その他 電源

Cybeneticsが電源の電源効率及び、ノイズレベルの認証バッジを発行

更新日:

Cyberneticsと言う会社が新しい電源効率の認証とノイズレベルの認証バッジを発行しました。

現在の80Plus認証はCLEAResultと言う会社が事務局を行っているようです。

80Plus認証 - 公式ページ

80Plus認証の内容に関しては以下の記事を参考にしてください。

参考:Seasonic、その他の電源

 

Cybeneticsの認証は何が違うのか?

ではCybeneticsの認証は何が違うのでしょうか?

80Plusと同じなら、新しい認証は必要ありません。

公式HPには以下のようにあります。

経緯

いくつかの効率認証プログラムはかなり古いものですが、実際のところ、そのおかげで大多数のユーザーが電源装置(PSU)の効率性の重要性を認識しました。

当然のことながら、ユーザーと共に、PSUメーカーも効率性を重視するようになり、他の分野の性能を犠牲にすることなく、より効率的なプラットフォームを提供するために、それらの間で終わりのない競争が繰り広げられています。
現在、非常に基本的な方法論に基づいた効率認証がいくつかありますが、その結果には疑問の余地が多く残されています。現在の効率認証に見られる重大な欠点は以下の通りです。

 

サンプル測定の数が限られていること

現在のすべての効率認証プログラムは、試験中のPSUをカテゴリーの1つに分類するために、限られた数の効率測定値のみを取得しています。

これは、誰でも簡単に特定の負荷レベルで最高の性能を発揮するようにPSUを調整することができ、それ以外のすべての部分で効率を犠牲にすることを意味しています。

また、それらの明白な方法論は最大定格容量負荷の10%、20%、50%および100%の正常な小売りの物より大いによく行う金サンプルによって容易に誤魔化すことができる。

これは軽視してはいけないことで、例えば、効率が高いと思われているPSUは、低い認証を受けたPSUよりも全体的な効率が低い場合がありますが、通常はその逆になるはずです。

当社のアプローチでは、PSUの動作範囲全体をカバーする総合的な効率評価を計算することができます。

これは、最終的な結果が非常に正確であることに加えて、すべての可能な使用シナリオを考慮に入れていることを意味します。

単一の効率評価番号により、当社の試験手順の複雑さが解消され、すべての消費者が効率のニーズに応じてPSUの購入を決定するのがはるかに容易になりました。

非常に低い周囲温度

現在の効率認証プログラムでは、非常に低い周囲温度ですべての測定を実施していますが、大部分のケースでは23℃に制限されています。

このような低い周囲温度は、通常PCシャーシ内に適用される条件としては非常に現実的ではありません。

動作温度が上昇すると、PSUの性能が低下し、これが効率に影響します。

一部のユニットでは、この性能の偏差が小さい場合もありますが、一部のPSUは動作温度の上昇によって大きな影響を受けます。

現在の効率認証プログラムでは、スタンバイ時の消費電力を考慮していません

ご存知のように、PSU内部の+5VSBコンバータは常時動作しており、これをシャットダウンする唯一の方法は、PSUから電源を抜くか、AC電源スイッチ(もちろんある場合)を使って電源を切ることです。

このコンバータの問題は、出力に全く負荷がかかっていなくてもエネルギーを消費することです(他のコンバータと同様)。

このエネルギーは無駄になるため、ファントムパワーまたはヴァンパイアパワーと呼ばれています。

ErP Lot 6 2013指令によると、EU市場で販売されるすべての電源は、スタンバイモードでの消費電力が0.5W未満でなければなりません。

5VSBの測定がない

最も一般的な効率認証プログラムでは、5VSBレールの効率測定が行われていないため、高認証のPSUは低効率認証のPSUに比べて5VSBレールの効率が低いことがわかります。

ユーザーが高効率PSUに投資する場合、彼/彼女はもちろん5VSBを含むすべてのレールで高効率であることを期待しているので、これは何か受け入れがたいことです。

偽の効率バッジ

現在、最も認知度の高い効率化プログラムには、偽の効率化バッジを使用している一部のメーカーに対処するための効果的な方法がありません。

それは彼らが効率的なPSUを購入していると信じるように消費者を欺くことができるので、これは非常に重要なものです。

ありがたいことに、組織が提供する性能評価バッジのいずれかを追跡する方法があります。

 

現在の効率認証プログラムには上記のような欠陥があることを考えると、私たちは、時代の要求の高まりに対応して、より良く、より現代的なものを提案する時が来たと考えていました。

旧来のアプローチは明らかにその年齢を示しており、発明者は今すぐ劇的な変更を行うことはできません。

PSUの効率を正確に測定するためには、試験結果のデータベース全体を犠牲にすることなく、将来的に簡単に変更できる新しい方法が必要です。

私たちの経験によると、試験方法論が提供するデータが多ければ多いほど、必要に応じてそれを修正/調整することが容易になります。

 

電源効率とノイズレベルに対する三つのプログラム

ETA(電源効率)

我々は、効率を表すために広く使用されているギリシャ文字「η」から派生した我々の新しい効率測定プログラムをETAと呼んでいます。

既存の方法論とは異なり、DUT(Device Under Test)では1450以上の異なる負荷の組み合わせを適用することを計画しています。

全体的な効率は、PSUの全動作範囲をカバーするすべての測定値の平均となります。

この方法では、メーカーが特定の負荷レベルを満たすように製品を調整することは不可能です。なぜなら、本質的には、より多くの異なる負荷の組み合わせの下での効率レベルを考慮し、全負荷範囲に均等に分散させているからです。

効率以外にも、電圧、リップル、力率、ノイズ、温度の測定も行います。当面は力率とノイズの結果を使用しますが、将来的には、方法論をより豊かにしたい場合には、残りの要因のいくつか(またはすべて)を使用することができます。

さらに、私たちの方法論が提供する膨大なデータ量により、必要に応じて効率認証プログラムを迅速に修正することができます。

最後に、ケース環境をシミュレートしたホットボックス内のPSUを使用して、30℃近くで試験を開始します。テスト終了時には、ボックス内の周囲温度は32~34℃に達しており、実生活に近い状態になっています。

ほとんどのPCシステムは24時間365日稼働しているわけではないので、1日の大部分は何もしないでエネルギーを消費していることになります。

私たちは、EN 50564:2011とIEC 62301の測定ガイドラインに沿って、各PSUを評価します。DUTが当社の基準を満たしていない場合は、自動的に次の低効率認証レベルに格下げされます。

上記のすべてに加えて、ETAは5VSBレールの全体的な効率も考慮します。

最大電流出力までの0.05Aステップごとにこのレールの効率を測定し、すべての測定値の平均が最終的な効率の結果となります。

当社では、すべてのPSUがこのレール上で70%以上の総合効率出力を実現することを期待しており、このしきい値は、ETAプログラムの上位カテゴリに該当するユニットではさらに高く設定されます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

(1) PSUが制限値(0.1%)に十分に近い場合には、再評価のために2回目のサンプルを送ってくれるかどうかメーカーに確認します。2回目のサンプルで1回目のサンプルと比較して有意な性能差(0.5%以上)が認められた場合には、3回目のサンプルの送付を依頼し、試験結果を確認します。また、上限値との差が0.05%未満(例:91.95%)の場合は、2桁目を四捨五入して、より高い区分に課税されます。

(2) 評価対象のPSUが(EU) No 617/2013規則に記載されているすべての要件を満たしていることを確認するために、230V入力の負荷試験を多数実施しています。

(a) 定格出力電力の50%で85%の効率。
(b) 定格出力電力の20%および100%で82%の効率。
(c) 定格出力電力の100%において力率≧0.9であること。

(3) これらの要件のいずれかに不合格となった場合には、効率性能にもかかわらず、PSUは1つのクラスを失い、下位のクラスに落ちます(特にPFについては、該当する要件を満たすクラスに落ちます)。最初の試験(2013年ErPロット6要件)を除いて、表(3)に記載されている要件についても同様であり、ここでは印加される負荷が非常に低いため、5%の偏差(40~45%の範囲)を許容し、0.55A~1.5Aの負荷試験でも同じ5%の偏差(70~75%の範囲)を許容しています。いずれにしても、230V入力であっても、吸血電力は0.25W以下でなければなりません。

(4) 5VSBレールはまた、CECおよびErPロット6/3のものを含む様々な要件を満たすために、表(3)に記載されている要求された効率レベルを達成する必要があります。これらの要件は、「Power Supply Design Guide for Desktop Platform Form Factors, v.2.52 (2018年6月)」にも記載されており、推奨されています。

 

LAMBDA(電源ノイズレベル)

効率性に加えて、試験結果から得られたノイズ測定値を平均化することで、PSUの全体的な出力ノイズを計算することができます。

デシベル(dB)は対数スケールに基づいているため、ノイズデータの平均化プロセスは簡単ではありません。

例えば、40dBのPSUを使用している場合、音響パワーの音響インテンシティを2倍にすると、80dBではなく43dB(音量ラウドネスは50dB)になります。

つまり、dB値を音圧単位(Pa)に変換してから平均化し、その結果を再びdBに変換することで、ほとんどの方に馴染みやすいようにしなければなりません。

私たちはこの騒音測定プログラムをLambdaと呼んでいますが、これはギリシャ文字の "Λ "に由来しています。効率試験と同じ条件が騒音測定にも適用されます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

(1) DUTが0.25 dB(A)の最大マージンを持つ下限値に近い場合は、別のサンプルを提供しなければならないメーカーに2回目のチャンスを提供します。2回目のサンプルが1回目のサンプルと比較して全体的に有意な差を記録した場合[2 dB(A)以上]、3回目のサンプルを要求し、3つのサンプルすべての平均ノイズ測定が最終結果を提供します。

 

DELTA(ケースノイズ)

新しい筐体を購入したいと思っていて、防音性能が気になりませんか?DELTAの評価があなたのお役にたちます。

まずは電源からスタートしましたが、経験と適切な機材があるので、他のカテゴリーでもユーザーが自分に最適な製品を見つけるお手伝いをすることにしました。

電源の後に最初に在籍したのは、シャーシ(別名:ケースやエンクロージャ)のカテゴリです。あなたは何年もそれらを維持するので、電源と一緒に、筐体は不可欠な部品の一つに属しており、私たちのほとんどは、いくつかのシステムのアップグレードを通じてそれらを使用しています。

そのため、高い人間工学に加えて、可能な限り最高の防音性能を備えていることが非常に重要です。

シャーシノイズレベルのデータベースでは、当社のシャーシ評価のすべてをご覧いただけます。

弊社では、ラボグレードの機器と6dB(A)以下のノイズフロアを持つ半無響室を使用して、23~26℃の環境下で測定を行っています。

私たちは、各シャーシの防音性能に焦点を当てています。

これは、平たく言えば、シャーシがシステムが発生するノイズをどの程度低減するかということです。

防音性能に加えて、3つの異なる速度(100%、75%、50%)でのシャーシの純正ファンのノイズ出力も含まれています。

熱性能テストについては、ベータテストのためだけに使用しているため、データベースには記載されていませんが、固定ファン速度での騒音測定に加えて、その逆も行っています。

目的の騒音出力を達成するために、ファンの回転数を特定のレベルに設定します。

このようにすることで、同じ条件ですべてのケースの熱性能を比較することが容易になります(そしてより正確に)。

今のところ、私たちのデータベースには熱性能の結果は含まれていませんが、興味のあるユーザーやレビュアーが私たちの調査結果を使って比較を行い、安全な結論を導き出すことができないということではありません。

ご存知のように、同じファン速度ではない2つの異なるケースで同じシステムの熱性能を比較することは、あまり意味がありません。

しかし、両方のシャーシを同じ条件で動作させ、同じノイズ出力を提供すると、熱負荷の処理に関しては、ベストパフォーマーを見つけるのがはるかに簡単になります。

各筐体の防音性能に応じて、3つのDELTA(Δ)カテゴリーに分類し、対応する防音認証を提供しています。

これにより、静音システムに興味がある人にとっては、より簡単にすることができます。

LAMBDA-A++電源を選択し、同じDELTA定格のシャーシと組み合わせるだけです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

各種試験音を用いた防音性能例:

 

発行されるバッジの種類

上段が電源効率、中段が電源ノイズレベル、下段がケースノイズレベルとなります。

 

テスティモニアル(推薦文)

このプログラムのテスティモニアルに参加している日本で製品を販売している主な企業

シーソニック、コルセア、FPS、クーラーマスター、ASUS、シルバーストーン、サーマルテイク、GALAX、CWT

部門担当者名入りで推薦文を書いておりますので、勝手に名前を使ったり、デタラメを書いたりと言うことは無いと思います。

 

Cybenetics認証の問題点

特に問題は無いように見えますが、Cybenetics社の住所が租税回避地のキプロスになっており、この点に少し不安を感じるところです。

また、メーカーの日本法人や代理店を通じて情報が入ってくるはずの日本の大手メディアさんはまだこの認証に関する記事を書いておらず、どのように扱うのかは私も動向を注視しているところです。

プログラムの内容に関しては特に問題がない、と言うより、現行の欠点を克服した素晴らしいプログラムのように見えます。

 

Cybenetics公式HP

 

-その他, 電源
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.