GPU情報

AMD Radeon RX 6600 non-XTの性能シミュレーションでは、GeForce RTX 3060に非常に近い性能を実現

更新日:

 

RX 6600 non-XTに変装したAMD Radeon Pro W6600

Igor'sLABでは、まだ発売されていないがリーク情報が出ているグラフィックカード、Radeon RX 6600 non-XTの興味深いパフォーマンスシミュレーションを紹介している。

AMD Radeon RX 6600 non-XTは、すでに何度もリーク情報に登場していました。最新の噂では、このSKUは9月に発売されるとされており、PowerColor社はこのモデルを自社のウェブサイトに掲載し始めていました。

しかし、何度も登場しているにもかかわらず、このSKUはまだ発売されておらず、Radeon RX 6700 non-XTも発売されていません。

発売日は不明だが、このSKUの仕様は現時点でほぼ判明している。

Radeon Pro W6600と同じ数の1792個のストリームプロセッサを提供するNavi 23 XL GPUを採用しています。

メモリのサイズは明らかにされていませんが、8GBまたは4GBが予想されています。

注目すべき点は、これまでAMDは8GB以下のメモリを搭載したNavi 2Xグラフィックスカードをリリースしていないことです。

RX 6600 non-XTにも8GBのメモリが搭載されていると仮定すると、全く同じGPUを搭載した既存のソリューション、例えば既に紹介したRadeon Pro W6600などを使って、グラフィックカードの性能をシミュレートすることができます。

Igor'sLABのIgor Wallosek氏は、このGPUを改造してオーバークロックし、RX 6600 non-XTの性能をシミュレートすることにしました。

このソリューションは理想的とは言えませんが、現時点ではRX 6600 non-XTの性能数値に限りなく近いものとなっています。

実際のシリコンをベースにしているので、数学的なアプローチよりも正確であることは間違いありません。

シミュレーションできないのは、クロックの挙動とTDPの範囲です。

Igorはカードが130Wであると仮定しましたが、これはXTバリアントがどれほどの電力を必要とするか(160W)を考えると妥当なところです。

Radeon Pro W6600をRX 6600 non-XTとしてシミュレートしたものです、ソース:Igor'sLAB

 

最終的には、ベースクロック2331MHz、ブーストクロック2580MHz、メモリ16Gbps(Pro版と比較して+2Gbps)のGPUを実現した。

テスト結果によると、RX 6600 non-XTとしてシミュレートされたPRO W6600のゲーム時の消費電力は約123Wで、NVIDIAのGeForce RTX 3060よりも42W近く少ない。

Radeon Pro W6600をRX 6600 non-XTとしてシミュレートしたものです、ソース:Igor'sLAB

 

同時に、1920x1080pの解像度では、RTX 3060よりも4%低い性能となります。

PCI Express 4.0リンクが8レーンに制限され、コア数が1792に減少したRX 6600 non-XTは、1440p以上の解像度で競争するのは難しいと思われます。

RX 6600XTはこれらの解像度で比較的良好な性能を発揮していましたが(TechPowerUPの相対性能チャートを参照)。

Radeon Pro W6600をRX 6600 non-XTとしてシミュレートした表、ソース:Igor'sLAB

 

AMD Radeon RX 6600 non-XTは、おそらく300~330米ドルで発売されるでしょう。

この価格は、現在、前世代シリーズの中古GPUにのみ適用されている価格です。AMDは、このカードの直接の競争相手となるGeForce RTX 3050デスクトップシリーズの展開を待っているかもしれません。

現時点では、少なくとも最近聞いた話では、NVIDIAはこのSKUを数週間以内に発売する予定はありません。

AMD Radeon RX 6000シリーズ

RX 6900 XT LCRX 6800 XTRX 6700 XTRX 6600 XTRX 6600
チップ名Navi 21 XTXHNavi 21 XTNavi 22 XTNavi 23 XTNavi 23 XL
コア数5,1203,8402,5602,0481,792
インフィニティ
・キャッシュ
 128 MB 128 MB 96 MB 32 MB 32 MB
ゲームクロック 2250 MHz 2015 MHz 2424 MHz 2359 MHzTBC
ブースト
クロック
 2435 MHz 2105 MHz 2581 MHz 2589 MHzTBC
メモリクロック 18 Gbps 16 Gbps 16 Gbps 16 Gbps 16 Gbps
メモリ容量
・種類
 16 GB GDDR6 16 GB GDDR6 12 GB GDDR6 8 GB GDDR6 8 GB GDDR6
メモリバス幅 256-bit 256-bit 192-bit 128-bit 128-bit
メモリ帯域幅 576 GB/s 512 GB/s 384 GB/s 256 GB/s 256 GB/s
TBP 330W 250W 230W 160W ~130W
小売価格OEM 579 USD 479 USD 379 USD 299-329 USD
発売曾比2021/72020/112021/32021/82021/9?

ソース:Videocardz.com - AMD Radeon RX 6600 non-XT performance simulation puts its very close to GeForce RTX 3060

 

 

解説:

Igor's LABのイゴールさんがW6600を仮想RX6600無印としてテストした結果を公開しています。

それによると消費電力は74.5%で、性能は94%に達したとのこと。

この差はほぼTSMC7nmとSamsung8nmの差と言ってもよいと思います。

Pascal以前であれば、このくらいの差があると勝った方がバカ売れして、負けた方はワゴンセール一直線だったのですが、Pacal以降、Geforceのブランドが確立して、多少の差ではひっくり返せなくなってきました。

電力効率ではRDNA2の方が圧倒的に優れていることがこれで照明された形ですが、DLSSとRTXと言う2つの今までとは違う性能指標が出来たことで既にGeforceに製品として対抗することが難しくなってきています。

ブランドが確立するというのはこういうことなのだろうなあと思います。

Geforceで動作がおかしくなるケースがあれば「Geforceで起きるなら仕方ない」となりますが、Radeonで起きれば「AMDなんて選ぶから・・・Geforceを選んでいれば」となります。

BTOでゲーミングPCを購入される層も含めるとこういうユーザーさんは結構いると思います。

ここから挽回するのは連続してnVidiaを上回る製品を出し続けるか、圧倒的に優れている製品を出すしかありません。

どちらもかなり難しいですが、必死に食らいついていかないとあっという間に引き離されてしまうでしょう。

シェアが2割以下に落ちてRadeonはもはや風前の灯です。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.