その他

サムスン、2030年までに1,115億ドルのマンモスを投資してモバイルチップの優位性を獲得し、クアルコム、アップル、ファーウェイを買収

投稿日:

サムソンはすでに世界でナンバーワンのメモリチップメーカーであるが、今ではロジックチップ開発の最先端にいたいと決心した。

その野心をサポートするために、同社は10年間の計画を発表しました。

その過程で、およそ1,150億ドルがプロセッサに使われるでしょう。 あなたのほとんどは、サムスンの社内チップ開発事業に精通しています。

 

韓国の大手企業は、モバイル機器向けの効率的で強力なSoCを製造するために、数百万もの人々を駆り立て、また、Exynos 5100 5Gモデムでモバイルコネクティビティ事業にも参入しました。

今後10年間で投資額が増加しているサムソンは、クアルコム、アップル、ファーウェイなどと競争したいと考えています。

 

サムソンは毎年2030年までにナンバーワンのロジックチップメーカーになるために同社のチップ事業に960億ドルを投入する

20億年まで、毎年数十億ドルもの投資が均等に配分されることになります。

つまり、韓国の巨人は、プロセッサの開発に毎年約96億ドルを費やすことになります。

研究開発とは別に、この新しい投資は鋳造工場の開発と15,000人の新規雇用の創出も支援します。

そして、そのプロセッサゲームを急上昇させることに加えて、韓国の財閥はまた、他の会社のためにチップを製造するTaiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)を引き受けることを目指しています。

 

サムソンは現在、契約チップ製造において19%の市場シェアを持っています。

マーケットリーダーのTSMCは今年、100億ドル以上の投資を予定しており、これはSamsungの計画支出とほぼ同じです。

もちろん、投資は韓国の巨人が実際に他の確立されたプレーヤーに挑戦することができるという保証ではありません。

しかし、投資が10年の期間にわたって分散されていることを考えると、同社がそれをうまく着実に果たし、最終的にはクアルコム、アップル、ファーウェイなどに追いつく可能性があることは明らかです。

 

SamsungのExynosプロセッサは、ある面ではクアルコムのSnapdragonチップセットに匹敵するが、特にグラフィックとモデムの部門では、まだ改善の余地がある。 SamsungのチップはAppleのAシリーズプロセッサには何も関係がない。

これはモバイルデバイスでデスクトップレベルの性能を提供すると言われている。

自社製チップの開発は、クアルコムの製品があまり提供されていないと感じるのであれば、いくつかのスマートフォンOEMがサムソンのキャンプに出荷するだけかもしれないことを意味します。

 

近年、サムソンはスマートフォンの利益が急落し、同社の半導体部門が2018年の営業利益の75%を占めているが、メモリチップ市場は非常に不安定である。

これが、同社が自社のスマートフォンに加えて、自律走行車やAI機器に燃料を供給するためのチップにもっと焦点を当てたいと考える理由の1つです。

事業の多様化は、サムスンがスマートフォンとタブレット部門からの損失を減らすのに役立ちます。

 

韓国の製造業者もAppleにOLEDスクリーンの大部分を供給し続けるだろう、しかし、より多くのパートナーが加わったことで、Samsungはディスプレイ製造部門から、Appleが2017年にiPhone Xを発売したときと同じ利益を享受することを期待すべきではない。

ソース:wccftech - Samsung to Invest a Mammoth $115 Billion by 2030 to Obtain an Edge in Mobile Chips and Take on Qualcomm, Apple, and Huawei

 

解説:

この話を聞いてびっくりした人もいると思います。

この話を取り上げたのはこの世界ではこの話に見解を出せるのは私しかいないと思ってるからです。

この話が実現するかと言ったら現時点では難しいといわざるを得ないです。

おそらく、元記事はアジア情勢に詳しくない人が書いたのでしょう。

サムスンは確かに巨大な企業で、intelと世界トップを争う企業です。

 

しかし、現在韓国は政治的な苦境に立たされており、左翼より、労働者よりの政策を進める大統領によって韓国の企業の業績は急速に悪化しています。

ソース:

業績が悪すぎた?サムスンが異例の予想発表=韓国ネットに不安広がる

韓国経済失速、裏目に出た文政権の低所得者層優先政策

韓国で一体今何が行われているかというと、企業と調整せずに最低賃金を上げ続けて、企業がバタバタと倒産しています。

大統領が変わる前の最低賃金は日本以下だったのですが、今は日本より上です。(笑

当然ですが、金が天から降ってくるわけではありませんので、最低賃金に払えない金額を設定されたら「雇わない」(雇えない)ということになります。

するとどうなるかというと、賃金は上がるが雇用者数が減って前よりもっと景気が悪くなるということになります。

経済の素人が実権を握ってしまったが故に、こういった悲惨な状況に陥っているということです。

 

さらに、北朝鮮の制裁を解除されることを前提に禁止されている石油製品などを北朝鮮に瀬取で融通し、アメリカから厳しい目で見られています。

韓国も北朝鮮と一緒に制裁対象になる可能性があり、制裁対象になるとどうなるかというと、世界中の銀行から取引が停止されます。

「米、韓国の銀行にセカンダリーボイコット」…金融委「事実でない」

米上院議員19人「セカンダリー・ボイコット」要求(2016年の記事です)

具体的にこの話は2016年あたりから頻繁に出ており、アメリカもすでに韓国に対しては堪忍袋の緒が切れていますので、何時制裁が始まってもおかしくない状況になっています。

アメリカの議会で法案が審議されるところまで行っています。

世界中の銀行から取引が停止されれば、韓国の企業は一瞬で倒産するでしょう。

サムスンの業績も急速に悪化していますので、元記事の話が実現するのは今のムン大統領が突然死でもしない限り難しいといわざるを得ないです。

私がサムスンの製品を敬遠するのは、私がブログを始めたときにはすでにこういう状況だったからです。

日本でも度重なる韓国の挑発によって、日本国内にある韓国企業に対する税務調査の強化や韓国向けの送金手続きなどが複雑化し、すでに目に見えない制裁とでもいうべきものが始まっている状態です。

このような対応を行う背景はやはり、アメリカからもゴーサインが出ているのでしょう。

日本では韓国に都合の悪い話というのはなぜか報道されないので、韓国、韓国製品を押している方はこういったことをこまめに調べておいた方がいいです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.