マザーボード関係

Biostar X570 Racing GT8マザーボードはAMD Ryzen 3000 CPU用に設計され、最大4000 MHz OC +メモリをサポート

投稿日:

※ クリックで別Window・タブで拡大

 

AMD Ryzen 3000プロセッサ用のBIOSTARのX570 Racing GT8マザーボードは、メーカー自身にほんの数週間前にいじられた後に流出しました。

Videocardzによると、BIOSTARはComputex 2019まで待てず、彼らの熱心なグレードのAMD X570チップセット搭載AM4マザーボードを彼らの製品カタログに載せることができなかったので、特定の製品に関するすべての詳細を示した。

 

BIOSTAR X570 Racing GT8マザーボードが、AMDの次世代Ryzen 3000シリーズプロセッサ向けの熱狂的なグレード設計を漏らしています

数週間前にマザーボードを垣間見ることができましたが、製品カタログにはX570 Racing GT8のすべての仕様が詳細に記載されています。

詳細から始めると、X570レーシングGT8はBIOSTARからラインX570レーシングシリーズ製品のトップであるように見えます。

 

第4世代のRACINGシリーズと次世代のゲーミングソリューション

高性能マザーボードのBIOSTAR RACINGシリーズは、性能と美学のための最新の技術を特徴としています。

BIOSTAR RACINGシリーズは、安定性と信頼性の高いパフォーマンスを求めるゲーマーやパワーユーザーを対象としています。

BIOSTARは、次世代のAMD Ryzenプロセッサを搭載した第4世代のRACINGシリーズのデモを行い、ゲーム、エンターテインメント、そしてプロフェッショナルな用途での機能を強調します。

BIOSTARより

 

レーシングシリーズのラインナップの一部であるシルバーのアクセントを持つフルブラックカラーのテーマが特徴のようです。

12フェーズVRMは、2つの金属製フィンヒートシンクで冷却されています。

4つのDDR4 DIMMスロットの横にAM4 CPUソケットがあり、最大4000 MHz(OC +)の速度で最大64 GBのメモリをサポートできます。

メモリ速度は確かに第二世代Ryzenプロセッサからの良い上昇です。

X570 Racing GT8がDDR4-4000をサポートできるのに対し、BIOSTARのX470 Racing GT8はDDR4-3200 MHzしかサポートできない状況をスペックシートの比較で見ることができ、最近のレポートで示されているように、他のハイエンドボードでサポートされているさらに高いメモリ速度を見ることが出来ます。

※ クリックで別Window、タブで拡大

 

マザーボードのバッテリートレイは、I / Oカバーのすぐ隣にあります。バッテリーに手が届くようにするために複数の拡張カードを使用している場合は、近づきやすくなります。

マザーボードには3つのPCIe 4.0 x 16スロット(電気x 16、x 8、x 4)が付属しており、そのうちの2つは金属製ブレースで保護されています。

ストレージには6つのSATA IIIポートがあります。

PCIe Gen 4は、AMDのX570プラットフォームとして承認されているので、今後のすべてのAM4ボードが新しい規格をサポートすることになるはずです。

ネットワークまたはストレージAICに使用できる3つのPCIe 4.0 x 1スロットもあります。

3つのM.2スロットがあり、そのうちの1つはフルレングス(※)です。

※M.2デバイス2280を指しているものと思われる

すべてのM.2スロットにはヒートシンクが付いており、NVMeドライブをより低温で動作させることができます。

X570チップセットの上にあるPCHヒートシンクは、7枚羽根ファンによって積極的に冷却されます。

 

BIOSTARは、低ノイズのためにオフまたはオンになった場合にユーザーが切り替える機能を提供する予定です。

I / Oでは、DisplayPort、HDMI、DVI、PS / 2、4つのUSB 3.1 Gen1、2つのUSB 3.1 Gen 2(Type-A + Type-C)、1つのGigabit Ethernet LANポート、 7.1チャンネルのHDオーディオジャックが存在します。

BIOSTARのX570 Racingマザーボードは非常に堅実な選択肢のようです。 PRを読んでわかることから、BIOSTARのブースには複数のX570マザーボードが展示されることになると思います。

 

それはは次世代X 570チップセット - Ryzen 3000シリーズCPUのための新しい家

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。

AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサファミリに新機能が追加されることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。

X570プラットフォームは、すべてPCIe Gen4ソリューションになるでしょう。つまり、これはおそらく、新しいPCIe規格のサポートをフィーチャーした最初のコンシューマープラットフォームになるでしょう。

ただし、AMD Ryzen 3000シリーズが前回と同じようにX570ボードとのみ互換性があることを意味するわけではありません。新しいCPUは、X470およびX370ボードとも下位互換性があります。

 

それは確かに新しく発売されたX570ラインナップで利用可能になるのと同じ機能セットを表示しないでしょう

しかし、マザーボードを一からアップグレードする手間をかけずに、新しいCPUを取り付けてPCを使い続けたいユーザーのための、完全に安定した機能を備えています。

2019年5月27日に開始されるComputex 2019でさらなる情報を期待してください。

ソース:wccftech - Biostar X570 Racing GT8 Motherboard Leaks Out – Built For AMD Ryzen 3000 CPUs, Up To 4000 MHz OC+ Memory Support

 

解説:

またしてもBIOSTARからComputex2019の前にマザーボードの仕様が公開されました。

正直言ってあまり良いこととは思いませんが、我々にとってはありがたいです。

X570マザーボードの仕様が載っているBIOSTARのPDFファイルは下のリンクからダウンロードできます。

参考リンク:BIOSTAR 製品一覧PDF

多分Computexまでは情報公開しちゃダメってことになってると思うのですが、PDFにして「ウッカリ乗せちゃった。ウフッ」で済ますつもりなのでしょうが、ほぼ確信犯であり、これで許してもらえるのかどうか不安になるほどです。

さすがは僕らのBIOSTAR。

わたくしは買いませんがどなたか買ってあげてください。(笑

御三家+Asrockも今回は本気でX570の覇権を取りに来ると思うので、BIOSTARの出番は今のうちしかないと思うので、これは正しい行動だとは思います。

まあ、こういうメーカーが一つはあってよいと思いますが、また各自作ショップで真っ先に入荷するんですかね。

最後は余ってましたけど(笑

こういうことを言ってると最終的にBIOSTARのマザーを使うことになるような気がしています。(笑

BIOSARさんの名誉のために言っておきますと、ちゃんと使える製品だと思います。使ったことないですけど。

私も推奨メーカーと言いながらサイトで一度もASUS使ってないので、そろそろ使わないと気分的にちょっとまずい感じです。

BIOSARさんのカタログを見るとMini-ITXがラインナップにないのですが、大丈夫かなあと思ったり思わなかったり。

正式に発売されたら御三家+Asrockのマザーは即蒸発するんじゃないかと思うんですけどね。

まあ、仕様としてはX470のATXマザーであるRacing X470 GT8に準ずるもので、違いといえば元記事にある通り、メモリがDDR4-4000に対応していることくらいです。

Ryzen3000シリーズはDDR4-5000に対応しているといわれていますが、これはフラッグシップの16コアモデルの能力を最大限引き出すための理想のメモリスペックであり、現時点でほとんど存在していない(わたくしの知る限りでは存在していないと思うのですが)、DDR4-5000に対応するのは現実的でないのでこれは仕方ないのかなと思います。

現実的に考えると、流通価格を考慮するとDDR4-3000から4000あたりのメモリと組み合わせるのが一般的になるのかなと思います。

16コア32スレッドがフルに活用されるとそれだけの帯域が無いと性能が落ちる状況が存在するからそのような仕様になっていると思うのですが、そういう用途は多分限られると思います。

まあ、現時点では断言はできませんが・・・

 

 

 

 

 

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.