GPU情報

高速フレームレート用の可変レートシェーディングを特長とするAMDの次世代Radeon GPUは、次期RX Naviグラフィックカードとして発売される可能性があります。

更新日:

AMDの次世代GPU、つまりNavi以降は、新しいシェーディング技術を利用してゲームのパフォーマンスを向上させる可能性があります。

最近公表された、2017年にAMDによって提出された特許では、AMDは先進的なGPUシェーディング技術、すなわちTom's hardwareによって発見された可変レートシェーディング(VRS)の開発にリソースを投資していたと述べられている。

AMDの次世代Radeon GPU、可変レートシェーディングを採用 - Naviグラフィックスカード以降でのゲームパフォーマンスの向上

NVIDIAがすでにTuringアーキテクチャベースのグラフィックスカードにVariable Rate Shadingを導入しているので、この機能は業界では新しいものではない。

NVIDIAは、同社のVRS(可変レートシェーディング)技術が、さまざまな処理能力を画像のさまざまな領域に適用することによって、レンダリングのパフォーマンスと品質を向上させると説明しています。

 

簡単に言えば、VRSは、その他の部分のレンダリング負荷を軽減しながら、ほとんどの注意が集中するような重要なフレームを詳細にレンダリングするため、全体的なパフォーマンスが向上します。

この方法は、高解像度でゲームを実行するときに特に役立ちます。 VRSの利点は次のとおりです。

 

可変レートシェーディングを適用する利点

・可変レートシェーディングはTuring GPUによって可能にされた新しいレンダリング技術です。シーンの詳細な領域にはフルGPUシェーディング処理能力を適用し、そうでない領域にはそれほどGPU処理能力を適用しないことで、レンダリングパフォーマンスを向上させます。


・可変レートシェーディングは、シングルピクセルシェーダ操作で処理できるピクセル数を変えることによって機能します。シングルピクセルシェーディング操作をピクセルブロックに適用できるようになりました。これにより、アプリケーションは画面のさまざまな領域でシェーディングレートを効果的に変更できます。

    ・可変レートシェーディングを使用して、ヘッドセットディスプレイに出力されるレンズ補正画像をより厳密に近い面にレンダリングすることで、VRをより効率的にレンダリングできます。これにより、画像がVRヘッドセットに出力される前に破棄される可能性がある多くのピクセルのレンダリングが回避されます。

    ・アイトラッキングと組み合わせると、目が直接見ている中心窩領域の品質を最大化し、周辺のシェーディング率を下げるために、可変レートシェーディングを適用できます。この方法は、画質に大きな影響を与えずにレンダリングパフォーマンスを向上させることができます。

 

VRSを利用するゲームの全体的な改善について話をするとき、この技術を利用するNVIDIAハードウェアの例を再び取り上げることになります。

最近リリースされたNVIDIA GeForce GTX 1660 TiはVRSを特徴としており、それ自体、現在この機能をサポートしているWolfenstein IIのパフォーマンスを最大50%向上させることができます。

これがどのように達成されるかについても説明されており、画像全体にわたってフルレートシェーディングを行うのではなく、同じ画質を維持しながら、より少ないシェーディングを適用できる特定のフレームが選択されています。

それでは、Radeonグラフィックスカードについて話しましょう。

AMDが今後のグラフィックスカードにVRSを採用することは、開発者が今後のタイトルに新技術を実装するより多くの理由を与えるため、特に画質を落とさずにより良いフレームレートを提供するのに役立つので、本当に良い選択です。

AMDは今年、Navi GPUアーキテクチャをベースにした次世代のRadeonカードを発売すると予想されているので、そこにVRSが搭載されているのを目にするでしょう。

 

また、Navi GPUはソニーとマイクロソフトの次世代コンソールの基盤となるグラフィックアーキテクチャであり、VRSはVRゲームをより良く、より速くするためにも大きな役割を果たしているため、さまざまな報告を受けています。

AMDグラフィックスカードに最適です。

ソース:wccftech - AMD Next-Gen Radeon GPUs To Feature Variable Rate Shading For Faster Frame Rates, May Launch With Upcoming RX Navi Graphics Cards

解説:

NaviにもTuring同様にVRSという技術が使われているとのことです。

技術的な詳細は上の記事に任せるとして、NaviがどのようなGPUになるかですが、傾向としてはTuringに似た傾向になる可能性が高いですね。

TuirngもDirectX12が非常に強いですが、Polarisも強かったので、この傾向を踏襲するんじゃないかと思います。

Turingは12nmのプロセスをRTXとDLSSという二つの拡張機能に割きましたが、Naviは全て通常のコアとして使用できるわけで、このアドバンテージは大きいと思います。

性能はGTX1080相当(RTX2070相当)と言われていますので、最上位がRadeonVIIのすぐ下というイメージを持ってもらえるとよいと思います。

今後、新しい情報が出て変更になる可能性もありますが、現時点で出ている噂ではこのように判断できます。

あくまでもミドルレンジ以下ということになっていますのので、価格的にはかなり頑張るのではないかとわたくしは予想しています。

今まで出てきたNaviに関するリークで特筆すべきものを列挙してみます。

AMD Navi 7nm GPUベースのRadeon RXグラフィックカードが2019年10月まで延期

4つのAMD Navi GPUの亜種がリーク、2019年7月発売の噂

上の記事の方が新しい情報です。

これによると最上位のNaviは500ドルに届くといわれています。

性能がRTX2070程度だとするとRadeonVIIが$699程度であることを考えるとまあ、現実的なのかなと思います。

最初に出たリークはトバシといわれていますが、この「誰かの妄想」と同じように$249で出たらAMDが一気に盛り返す可能性もあるでしょうね。

$249ならば、nVidiaも大幅に戦略を見直さざるを得ないでしょう。

但し、最新のDDR6を8GBも搭載する以上は$249はさすがに無理だと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.