GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660およびGeForce GTX 1650の価格、発売日がリーク - GTX 1660は3月15日で229ドル、GTX 1650は4月30日で179ドル。

投稿日:

新しいメインストリーム向けのGeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードの発売後、NVIDIAはGeForce 16シリーズファミリーの下でTuring GPUアーキテクチャに基づくより費用効果の高いグラフィックスカードを発売するでしょう。

新しいファミリはTuring GPUアーキテクチャをベースにしており、Ray TracingやDLSSなどのRTX機能セットは無く、シェーダの機能強化が施されているのみです。

NVIDIA GeForce GTX 1660およびGeForce GTX 1650の価格、発売日がリーク

最新のレポートは、NVIDIAが今後数カ月以内に彼らの新しいGeForce 16シリーズのカードを導入するであろうとDigiTimesが報道しています。

2つのカードには、GeForce GTX 1660とGeForce GTX 1650が含まれます。

どちらのグラフィックスカードもTuring GPUアーキテクチャに基づいており、TuringベースのRTXファミリよりも最近導入されたGeForce GTX 1660 Tiに近いでしょう。

 

情報筋によると、Nvidiaは3月15日にGTX 1660を、4月30日にGTX 1650を発売する予定で、それぞれ229USドルと179USドルの値段がついてくるという。

179〜349米ドルの範囲の4つの新しいグラフィックスカードは、VEGA 64/56やRX 590/580/570のようなAMDのミッドレンジ製品およびローエンド製品に大きな価格圧力をかけると予想されています。

DigiTimesより

 

リークは、GeForce GTX 1660が3月15日に229米ドルで発売される一方、GeForce GTX 1650は4月30日に179米ドルで発売されることを示唆しています。

これまでの報告では、GeForce GTX 1650は3月に発売される予定で、GeForce GTX 1660に近いことが示唆されていましたが、そうではないようです。

NVIDIAは、毎月GeForce 16シリーズの各カードを発売することを試みるようです。

このように、2月に279ドルのGeForce GTX 1660 Ti、3月に229ドルのGeForce GTX 1660、そして最後に4月に179ドルのGeForce GTX 1650t発売されるでしょう

 

その仕様は、GeForce GTX 1660は約1280 CUDAコアと6 GB VRAMを搭載したTuring TU116 GPUコアのわずかにCUDAコアが削減された製品になるでしょう。

GeForce GTX 1650は、噂が正しければ、GDDR6ではなくGDDR5をベースとする、約896〜1024のCUDAコアと4 GBのVRAMを持つ別のコアを使用することになります。

GTX 1660 TiはGeForce GTX 1070より速いので、より安い価格のGeForce GTX 1660がGeForce GTX 1060より速い可能性が高いです。

GeForce GTX 1650は、GeForce GTX 1050 Tiよりも速くなりますが、実際の製品の適切な予測を行うには、最終的な仕様を待つ必要があります。

 

GeForce GTXカードの主なテクノロジおよびアーキテクチャとなるシェーディングパフォーマンスについて特に話してみると、Pascalと比較してコアあたり平均50%高速なシェーディング性能があるといわれています。

これは全体的なパフォーマンスの向上ではなく、Turingが前世代と比較してシェーダーパフォーマンスを向上させる割合です。

新しいメインストリームのラインナップは間違いなくNVIDIAが低価格市場でいくらかの地位を得ることを可能にするでしょう。

彼らのGeForce RTXカードは、優れた製品ではありますが、価格の上昇と発売時のゲームでのRTX機能のサポートの少なさのために、ハイエンド市場から注目を集めることができなかった。

しかし、GeForce 16シリーズのカードは、NVIDIAにとってのゲーミング用途での販売という点で非常に前向きな役割を果たすことができます。

 

NVIDIA GeForce 16シリーズ予備仕様:

GeForce RTX 2060 FE GeForce GTX 1660 Ti 6GB GeForce GTX 1660 6GB GeForce GTX 1660 3GB *  (未定) GeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番 TU106 TU116-400 TU116-300 TU116-300 TU117
CUDAコア数 1920 1536 1280 * 1280 * 不明
Tensorコア数 240 無し 無し 無し 無し
RTコア数 30 無し 無し 無し 無し
テクスチャ ユニット数 120 96 80 * 80 * 不明
ベース クロック 1365 MHz 1500 MHz 1530 MHz 1530 MHz 1485 MHz
ブースト クロック 1680 MHz 1770 MHz 1785 MHz 1785 MHz 不明
メモリ容量 /種類 6GB GDDR6 6GB GDDR6 6GB GDDR5 3GB GDDR5 4GB GDDR5/6?
メモリバス幅 192-bit 192-bit 192-bit 192-bit 128-bit
メモリクロック 7000 MHz 6000 MHz 4000 MHz 4000 MHz 不明
ROPs 48 48 不明 不明 不明
L2 キャッシュ 3 MB 1.5 MB 不明 不明 不明
PCB ナンバー PG160 PG161 PG165 PG165 不明
TDP 160 W 120W 不明 不明 75W?
トランジスタ数 10.8 billion 6.6 billion 不明 不明 不明
ダイサイズ 445 mm² 284m2 不明 不明 不明
SLI 不可 不可 不可 不可 不可

*=確認済み

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 and GeForce GTX 1650 Prices, Launch Dates Leak Out – $229 US For GTX 1660 on 15th March and $179 US For GTX 1650 on 30th April

 

 

解説:

2月22日にGTX1660Tiが発売されましたが、GTX1660は3月15日、GTX1650は4月30日にそれぞれ発売されるといううわさが流れています。

大元のソースはDigiTimesなので多分あってるんじゃないかと思います。

気になるのはGTX1660にまた3GB版が設定されていることですね。

FullHDでVRAMが足りなくなるので正直やめてほしいです。

ユニット単位でメモリが設定されているのはわかりますが、GTX1060もモデルチェンジ少し前になると中国のネットカフェ向けに5GB版などが設定されていたので、(性能は落ちると思いますが)4GB版もやろうと思えばできないことはないはず。

いい加減ユーザーから求められないことを理解してほしいなと思います。(笑

あとは気になるのは、GTX1650のCUDAコア数が896なのか1024なのかですね。

1024ならGTX1060とほぼ同じ性能になると思います。896ならやや下になりますね。

前世代ではGTX1060がVR可能かどうかのギリギリの境界線でしたが、CUDAコア数1024ならVR-Readyになりますので、補助電源無しのGPUでVRができることになります。

本当にPCパーツの移り変わりは速いです。

あとはGT1630が出るのか出ないのかといったところです。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.