GPU情報

AMD Radeon RX 5700 XT 7nm Naviグラフィックスカード最終仕様リークアウト - 2560コア、8 GB GDDR6 VRAM、最大1905 MHzのクロック速度

投稿日:

7nm Navi GPUアーキテクチャを搭載したAMD Radeon RX 5700 XTグラフィックスカードの最終仕様は、Videocardzによってリークされました。

仕様は2019年7月に主流のゲームセグメントに到着している2つのRadeon RX 5700シリーズグラフィックスカードのうちの1つを確認します。

 

AMD Radeon RX 5700 XT仕様リーク:2560コア、8 GB GDDR6 VRAM、9.75 TFLOPの計算能力

AMD Radeon RX 5700 XTは、最新のRDNAコアアーキテクチャを利用する7nm Navi GPUに基づいています。

AMD自身によると、RDNAアーキテクチャは改良されたCUまたはCompute Unitデザインをもたらし、これは既存のGCNベースのグラフィックカードよりもはるかに優れたゲームパフォーマンスを提供するはずです。

Navi GPUの主なアップグレードには、次のものが含まれます。

  • 新しい計算ユニット設計
  • マルチレベルキャッシュ階層
  • 合理化されたグラフィックパイプライン

仕様の面では、Radeon RX 5700 XTには合計40個のComputeユニットが付属しています。また、AMDはすでにComputeユニット設計に64個のストリームプロセッサが搭載されていることを確認しています。

チップ自体は1605 MHzのベースクロックで動作しますが、さらに2つのクロック速度、ブーストクロック、およびゲームクロックを含みます。

ブーストクロックの定格は1905 MHzで、ゲームクロックの定格は1755 MHzです。

これら2つの違いから私が判断することができるのは、ブーストはリファレンスカードがヒットすることができるだろう最大速度ですが、ゲーム中の平均クロック速度は「ゲームクロック」それ自体です。

このブーストクロックにより、AMDはRadeon RX 5700 XTから最大9.75 TFLOPの単精度計算を期待しています。

このカードは、256ビット幅のバスインターフェース上で動作する8 GBのGDDR6メモリを搭載していることも確認されています。

AMDがNVIDIAと同じ14 Gbps GDDR6ダイを選択したのか、10-12 Gbpsで動作するより安価な代替品を選択したのかを見るのは興味深いでしょう。

それに加えて、XT製品があるので、AMDグラフィックスカードの場合にはいつもそうであったカットダウンProの変種もあるべきであることを指摘しておくべきです。

それで、AMDが彼らのE3「Next Horizon」イベントの間に発表の準備ができているRadeon RX 5700 Proも持っているなら、それは驚きではないです。

 

AMD Radeon RX 5700「ナビGPU」初の詳細が明らかに - 180Wおよび150W TDPの2つのSKU

概念に加えて、私たちはComputexのインサイダーから、Radeon RX 5000グラフィックスカードに関する情報をいくつか教えてもらった。

私達の情報源によると、AMD Radeon RX 5000シリーズは2つのバリエーション、225W TBP(総ボード電力)を備えた180W TDPモデルと180W TBPを備えた150W TDPモデルを特徴とすると言われています。

AMDは、それ自体が180W TDPグラフィックスカードであるGeForce RTX 2070に対する彼らのRadeon RX 5700グラフィックスカードのデモを見せた。

 

AMD Radeon Navi RX 5700のリーク仕様および噂価格

製品名GPUストリーム
プロセッサー数
メモリバス幅メモリ容量価格(USドル)発売日
RX 3080Navi XT2560256-bit8 to 16GB$499 US2019/7/7
RX 3070Navi Pro不明不明不明$399 US2019/7/7

NVIDIA GeForce RTX 2070よりも10%高速なRadeon RX 5000シリーズグラフィックスカードのデモをすでにいくつか示しました。

また、少なくとも2種類の製品が発売されることを知っています。

180WTDP(225W TBP)は約499ドル、150W TDP(180W TBP)は約399ドルです。

価格設定はまだ確定されていませんが、数週間後にE3で開催されるNext Horizon Eventで詳細が予想されるため、その範囲については引き続き調整してください。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5700 XT ‘7nm Navi’ Graphics Card Final Specifications Leak Out – Features 2560 Cores, 8 GB GDDR6 VRAM and Up To 1905 MHz Clock Speeds

 

解説:

Radeon RX5700XTの仕様がリークしました。

40CU、40(CU)X64=2560SPですね。

ゲームクロックという耳慣れない言葉が出ていますが、連続負荷状態における最高クロックのことなのでしょう。

Navi Proはカットダウンモデルになると予想されていますね。

7nmは12nmに比べれば歩留まりはよくないはずで、選別落ち品もそれなりに出ると思いますので、合理的に考えると下位モデルがあると予想するのは当然ということになります。

TDPに関しては同じ性能で爆熱のRadeon、省電力のGeforceという構図は変わらないようです。

GCNの呪縛から完全に開放されるのは次期Naviからということになるというのは既報の通りです。

E3でもっと詳細が明かされると思いますので、確定情報はそこまで待つ必要があるでしょう。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.