その他

PCI-SIG、PCI Express 5.0の最終仕様を発表 - 32GT/sで検証済み、PCI Express 4.0の2倍の速さ

投稿日:

PCI-SIGは、32GT/ sの速度を実現することが検証された、新しいPCI Express 5.0プロトコルの最終仕様をリリースしました。

新しいPCI Express 5.0プロトコルでは、PCI Express 4.0に比べて2倍の増加が見込まれます。

これは、決定までわずか18か月であったことを考えると驚くべき偉業です。

 

PCI-SIGが正式にPCI Express 5.0プロトコルを発表、PCI Express 4.0の2倍の帯域幅改善

この発表には、最大帯域幅32 GT / sのビットレートを提供すると評価されているPCI Express 5.0プロトコルの最終仕様のリリースも含まれています。

リンク速度は、x16リンクで最大128 GT/s(x 8リンクで64 GT/s、x 4リンクで48GT/s)まで拡張できます。

信号および機械的性能を向上させるためにいくつかの変更が加えられていますが、PCI Express 5.0プロトコルはPCIe 4.0、3.0、2.0および1.0プロトコルとも下位互換性があります。

※ クリックで別window・タブで開きます。

  • PCI Express 5.0の主な特長は次のとおりです。x16構成で32 GT / sの生ビットレートと最大128 GB / sを提供
  • 拡張されたタグとクレジットを介して、PCIe 4.0仕様とその高速サポートを活用して追加
  • 信号の完全性とコネクタの機械的性能を向上させるために電気的な変更を実施
  • アドインカードを対象とした新しい下位互換性のあるCEMコネクタが含まれています
  • PCIe 4.0、3.x、2.x、および1.xとの下位互換性を維持

PCI-SIG会長兼会長であるAl Yanes氏は、次のように述べています。 「18ヵ月でPCIe 5.0仕様を完成させることは大きな成果です。これは、業界のパフォーマンスニーズを満たすためにPCIeテクノロジを進化させるために熱心に取り組んできたメンバーのコミットメントによるものです。 PCIeアーキテクチャは、当面の間、高性能I / Oの事実上の標準として引き続き機能するでしょう。」

「PCI-SIGは、27年間にわたり、前世代のインタフェースとソフトウェアへの投資を維持しながら、次世代システムに必要とされる無限の帯域幅の増加に対応できるように、I / O規格の新しいバージョンを継続的に提供してきました。」 Insight 64のリサーチフェローであるNathan Brookwoodは、次のように述べています。「その間、ピーク帯域幅は133 MB /秒(最初の32ビットパラレルバージョンの場合)から32 GB /秒(V4.0 x 16シリアルバージョンの場合)に増えました。 240倍の改善。よし!新しいPCIe 5.0規格では、その2倍の64 GB /秒になりました。ワオ。私たちはこのパフォーマンスの向上を当然のことと考えていますが、実際には、これらの移行を非常にシームレスに実行するには、PCI-SIGの多くのメンバー間で協調的な努力が必要です。」

PCI-SIGより

 

業界リーダーからの補足的な引用は以下の通りです。

AMD

「AMDは、業界へのPCI Express 5.0仕様の発表と、将来の2倍のパフォーマンスの向上が期待されているPCI-SIGを祝福します。 今年初のPCIe 4.0仕様CPUの市場投入が予定されており、将来のPCIe 5.0テクノロジを使用したエンドユーザーの帯域幅要求を満たすことを楽しみにしています。」

〜Gerry Talbot、AMDテクノロジー&エンジニアリンググループ、AMDコーポレートフェロー

Astera Labs

「2年以内に完成したPCI Express 5.0テクノロジは、次世代サーバーのコネクティビティバックボーンとなりつつあります。 革新的なコネクティビティソリューションのプロバイダーであるAstera Labsは、堅牢なPCIe 4.0およびPCIe 5.0相互接続を可能にする専用のシグナルコンディショニング製品を使用して、新しいテクノロジと新しい異種コンピューティングトポロジをサポートします。」

〜Ather Labsのチーフビジネスオフィサー、Sanjay Gajendra

Cadence

「PCI-SIGが発表したPCI Express 5.0仕様の発表は、コンピューティングおよびネットワーキングアプリケーションに対する要求の高まりに対応するための重要なステップです。帯域幅が32GT/秒に倍増すると、I/Oのボトルネックが大幅に減少し、アプリケーション全体のパフォーマンスが向上します。PCI Express仕様の開発への継続的な貢献者として、Cadenceは完全で高品質のPHYとコントローラIP、そしてTripleCheck検証技術を含む検証IPでこの最新リリースをサポートします。この包括的なケイデンス製品は、開発コストとリスクを削減しながら、堅牢で高性能なソリューションでお客様がより早く市場に参入できるようにします。」

〜ケイデンスデザインシステムズのIPグループにおける研究開発、コーポレートバイスプレジデント、Amjad Qureshi

Intel

「インテルは、オープンスタンダードがプラットフォームの革新を促進し、健全なエコシステムを創造し、そして市場の成長を加速すると信じています。 PCI Expressアーキテクチャの創設者として、新たにリリースされたPCIe 5.0仕様を全面的にサポートし、高性能、マルチプラットフォーム、オープン相互接続というPCI Express仕様の伝統を継続することを楽しみにしています。」

〜Dr. Debendra Das Sharma、Intelフェロー、およびI/O Technology&Standardsのディレクター、PCI-SIG®取締役会のメンバー、Intel Corporation

Mellanox Technologies

「データの急激な増加と、より高いデータセンターパフォーマンスへの要求の高まりに伴い、コンピューティング、インターコネクト、ストレージインフラストラクチャ間で最速のデータ速度が求められています。 Mellanox高速InfiniBandとイーサネットソリューション、およびPCI Express 5.0テクノロジの組み合わせは、次世代の高性能コンピューティング、人工知能、クラウド、データベース、ストレージ、およびその他のアプリケーションに力を与えます。」

メラノックステクノロジーズ、マーケティング担当副社長、Gilad Shainer

NVIDIA

「PCI Express 5.0テクノロジは、以前のバージョンのPCIe仕様とのソケット互換性を維持しながら、帯域幅を2倍の64GB/sに倍増することで、グラフィックスと高性能コンピューティングを向上させます。 私たちはPCI-SIGチームの一員であることを誇りに思い、この次の進化によって引き起こされる革新を楽しみにしています。」

〜NVIDIAの戦略的パートナーシップ担当シニアディレクターで、NVIDIAのPCI-SIG®取締役会のメンバー、Michael Diamond氏

Synopsys

シノプシスは、10年以上に渡ってPCI-SIGの積極的なメンバーとして、PCI Express 5.0仕様の定義を支援することに深く関わってきました。 PCIe 5.0向けの完全なDesignWareコントローラ、PHY、および検証IPソリューションを早期に市場に提供することで、多くのお客様が高度な32 GT/s SoCをテープアウトすることが可能になりました。

Synopsys社、IPのマーケティング担当副社長、John Koeter氏

人工知能、機械学習、ビジュアルコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング以外にも、ゲームはPCI Express 5.0用の高性能市場アプリケーションとなるでしょう。 Intelのリークされたロードマップによると、PCI Express 5.0のサポートは次世代のSapphire Rapids Xeonプラットフォームで行われる予定ですが、コンシューマプラットフォームでも同じことは言えません。 AMDがPCIe 4.0の最初の製品であるため、消費者向けのHEDTと主流のプラットフォームで、Gen 5に実際に出荷するのは誰が最初なのかを確認する必要があります。

ソース:wccftech - PCI-SIG Releases Final PCI Express 5.0 Specifications – Validated at 32 GT/s, Twice As Fast as PCI Express 4.0

 

解説:

この記事はComputexの前からtechpowerupで出ていたのですが、他に重要なニュースが多かったので、後に回していました。

手が回るようになったので翻訳します。

PCI Express5.0の最終仕様が発表になりました。

PCI Express4.0がこれから出るのにもう5.0かと思われる方もいると思います。

それもそのはず、PCI Express3.0と4.0間は10年も空いてしまっています。

PCI Express3.0の帯域を出すのに技術的にかなり難産だったことと、1.0/2.0と比較すると3.0はなぜかintelがあまり熱心ではなかったといわれています。

4.0も多分その流れだと思いますが、5.0に関してはintelがかなり熱心で、すでにサーバーに搭載することが決定しています。

4.0に関してはintelはIcelake世代からサポートするという話が出ていますが、これも遅れているため、AMDの方が先になってしまいました。

PCI Express 3.0があまりにも長く続きすぎたため、NVMe SSDの速度はPCI Express3.0の帯域がボトルネックになってしまっていますね。

4.0世代がどのくらい続くかわかりませんが、サーバーで使う仕様をそのままおろしてくるならば、意外に短命になってしまうかもしれません。

ちなみに、3.0の時はサーバーで採用された一年後にデスクトップに降りてきました。

互換性が確保されているので、あまり意識されることが無い規格ですが、NVMe SSDの速度が頭打ちになっているのを見ると、さすがにPCI Express3.0はもう限界だと思います。

 

 

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.