CPU情報

32個のZen 2コアを搭載したAMD第3世代Ryzen Threadripper「Sharkstooth」が再び発見-Ryzen Threadripper 2990WXおよびIntel W-3175X CPUを粉砕

投稿日:

AMDの第3世代Ryzen Threadripperは、Geekbenchデータベースに数週間登場しました。 「Sharkstooth」というコードネームの7nm Zen 2アーキテクチャに基づく32コアプロセッサは、既存のフラッグシップHEDTプロセッサと比較して大幅なパフォーマンスの向上を示しました。

チップは同じデータベースに再び登場し、愛好家にとって次世代のThreadripperがどれだけ優れているかを示しています。

 

AMDのメガタスクモンスター、第3世代のRyzen ThreadripperがGeekbenchに再登場–ちょうど32コアでそれまでのすべてのシングルHEDT CPUを破壊する

同じエンジニアリングサンプルが再び登場し(クレジット:Momomo_Us)、今回はわずかに異なるクロック速度となっています。

前のチップとこのチップは、32 MB、64スレッド、128 MBのL3および16 MBのL2キャッシュと同じコア構成を備えていることに注意してください。

Ryzen Threadripper 2990WX 32コアは64 MBのL3と8 MBのL2を備えており、72 MBの結合キャッシュに対して、このチップ上の結合キャッシュは144 MBになります。

2つのエントリの主な違いは、以前のチップが3.60 GHz(ベース)のクロック速度を備えていたことです。

前のエントリのブースト周波数はリストされていません。

新しいエントリには、ベースクロックとブーストクロックの両方が記載されています。

新しいものには、2.20 GHzベースと4.17 GHzブーストクロックがリストされています。

私の知る限り、これらは不正確なクロックであるか、単に私たちが見ている初期のES部分である可能性があります。 2つのエントリのもう1つの違いは、テストされたOSです。

Linuxエントリは通常、Windows 10ベースのエントリと比較して高いスコアを返すことに注意してください。

新しいエントリはWindows 10で作成されたため、スコアは以前よりも低くなりますが、他のHEDTチップについてはここで比較します。

 

 

したがって、パフォーマンスに関しては、第3世代のRyzen Threadripperパーツは、シングルコアで5523ポイント、マルチコアテストで68,576ポイントを獲得しました。

AMD Ryzen Threadripper 2990WXは、そのストック頻度で、シングルコアテストで約4800ポイント、マルチコアテストで約36,000ポイントを獲得しています。

Intel W-3175Xは、シングルコアで5148ポイント、マルチコアテストで38,000ポイントを獲得しています。

このエントリが低クロックのESパーツであることが判明した場合、32コアの同じ構成でgenよりも2倍のパフォーマンスの違いが見られます(3rd Gen Ryzenと2nd Gen Ryzen)

Intelパーツと比較すると、コアがわずかに低い(28コア/ 56スレッド)ことを特徴としていますが、同じことが言えます。

また、驚くべきことは、Zen 2ベースのRyzen Threadripperが、IntelのW-3175Xと比較してシングルコアのパフォーマンスがはるかに高いことです。

これは、ベース周波数とブースト周波数が高く、次世代のRyzen Threadripperが最終的にどれだけ速くなるかを示しています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU –価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、2019年後半にデビューする予定です。

このファミリは、内部的に「CastlePeak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率において新たな基準となることが証明され、TR4ソケットマザーボードには新しいプラットフォーム機能が導入され、それらが次のレベルに引き上げられます。

また、これらのマザーボードでのPCIe Gen 4.0サポートについても見込まれています。

これは、Ryzen 3000シリーズCPUのX570チップセットベースのAM4マザーボードで既に確認されています。

AMDはThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を維持したいと考えており、7nmプロセスノードのおかげで、上昇したクロック速度のおかげて、マルチスレッドパフォーマンスもかなり数値を改善しています。

CPUはコア数が増大しますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

AMD CEO Dr. Lisa Su:

※ 新製品の発表を行うDr.Lisa Su(筆者の想像)

"知っての通り、インターネット上で流通しているもののいくつかは非常に興味深いものです。Threadripperが継続しないとは言わなかったと思いますが、それが何らかの形でインターネット上でしたのです」

スーは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「今後私たちは[Threadripper]をお見せすることが出来ると思います。それは間違いなく存在します。


メインストリームであるAM4プラットフォームが大幅に性能を上げていますので、Threadripperも強化される必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PCWorldより

 

AMDの最高経営責任者(CEO)であるリサ・スもツイートの中で、今年後半に次世代のRyzen Threadripper CPUに関する詳細情報が期待できることを確認しました。 ツイートは次のとおりです。

https://twitter.com/LisaSu/status/1163628505956904960?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

@IanCutressの仲間とお会いできてうれしいです。 はい、私たちは今年後半に次世代のThreadripperを発売することを約束します!

 

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、新しいプロセッサは前世代の同等のコア数で、以前の価格から200〜300ドル安くなり、ほぼ同じ価格で販売されていました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品は完全に異なる市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xという競合他社製品よりもはるかに安価でした。

生のベンチマーク数値に関しては、新しいダイレイアウトはテスト中ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります

繰り返しになりますが、今後数か月でさらに詳細な続報を期待してください。

ソース:wccftech - AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper ‘Sharkstooth’ With 32 Zen 2 Cores Spotted Again – Destroys The Ryzen Threadripper 2990WX & Intel W-3175X CPUs

 

解説:

Ryzen Threadripper 3000シリーズの続報が出ました。

Geekbench4のベンチマークで、前回はOSがLinuxでわかりにくかったのですが、今回はWindowsで、比較対象のTR2990WXとXeon W-3175XもOSとGeekbenchのバージョンが揃っており、比較しやすくなっています。

結果は圧巻で、W-3175Xの結果を超えています。

恐らくは32コア64スレッドまでは180Wになることが予想され、ゲーム用として一番使いやすいThreadripperになると思われます。

私なら、さらにSMTをオフにして32コア32スレッドで使いますね。

その方が多分Precision Boost OverdriveなどのOC機能を利かせたときシングルスレッド性能で有利になることが予想されるからです。

まあ、ゲーム向けで32スレッドより多くあっても仕方ないという事情もありますが・・・。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.