その他

NVIDIA:Turing GPUが最初の8週間でPascalを45%上回る売上を記録

投稿日:

NVIDIAは最近その Investor dayを開催しましたが、このイベントでのより興味深い宣言の1つは、デスクトップ収益の最初の8週間で同社が実際にPascalよりもはるかに多くのTuring GPUを販売したという事実でした。

この指標が明らかにされたのは、間違いなく同社に対する投資家の信頼を回復することを目的としたものであり、かなり悪い四半期となったことを考えると、それは多くの意味があります。

 

NVIDIA:インストールベースの90%が$ 279 GTX 1660 Tiの性能レベルを下回っている

Pascalは3年前の2016年に5月中にほぼ完全にリリースされました。

それは真に革命的なアーキテクチャであり、NVIDIAのこれまでで最大のサクセスストーリーでした。

それはあらゆる点で期待を上回り、すぐに至高の存在として君臨することができました。

Turingは旧モデルをリードすることになっていました、しかしこれまでのところ、その立ち上げはNVIDIAの最終的に破壊された四半期と暗号通貨クラッシュの余震で損なわれました。

 

しかし、NVIDIAの統計を信じるのであれば(そしてそれらを疑う理由はありません)、Turing GPUは実際にはPascalの最初の売り上げよりも良くなっています。

最初の8週間は、暗号通貨ブームが2017年中に始まったため、間違いなく暗号通貨のない期間の売上高を表しています。

したがって、これは暗号通貨ブームの影響を排除し、心配することなく比較できるクリーンな期間です。

NVIDIAは、暗号通貨ブームが市場に与えた影響を取り除けば、TuringはPascalの売り上げよりもほぼ45%勝っていると主張しています。

 

同社が私たちに任せたもう一つの主要な引用は、インストールベースの90%が現在、GTX 1660 Tiパフォーマンスレベルを下回っているという事実でした、それは実際には全く高価ではありません(MSRPは279ドルにすぎません)。

これが本質的に意味することは、NVIDIAがGTX 1660 Tiをそのゲームラインナップの事実上の標準として位置づけており、そしてこの1660 Tiクラスのインストールベースを利用してそれらを手ごろな価格で強力なオプションにアップグレードすることを計画するということです。

 

GTX 1660 TiはTuringアーキテクチャに基づいていますが、RTとTensorの大規模なコアがなくても、追加されたRTXラインナップの追加機能無しで、Pascalのための標準的なアップグレードパスを提供しています。

現在のところ、インストールベースの2%がTuringに移行していますが、50%はPascalにとどまっています。

これは、アップグレードのための別のソースであり、旧世代のアーキテクチャ上にほぼ48%を残していることになります。

 

NVIDIAはまた、ユーザーの大多数は上位版を購入をしていると述べており、これは商品購入習慣としては自然です。

ユーザーの可処分所得が時間とともに増加するにつれて、彼らはディスクリートGPUのような高級商品にますます多くを使うことになります。

これには、GTX 1660 Tiが紛れもないモバイルGPUとしての地位を確立することを期待されているため、モバイル版も含まれます。

その効果を強調するために、同社はさらに今後の見積もりを提出しました。

 

全体として、同社は自社製品の圧倒的な強みについて人々に指摘し、思い出させるという素晴らしい仕事をしてきたと思う。

そして手頃な価格で非常に強力なグラフィックスカードであるGTX 1660 Tiを使って、謙虚に基本に立ち返っていることがわかります。

Stadiaとの提携を発表したAMDの株価を考えると、これはかなりまともな成果だと考えている。

また、同社がRTXの理念を発展させ続けることは明らかですが、それが成功するかどうかは時間の問題となります。

ソース:wccftech - NVIDIA: Turing GPUs Have Sold 45% More Than Pascal In First Eight Weeks Of Revenue

 

解説:

Investor dayでnVidiaが出してきた資料を基にした記事です。

ゲーミングGPUの売り上げは前年同期比で45%程度だったが、Pascalの時と比較すると45%上回っているということです。

これには数字上のマジックが隠されており、ゲーミングGPU市場の売り上げ規模がどんな風に推移しているかの客観的資料がありません。

よって45%売り上げがアップしていても市場規模に見合ったものなのかどうかというのはわからないということです。(笑

マイニングの影響を受けなかった8週間ですので約2か月、一番よく売れる価格帯のGTX1660/Ti無しの数字としては上々だと思います。

前年同期はマイニングの売り上げが含まれていましたので、マイニング無しの売り上げとしてはこれでも妥当なくらい伸びているというのがnVidiaの主張のようです。

同社は「マイニングの影響は大したことがない」と言いつつ、Turingを延期し、GTX1060の在庫処分に苦しんできました。

海外の会社の発言というのはその時々や立ち位置によってかなり頻繁に変わるものですので、こういう、その時々で都合よく発表される発言やプレスリリースというものは確実に存在するということをよく覚えておいた方がよいです。

海外企業の言うことというのは簡単に信用しない方がよいということです。

嘘ではないが本当でもないこと、都合の悪い事実は出してこない発表、こういうことはよくありますので、海外企業の言うことをきちんと分析するには出してくる資料をきちんと読み込んで正確に分析し、矛盾点があるのかないのかをきちんと判別する能力が必要ということになります。

上の資料でゲーミングGPUの市場規模がどのように推移しているか計算されていないというのはその典型的なパターンです。

みずほ銀行の資料ですが、eSportsの市場というのは年30%で成長しているといわれています。

その数字に照らし合わせると、市場規模の拡大の割には成長率が芳しくないということになります。

まあ、正確な資料ではないですし、参考程度にしてください。

ここでは、「語られていない数字の裏には何らかの理由がある」ということを覚えておいてください。

 

私も発表されてから知ったのですが、AMDはGoogleのクラウドゲーミングシステムであるStadiaのパートナーシップであり、単体GPUにあまり力を入れてこなかった理由がこれで何となく見えてきました。

ゲーム機のGPUを供給していることと相まって、AMDの戦略というのはnVidiaとかなり大きく違ってきていると考えて差し支えないのではないかと思います。

単体GPUに強いのは確かにnVidiaでその牙城を崩すのは容易ではありませんが、AMDはそのルールそのものを壊すような仕組みに参加しているということですね。

我々PCゲーマーとしては少し考えこんでしまうような方向性ですが、戦略としては非常にまっとうだと思います。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.