マザーボード関係

256Mb BIOSチップを搭載した新しいAMD 400シリーズマザーボードを発売するMSI Scampers

投稿日:

私たちの月曜日の話では、MSIがAMD 400シリーズのチップセットマザーボードの多くに、256 Mビット(32 Mバイト)の大容量チップではなく128 Mビット(16 Mバイト)のSPIフラッシュROMチップを誤って取り付けたことが記録されています。

これは同社の「Zen 2」サポートの展開をほぼ危険にさらし、マザーボードのファームウェア機能セットを大幅に縮小し、多くのボードでSATA RAIDサポートを無効にすることを余儀なくさせました。

MSIに公平になるために、同社はAGESAマイクロコードが最新のComboAM4 1.0.0.3シリーズでそのサイズが急激に大きくなるとは予想していなかったかもしれません。

私たちは、ポーランドの技術出版物PurePCから、MSIがより大きな256 Mbit SPIフラッシュROMチップを搭載したAMD 400シリーズのチップセットマザーボードの多くを再リリースすることによってこれを解決するためにスクランブルをかけたと聞いています。

PurePCのレポートでは、MSIは製品名に「MAX」という改訂版のマザーボードをブランド化する予定です(例:B450 Gaming Pro Carbon AC MAX、B450M Bazooka MAXなど)。

ただし、新しいモデル名に会社の最新のMEG / MPG / MAGブランドが付いているかどうかはわかりません。

256 Mbit SPIフラッシュROMチップはMSIがAGESA 1.0.0.3aに詰め込むことを可能にします、それはあなたがそれらの全能力を使うことを可能にします(もちろんこれらのマザーボードのPCIe gen 4.0を除けば)。

さらに重要なことに、より大きなROMチップにより、MSIはその機能豊富なClick BIOS 5 UEFIセットアッププログラム、SATA RAIDモジュールを犠牲にすることなく、またはソケットAM4プロセッサのサポートを失うことなくAGESA 1.0.0.3aを持つことができます。

MSIは、そのB450およびX470チップセットマザーボードだけでなく、エントリーレベルのA320チップセットの変種にも取り組んでいると言われています。

同社は、「Picasso」APUをA320とペアにしようとしている可能性があるとギャンブルしている。

「AMD 400シリーズのボードが、今、なぜ」という疑問をお持ちですか?

X570マザーボードは170ドルからですので、熱狂的ファンは代わりにUSB BIOSフラッシュバック機能を利用して、AMDの400シリーズチップセットマザーボードと真新しい第3世代Ryzenプロセッサを組み合わせたいと思うかもしれません。

AMDがより安価な500シリーズのチップセットを発売するのは、2020年初頭までです。

それまでは、より多くの消費者が第3世代のRyzenプロセッサを採用するにつれて、400シリーズのチップセットマザーボードの売り上げが伸びると予想されています。

ソース:techpowerup - MSI Scampers to Launch New AMD 400-series Motherboards with 256Mb BIOS Chips

解説:

MSIの一部のマザーで128MBit EEPROMが「誤って」取り付けられ、第三世代Ryzen対応のBIOSアップデートに支障が出ているとのことです。

この話は以前にも翻訳しましたが、どうもMSI限定ということのようです。

その対応として、MAXという新しいブランドを展開して、第三世代Ryzenに機能を削減せずに完全に対応させるということのようです。

他社製では多分問題がないのだと思いますが、この辺ハッキリしてほしいなあと思ったり思わなかったり。

B550、B520はPCI Express 4.0には対応していないということですので、B450でもまあ同じなのかということですね。

現時点で、プレミアのついているNVMe Gen4 SSDを使う予定のない人はB450でも十分と言えなくもないです。

 

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.