GPU情報

Asusの薄型RTX 4060は2スロットではあるが、その小さなサイズはスモールPCにフィットする

投稿日:

小型のAsus GeForce RTX 4060 LP BRK 8GB GDDR6グラフィックカードは、XboxシリーズXよりもパンチが効いている。

最近、小型フォームファクタのデスクトップはむしろ人気があるが、グラフィックスカードのメーカーは、なぜかゲーマー向けの薄型アドインボードの製造を控えている。

GeForce RTX 40シリーズに関しては、昨年8月にGigabyteだけが薄型のGeForce RTX 4060グラフィックボードを発表した。

現在、AsusはGeForce RTX 4060 LP BRK 8GB GDDR6製品で追い上げており、非常にコンパクトなパッケージでパンチを効かせることを約束し、SFFデスクトップ向けの最高のグラフィックカードの1つとなっている。

Asus GeForce RTX 4060 LP BRK 8GB GDDR6グラフィックスカードは、3072個のCUDAコアを備えたNvidiaのAD107グラフィックスプロセッサと、128ビットインターフェースを使用してGPUに接続された8GBのGDDR6メモリを搭載している。

このボードのグラフィックチップは、OCモードで最大2490MHzで動作し、これはNvidiaが推奨する周波数よりわずか30MHz高いだけです。

このグラフィックカードは、15 FP32 TFLOPSの演算性能と272 GB/秒のメモリ帯域幅を誇ります。

このボードの演算性能は、XboxシリーズX GPUの演算性能と比べて25%高いが、ゲーム機のピークメモリ帯域幅は560GB/秒を誇る。

興味深いことに、AsusはGeForce RTX 4060 LP BRK 8 GB GDDR6を「マルチモニター生産性を可能にする薄型でコンパクトなグラフィックスカード」と位置付けており、このアドインボードが一般的に、コンパクトなフォームファクターで4つのディスプレイ出力(2つのDisplayPortsと2つのHDMI)と多かれ少なかれ適切なパフォーマンスを必要とするユーザーを対象としていることを示唆している。

しかし、このボードはSFFゲーミングPCやホームシアターPC(HTPC)にも使用できる。

Asusは、GeForce RTX 4060 LP BRK 8 GB GDDR6グラフィックスカードに、より高い効率を確保するために、複数のヒートパイプを備えたデュアルスロット・トリプルファン冷却システムを搭載した。

このボードの定格総グラフィックス電力が最大115Wであることを考えると、このような冷却システムは、安定した安定した動作を保証するのに十分なはずです。

一方、このボードには6ピンの補助PCIe電源コネクタが必要だが、これはDIYデスクトップでは簡単に見つけることができるが、大手OEMのマシンにはないかもしれない。

Asusは今後の製品の価格を発表しなかったため、GeForce RTX 4060 LP BRK 8 GB GDDR6の小売価格については推測するしかない。

しかし、GigabyteはGigabyte GeForce RTX 4060 OC Low Profile 8Gを325ドルで販売しており、これはNvidiaのGeForce RTX 4060の希望小売価格より25ドル高い。

ソース:Tom's Hardware - Asus' low-profile RTX 4060 still takes up two slots, but its shorter shroud fits more easily into SFF builds

 

 

 

 

解説:

ASUSからロープロファイル対応RTX4060が登場。

今までX060がロープロってことはあり得ませんでしたが、RTX4000シリーズからはこのような製品が出るようですね。

2スロットのロープロクーラーで冷却可能ということはやはりRTX4060はX050レベルの製品なのではないかという(わたくしの中での)疑惑が深まりました。

単価を上げるためにX060の名前を付けて売ってはいますが、実態はRTX4050相当品ではないかと思います。

それだけ、Geforceは割高になったということになります。

 

どこまで進むGeforceの高価格化

  • Pascal・・・最もお買い得価格
  • Turing・・・GTXとRTX共存、フラッグシップの価格が上がり始める
  • Ampere・・・全体的に割高になる
  • Ada Lovelace・・・RTX4090以外のモデルの切り下げ(例:RTX4050相当がRTX4060として売られる)

おおよそこのようになっていると思います。

Ampereまでは目に見えるような高価格化はなかったですが、Ada Lovelaceからは円安も影響して、非常に割高感があります。

どこまでこの傾向が続くかはわかりませんが、この傾向がずっと続くようなら、割り切ってRadeonを使うというのも一つの考え方だと思います。

さすがに、今のGeforceは高すぎると思います。

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2024/02/24 07:30:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.