その他

肯定的なRyzenおよびRadeonの検討の後でAMD株は価格目標の改善し、大幅上昇する

投稿日:

AMD logo

AMDは、最新の第3世代のRyzen CPUとNaviを搭載したRadeonグラフィックスカードで注目を集めています。

InstinetがAMDの価格目標を引き上げこの更新された製品ラインナップのおかげで、あるアナリストはAMDのシェアがさらに上がるだろうと信じています。

 

Nomura InstinetのDavid Wong氏は、これらの新製品が、今後登場するEPYCの「Rome」製品と相まって、AMDを株式市場でさらに高いレベルに押し上げるのに十分だと考えているようです。

 

新しいCPUとAPUは、AMDがデスクトッププロセッサ市場シェアの勢いを維持し、ユニット市場シェアを2019年3月期の約17%から、2019年12月期までに20%以上に向上させると考えています

-David Wong、Instinet

 

ウォン氏は、Ryzen 3xxxファミリーの製品は、新しいRadeon製品の発売とともに、AMDが競合各社のインテルおよびNVIDIAに対して引き続き市場シェアを拡大するのに十分であると確信しています。

デスクトップCPUの出荷台数が半年で17%から20%に増加したことは、メーカーにとって非常に前向きなニュースと見られるでしょう。

もちろん、AMDの運命は、市場シェアだけでなく、同社の長い間弱点となってきた売上総利益にも依存されている。

長年の大幅な値下げ商法によって、以前のブルドーザー由来のCPUを消費者に購入させるようとしたため、利益率が低下しました。

ウォン氏は、AMDの利益率の大きな要因であるASPが今後も成長を続けると考えている。

クライアント投資家向けのコメントで、ウォン氏は、「AMDは2019年までにデスクトッププロセッサASPを90ドル近くまたはそれ以上に、2017年以前の50ドル近くから引き上げることができると期待している」と続けた。

 

要するに、AMDは市場シェアを拡大し続けながら、Ryzen 3xxxシリーズよって、より多く突き進むことができるであろう、投資家の目には「双方にとって好都合」だろう。

 

アナリストスコアカード:将来への一般的な楽観

アドバンストマイクロデバイスのシェアは前年同期比75%増加し、半導体およびより高度な技術分野の両方で年初来パフォーマンスをリードしています。

アナリストが株価に見合うと考えているものを見てみましょう。

InstinetとしてのDavid Wongは、今日の価格目標を33ドルから37ドルに引き上げました。

 

  • David Wong @ Namura Instinet:「買う」PT $ 37を今日も繰り返しました
  • Mitch Steves@ RBCキャピタル:「買う」PT $ 43が先月繰り返された
  • Vivek Arya @ Merrill Lynch:先月の「買う」PT $ 40を繰り返し
  • Joseph Moore @ Morgan Stanley:先月のPT $ 28「ホールド」を繰り返し
  • Ross Seymore @ Deutsche Bank:「ホールド」PT $ 25、2ヶ月前に繰り返し
  • John Pitzer @ Credit Suisse: "ホールド" PT $ 25、2ヶ月前に繰り返し

報道を開始したアナリストの現在、10を「買い」として評価し、9が「保持」格付けとしている。

AMDの株式は過去2日間で市場を凌駕しています。 月曜日はその日のほとんどのハイテク株が下落していたので特に好調だったが、それでも$ AMDは2%上昇した。

今日の株価は市場終値で3.5%上昇して33.15ドルとなった。

 

AMD株式とAMDコールオプション

デリバティブについての簡単なメモ コールアンドプットオプションは、株式の長期または短期売買に比べて、利益(および損失)が倍増することが知られています。

例を簡単に見てみましょう。 6月25日には、AMDの株が28.86ドルで入手可能になった。

今日の価格は数時間で33ドルを下回ったため、販売価格として33ドルを使用しましょう。

6月25日から今日までの間に売買された会社の株式は、14.3%の売買差益をもたらしたでしょう。

あなたの投資がほんの数週間落ち着くようにしても悪くありません!

それでは、オプションを見てみましょう。

 

ほとんどの大企業では、通話オプションは毎週または毎月の有効期限で利用できます。

例として、7月19日のコールオプションを見てみましょう。

買い手の一人が、RyzenとNaviのニュースで株価を押し上げる可能性がある時間を与えたいと思っていたかもしれません。

6月25日、AMD 7月19日、2019年$ 32コールは1契約あたり約60セントで取引されていました。

株価はこれらのコールを「アウトオブマネー」から「インザインマネー」に引き上げるほど高くなったため(AMDは33ドルのストライクプライスよりも高い値段で取引されているため)、取引価格が急上昇しました。

どれだけあなたは買いたいですか?

6月25日に60セントの費用がかかるこれらの同じ契約は、今日の午後のほとんどで1契約あたり1.50ドル以上で売られていました。

したがって、この例では、原株の14%増に対して150%の選択肢が返されました。

10倍以上の良いリターンを! もちろん、AMDがお金を失ったり、横に取引したりしたとしても、これはまったく別の話であり、後から考えると、このような例を見てオプションを購入するのは簡単だといくらでも言えます。

いずれにせよ、これらの強気なAMD証券の取引はここ数日楽しんでいます!

ソース:wccftech - AMD Stock Jumps With Price Target Upgrade After Positive Ryzen And Radeon Reviews

 

解説:

AMDの株はRyzen3000シリーズとRadeon RX 5700シリーズの発売を受けて各証券会社の評価が変更になったとのことです。

ブル土下座とも揶揄されたブルドーザーの評価は散々でAMDは倒産の危機に陥りました。

そのため第一世代Ryzenの評価も散々だったのですが、ここに至ってそのようなことをいうアナリストは一人もいません。

彼らは画期的な新製品を評価するのは苦手ですが、Ryzen3000シリーズのように優れた後継製品によって業績がどのようになるのか評価するのは得意です。

Ryzen3000シリーズの発売によって波に乗るAMDは株式市場でも高く評価されており、intelがデスクトップ版IceLakeを投入してくる2021-2022年まではその評価は変わらないと思います。

まあ、AMDの株式を売買できる方法を持っている方にとっては釈迦に説法と思いますが、記事後半にデリバティブについて書いてあります。

オプション取引とは金融取引の体裁を取った保険であって、これを投機の対象にするのは危険ですので、やめておきましょう。

オプション取引を普通の取引の中に組み入れるとどうなるかというと、それをやって起きたのがリーマンショックです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.