GPU情報

449ドルでGeForce RTX 2070より高速なAMD Radeon RX 5700 XT、379ドルでGeForce RTX 2060より高速なRadeon RX 5700 - GDDR6 7nm RDNA Navi GPU

投稿日:

AMDは、Radeon RX 5700 XTとRadeon RX 5700グラフィックスカードを含むRadeon RX 5700シリーズを正式に発表しました。

新しいグラフィックスカードは、7nmプロセスノードをベースとしたAMDの次世代Navi GPUと、2011年に発売されたAMDのGCNアーキテクチャに代わるRDNAコアアーキテクチャを備えています。

 

AMD Radeon RX 5700シリーズオフィシャル:RX 5700 XTはRTX 2070よりも高速でUS$449、RX RX 5700はRTX 2060よりも高速でUS$379

AMDは正式に彼らの最新のRadeon RX 5700シリーズグラフィックスカードの仕様と性能の数値から蓋を外しました。

Radeon RX 5700 XTが最も高速なNaviベースのカードになる一方、Radeon RX 5700は低価格で競争力のあるパフォーマンスを提供します。

どちらのカードも同じアーキテクチャと同じチップ設計に基づいていますが、GPU構成を比較するとRX 5700はわずかにカットオフされています。

NaviベースのRadeon RX 5700シリーズは、PCIe 4.0をサポートする最初のグラフィック製品でもあり、PCIe 3.0と比較して2倍の帯域幅を提供します。

各カードの仕様を説明する前に、XT以外の兄弟と比較してより高級な外観になるように設計されているRadeon RX 5700 XT自体の設計を検討する必要があります。 参照の変形はすべてのアルミ合金の覆いおよびバックプレートを特色にする。

カード内部には、送風ファンによって冷却される強化された蒸気室があります。

ベーパーチャンバーのベースには、Radeon VIIグラフィックスカードで使用されているパッドと同様のグラファイトサーマルインターフェース材料が使用されています。

カードのPCBは、AMDが設計した7フェーズデジタルVRMを提供しています。

それでは、仕様を簡単に見てから、パフォーマンスの数値に進みましょう。

 

AMD Radeon RX 5700 XTオフィシャル仕様

2枚目のカードはNavi Pro GPUベースのRadeon RX 5700です。

Radeon RX 5700 Proの命名規則を採用していないのは、コンテンツ作成者やワークステーションPCを対象としたAMD独自のプロシリーズカードと区別するのが難しいからです。

このカードには、2304個のストリームプロセッサ、256個のTMU、64個のROPがあります。 クロックは1465MHzベース、1725MHzブーストクロックおよび1625MHzゲームクロックに維持される。

ピークブーストクロックでは、このカードは7.95 TFLOPのComputeパフォーマンスを実現することができます。

このカードは8 + 6ピンコネクタ構成を持ち、定格TBPは180Wです。 AMD Radeon RX 5700の正式価格は379ドルです。

今TBPに基づいて、このカードは175W TBPグラフィックスカードであるRTX 2070に対して置かれるべきです。

AMDが最新の7nmプロセスノードを使用しているのに対し、NVIDIA Turingカードは12nm FinFETをベースにしているため、効率の観点から両方のカードを比較するのは興味深いでしょう。

 

AMD Radeon RX 5700 XT 50周年記念エディションの公式仕様

AMD Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700に加えて、AMDはまた、1680 MHzのベースクロック、1830 MHzのゲームクロック、および最大1980 MHzのブーストクロックの周波数を持つブラックとゴールドのシュラウドを搭載した、彼らのRadeon RX 5700 XTの50周年記念版の変種も発売しています。

この変種は、合計で10.14 TFLOPの計算能力を発揮し、Radeon RX 5700 XTよりも5〜10%高速になるはずです。

この亜種は、499米ドルでご利用いただけます。

グラフィックカードRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)
ストリームプロセッサー2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs256 / 64256 / 64
ベースクロック1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1755 MHz1625 MHz
演算性能9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
メモリ容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit
メモリ帯域448 GB/s448 GB/s
TBP225W180W
価格(USドル)$449 US$379 US
発売2019/72019/7

Radeon RX 5700「7nm Navi RDNA GPU」機能セット:

Radeonマルチメディアエンジン - シームレスストリーミング

 

  • 改善された符号化(新しいHDR / WCG符号化HEVC)
  • 8Kエンコード(HEVC&VP)
  • 40%のエンコーダスピードアップ

ナビのステータス


40のRDNA計算ユニット

  • 80スカラプロセッサ
  • 2560ストリームプロセッサ
  • 160 64 b双線形フィルターユニット

 

マルチレベルキャッシュ

  • 4MB L2、512Kb L1
  • 2×V $ L0の負荷帯域幅
  • どこでもDCC

合理化されたグラフィックエンジン

  • ジオメトリエンジン(4プリズムシェーダアウト、8プリムシェーダイン)
  • 64ピクセル単位
  • 4つの非同期計算エンジン
  • バランスの取れた仕事配分と再配分
  • 低電力で高周波用に設計されています

新しい計算ユニット設計

多様な作業負荷に対する優れた計算効率

  • 2倍の命令レート(2倍のスカラユニットと2倍のスケジューラで有効)
  • シングルサイクルの問題(SIMD32でWwave32を実行することで有効になります)
  • デュアルモード実行(Wave 32およびWave 64モードはワークロードに適応)
  • リソースプーリング(2つのCUがワークグループプロセッサとして調整)

AMD Radeon RX 5700シリーズオフィシャルパフォーマンスナンバー

AMDはまた、彼らのRadeon RX 5700シリーズグラフィックスカードの正式な性能数値も共有しています。

両方のカードのパフォーマンスは、1440pの解像度でさまざまなタイトルで示されており、Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700グラフィックカードは、平均して競合他社よりも10%高速になります。

Radeon RX 5700 XTはNVIDIA GeForce RTX 2070に対してピットインし、Radeon RX 5700はNVIDIA GeForce RTX 2060に対してピットインします。

価格を比較すると、AMD Radeon RX 5700 XTは、GeForce RTX 2070に対して$50安価であるのに対し、Radeon RX 5700は379ドルで、GeForce RTX 2060よりも30ドル高価になり、グラフィックパフォーマンスは10%向上しています。

turingベースのNVIDIA GeForce競合他社に対するこれらのカードの効率性の数値を見るのは興味深いでしょう。

どちらもDLSSとRTXを特徴としているのでアーキテクチャ上の利点があるようですが、GeForce以外のオプションを探しているゲーマーには、AMD Naviがついに登場します。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5700 XT Faster Than GeForce RTX 2070 at $449, Radeon RX 5700 Faster Than GeForce RTX 2060 For $379 Officially – 7nm RDNA Navi GPUs With GDDR6

解説:

AMDのRadeon RX5700シリーズがついに登場しました。

レイトレーシングへの言及は無しなので、正式にレイトレーシングのハードウェア再生支援機能は無しということになります。

よってPS5、Xboxのハードウェアレイトレーシング再生支援機能はないということになります。

私の予想通りにソフトで何とかするという形なのでしょう。

ほぼ事前の情報通りだったので、特に今回の記事で語ることはありません。

価格がそれぞれ$449、$379ということですが、下位モデルのRX5700はRTX2060より$30高価であるにも関わらず、10%程度の性能アップしかありません。

価格的には頑張っている方だと思いますが、7nmのコストがそれほど安くないことが伺える価格設定と言えます。

今回発表された第一世代Naviに関しては、今までのRadeonとGeforceの関係とそう大きく変わらないということになりそうです。

1世代分の製造プロセスのアドバンテージをもってしてこれですから、なかなか厳しい結果と言えるのではないでしょうか。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.