、世界中で信じられないほどの不足に直面しています。

大手小売店を通り抜けると、チップは現在、Neweggで799.99ドル、Amazonで829.99ドル、eBayで799.99ドル(さらに222.03ドルの追加費用)で販売されています。

チップはMicro Centerで低価格で販売されていましたが、もう利用できません。

これは、チップをもう入手できない有名なドイツの小売業者、MindFactoryの場合も同じです。

また、商品の購入先によって1〜2週間の配送遅延があります。

※ クリックで別Window・タブで拡大します

 

フラグシップの16コアであるAMD Ryzen 9 3950Xは、クロックが十分に上がらないために遅れた可能性がありますが、7nmの供給の問題も、第3世代Ryzenのほぼすべてのラインナップに影響を与える1つの主要な要因です。

これは、11月に市場に登場するRyzen 9 3950Xにとって良い兆候ではありません

AMDが供給の問題を解決していない場合、Ryzen 9 3950Xの在庫は非常に限られている可能性があり、数日間の発売後の価格はMSRPが749 USドルであると考えられるため、1000 USドルを超える可能性があります。

 

AMD Ryzen 9 3900X 12コア/24スレッドCPU、499ドル

AMD Ryzen 9 3900Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた12コアおよび24スレッドの製品です。

このチップは、3.8 GHzのベースクロックと4.6 GHzのブーストクロックを備えています。

70 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、105 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは499ドルのMSRPで7月7日に発売されました。

価格の面では、このチップはIntel Core i9-9900Kに対して位置付けられており、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、PCIe Gen 4.0などの次世代I/Oのサポートを提供します。

 

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen5 3500XRyzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)16 MB32MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)40404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)17,300程度20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

ソース:wccftech - AMD’s 12 Core Ryzen 9 3900X CPU Shortages Prevails, Selling For Up To $800 US at Major Retailers, Not Available on Others

 

解説:

ボッタ価格でしか売ってないRyzen9 3900X

Ryzen9 3900Xは日本では64,800円ですが、どこの店でもこの価格では売ってません。

一時期の全く入手できない状態と比べるとマシになりましたが、やはり品薄状態は改善されておらず、価格にプレミアが乗っています。

こちらはアメリカでもほとんど同じ状況で、世界的な品不足になっている状態が伺えます。

 

今後の供給量は改善するのか?

元記事ではこの点についてはかなり悲観的で、私も3900Xの$499に対して3950Xの$749という価格からすると3950Xの供給量はあまり多くないことが予想されます。

本来であれば高くても最上位モデルが一番人気が出るのですが、もともとの価格が安くIntelのCore i9-9900Kと比較してもお得感の高い3900Xが一番人気になるのではないかと秋葉の店員さんは予想しています。

この辺はナンバー2であるAMDの比較対象としてIntelの存在が大きいことが伺えます。

理想的なシナリオとしては、3950XやThreadripper3000シリーズの販売開始に合わせて、供給量が回復するというものです。

発売前に最大の需要が生まれるので、やはりある程度の量を出荷しますので、生産した全コアを全力で使うことのできる状態になる「可能性」があるからですね。

しかし、残念ですが、TSMCが工場のリードタイムを延ばしたところから考えるとそううまくはいきそうにありません。

しばらくはプレミア価格で販売されることを覚悟しておいた方がよさそうです。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.