GPU情報

AMD Navi 7nm GPUベースのRadeon RXグラフィックカードが2019年10月まで延期

更新日:

AMDは最近、真新しい7nmプロセスを利用し、ハイエンド愛好家市場を狙う、第2世代のVegaベースのRadeon VIIグラフィックスカードを発売しました。

現在、このカードはNVIDIAのGeForce RTX 2080グラフィックカードと競合するという約束を果たしていますが、発売日に限られた数量と高価格を考えれば、結局のところAMDのRadeon VIIはテクノロジーショーケースのように思えます。

また、Radeon VIIはVegaアーキテクチャーをほとんど拡張せずに使用しているという事実もあるため、AMDのRadeonロードマップで次に大きな飛躍を遂げているNaviに注目してください。

 

AMD Navi 7nm GPUが遅延、主流のRadeon RXグラフィックスカードを2019年10月に発売

AMD Navi GPUはRTGから出てくる次の大きなものとして話題にされており、そのDNAとしてGCNアーキテクチャを特徴とする最後のGPU世代である可能性があります。 Naviを使用して、AMDは効率性とパフォーマンスを向上させるのに役立つ、アーキテクチャに対するまったく新しい設計変更に焦点を合わせます。

比較のために、Radeon VIIは7nmアーキテクチャを利用していますが、本質的には既存のアーキテクチャを縮小したものです。

Navi GPUは最初から7nm前後で設計され、AMDが7nmプロセスノードを最大限に活用するのを確実にするでしょう。

 

しかし、7nm Navi GPUベースのRadeon RXグラフィックスカードは素晴らしく聞こえますが、2019年第4四半期には遅れる見込みです。

  Cowcotlandが発表したレポートでは、Navi GPUは当初予定されていた2019年夏ではなく2019年10月に利用可能になるとの情報があります。

この変更の背後にある理由は言及されていませんが、それはRadeon VII、ハイエンドチップとしての7nm供給がすでに入手可能だが予想よりも少ない量であり、ほぼ世界的に在庫切れであることに起因するかもしれません。

 

もう1つの理由は、Navi GPUが次世代コンソールにも搭載されるとされ、そしてAMDは、デスクトップベースのRadeon RXグラフィックスカードの製造のためにチップをAIBに出荷する前に、それらのチップにかなりの量の供給したいと考えていました。

これまでのインタビューで、AMDのCEOのLisa SuとAMDのCTOのMark Papermasterは、どちらもRadeonプログラム全体の更新を確認していました。

「7nm Radeon VII […]でハイエンドから始めるのは本当に興奮しています。私たちがRadeonプログラムを更新し、年間を通じて発表されるでしょう。」

「年間を通じて私たちがしていることは、毎年行っていることです。ロードマップ全体を完成させます」

- Mark Papermaster(The Street より)

「私たちは、全体的に非常に競争力があり、ハイエンドのGPU市場を含むと確信しています。明らかに私たちの競争から出ている新製品があります。私達は一連の新製品をまた持っています、そして私達の持っている組み合わせは正しいでしょう」

「特にレイトレーシングに関連しているものは、これは重要なテクノロジだと思いますが、すべての重要なテクノロジと同様に、エコシステムを実際に採用するには時間がかかります。また、ハードウェアとソフトウェアの両方のソリューションについてエコシステムと緊密に連携しており、特にレイトレーシングが市場の主流になるにつれて重要な要素になると期待しています。」

- AMDのCEO、Lisa Su - 2018年11月27日 - 第22回Credit Suisseテクノロジー、メディア&テレコム会議

 

さらに、Navi GPUをベースにしたさまざまなRadeon RXカードのこれまでのうわさや価格は、複数のレビューで見られるようにRadeon VIIの性能と価格の提案に基づいて現実からかけ離れていると述べています。

AMDがハイエンドカードから7nmラインナップを始めた間、後者は複数の主流で性能重視のオプションであり、それらは500米ドルの価格帯に届くかもしれません。

結局のところ、これらはPolarisアーキテクチャの3回目の繰り返しであるRadeon RX 590、あるいは現時点では349ドルから399ドルの適正な価格帯で提供されていますが、それでもベースとなる適切なアップグレードをユーザーに提供します。

第一世代のVegaアーキテクチャーと7nm Naviを同様の価格でアップデートしてパフォーマンスと効率を改善するのはかなり良いことです。

 

解説:

Naviに関するドリームなリーク情報を否定する噂がが出ました。

内容に関してまとめると

・Naviは2019年10月頃発売

・価格は最上位が500USドルに届く

というものです。

リーク情報なのでどっちが正しいのかわかりませんが、正直こっちの方が真実味があると思います。

Naviの遅れに関しては、実にAMDらしい感じがしてこちらも真実味があります。

Ryzen以前のAMDはいつもこんな感じでファンの期待を裏切り続けてきました。(笑

私はもう慣れっこです。

RadeonVIIの扱いについては、以前のリーク情報で出た通り、「テクノロジーショーケース」という表現がありますが、この通りだと思います。

「テクノロジーショーケース」というのは、「一応こういうものもありますよ」という製品のことです。

一説には赤字という噂もありますので、まじめに売る気はないんでしょう。

ここでラインナップを埋めて、nVidiaを牽制しておかないとNaviが出るまで持たないということなんでしょう。

RadeonVIIが欲しい方は早めに行動したほうが良いと言いましたが、まったくその通りの展開になっています。

いずれにしてもRadeonVIIはゲーマー向けの製品ではないということです。

 

Naviの最上位の価格が500USドルに届くというのはありうる話だと思います。

最新のDDR6を8GBも搭載するのに200ドルとか300ドルだと下手したら赤字でしょう。

Naviの価格はもともと、Ryzen3000シリーズのガセと一緒に流れたものなので、ちょっと怪しげな感じかしていましたが、こちらも続報が出るまではどうなるかわからないといった感じになりそうです。

 

実は、GTX1660TiにTenserコアが搭載されてるんじゃないかという話が海外のリークで上がっおり、もし仮にそれが正しくてFullHDでDLSSが効かせられるということになるとまた少しRTコア無し版のGeforceの評価が変わってしまうかもしれません。

ということで、例のRyzen3000シリーズのガセの噂と一緒に上がったNaviにも否定する噂が流れているということを頭の片隅に置いておいてください。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.