その他

アメリカの企業に対するフランスのデジタルタックスフェアネスを調査

投稿日:

VS

トランプ大統領は、米国企業に対する公正性の観点から、フランスのデジタル税(ここで取り上げる)の調査を開始する準備をしています。

トランプ政権は調査の結果として関税その他の貿易制限を設けることを検討する。

 

フランスデジタル税

今年の初めにフランスは、テクノロジー会社に対するまったく新しい税で税法を刷新することを目指していると発表しました。

いくつか注意点がありますが、一般的に、これらはGoogle(NASDAQ:GOOGL 1140.91 1.48%)、Amazon(NASDAQ:AMZN 2017.41 1.46%)、Facebook(NASDAQ:FB 202.73 1.77)など、私たちが知るようになったビッグテック企業です。 %)、およびアップル(ナスダック:AAPL 203.23 0.99%)。

フランスの規制当局は、税法が21世紀に遅れをとったと考えています。そのため、Appleのような企業の税負担は平均法人税率を大幅に下回っています。

フランスのBruno Le Maire財務相によると、フランスは新しい税金で年間5億3600万ドルを回収すると考えています。

課税された資金は、前述の大手企業からだけでなく、ヨーロッパや中国の多くの企業からももたらされるでしょう。

合計約30社が、フランスで年間7億5000万ユーロの歳入減税を達成すると言われています。

フランスは現在税金を徴収していませんが、フランス上院議員が明日には法案を可決するために投票した場合、2019年1月1日に遡ります。

 

税がアメリカのビジネスを傷つけるかどうかトランプは尋ねる

米国は、中国の知的財産窃盗およびヨーロッパの航空機に対する補助金に対する以前の訴訟と同様に、フランスのハイテク企業のデジタル収入に対する3%の課税に対して「第301条」の調査を開始する予定である。

Robert Lighthizer代表は、アメリカの企業が不当に課税要求に見舞われているかどうかを調べることを主な目的として、最大1年かけて税金を検討する予定です。

Lighthizer貿易担当代表は、以前この問題について次のように述べています。「私は[フランスのデジタル税]はアメリカの会社を不当に攻撃することに向けられている考えている。米国が強力な行動を起こさなければならないだろう。」

今、私たちは「強い行動」が動き始めているのを見ています。

調査がその税が不当で不公平であると判断した場合、フランスはフランスの輸入に対する関税、またはおそらく問題に詳しい情報筋によると他の貿易障壁で平手打ちされる可能性があります。

米国とヨーロッパは、農業と自動車を中心とした重要な協議との新たな貿易協定を中心とした交渉に既に行き詰まっており、フランスの輸入に課される新たな関税の可能性は、会話をさらに緊張させるでしょう。

もちろん、米国は(他の国と同様に)自国の企業を保護しようとしていますが、米国の国会議員は明らかにビッグテク全般に対する敵対的な態度とはまったく対照的です。

FacebookやGoogleを解体するなど、大幅な調整を求める声もある。

ホワイトハウスは間もなく検証を発表する予定であり、詳細を提供する予定です。

ソース:wccftech - U.S. To Investigate France’s Digital Tax Fairness For American Companies

 

解説:

デジタルの世界に生きている人たちにとっては重要な話だと思いますので扱っておきます。

デジタル課税の話です。

フランスが先行しているようですが、日本でもこういった話は出ています。

G20でGAFA+Mのような先進企業に対する課税のルール作りを行ったのですが、当然、利害の対立が大きいので、難航しています。

日本、デジタル課税のルール作り難航も G20加盟国の足並み揃わず

世界最強のジャイアンであるアメリカが反対しているからです。

フランスがデジタル課税を作ろうとしている背景にはネット企業の税負担率が低すぎるという問題があるようです。

今回のフランスのデジタル課税に対しても、スーパー301条の報復対象になるとしてアメリカの国会議員が声明を出しています。

ただし、アメリカ政府は全く別の見解を持っているようです。

GAFA+Mは中国に対して融和的な姿勢を取っていますので、当然かもしれませんが、国家の安全を脅かすほどの力を持つならば、こうした企業を解体することも辞さない構えのようですね。

アメリカ議会とアメリカ政府のスタンスが全く違うところは面白いと思います。

独占禁止法の疑いで会社が分割されるというのは古くはAT&Tなどでも行われてきたことです。

私が日本人だからそう思うのかもしれませんが、デジタルの世界には国境がありませんので、確かに何らかの規制は必要なのかなと思います。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.