モデル解説

NEXTGEAR i670GA1-DNBYCM (2018/04) [GTX1070Ti]

更新日:

 

icon

 

ベースモデルのスペック

 

解説

NEXTGEAR i670GA1-DNBYCMはG-TuneがバックアップしているプロeスポーツチームDetonatioN Gamingとのコラボモデルだ。

Z370チップセットとCore i7-8700、GTX1070Tiを組み合わせした強力なゲーミングPCだ。

現在、GTX1070Tiを搭載したゲーミングPCは最も売れ線のスペックと言ってよい。

Z370チップセットはLGA1151v2向けの最上位のチップセットだ。

最上位だけあって様々な機能があるが、どのチップセットにどんな機能うがあるのかは「マザーボードについて」で説明してあるので確認してほしい。

Core i7-8700、GTX1070Tiの組み合わせはベストマッチと言ってよいほどの組み合わせで、互いの能力を十二分に発揮できるだろう。

あまりに性能の低いCPUと組み合わせるとGPUの真価を引き出せない。せっかくの高性能GPUも宝の持ち腐れになってしまう。

このあたりのことは「GPUとCPUのバランス」で一覧表を作って説明してある。

このNEXTGEAR i670GA1-DNBYCMはFPSモデルということだが、この性能ならばFullHD144Hzモニターでほとんどのゲームでオプションを落とさずに快適にプレイできるだろう。

同クラスの多くのモデルがベースモデルの価格を抑えるためにメモリを8GBに落しているが、最初から16GBにしてあるのは好感が持てるところだ。

BTOショップによってポリシーはあると思うが、個人的にはこのクラスのモデルで本体メモリが8GBというのはあり得ないと思っている。

※2018-4-28の調査から改定

 

このモデルで何ができるのか?

PUBGフレームレート

平均 最低平均
FullHD・ミディアム画質 140.9 98.8
FullHD・ウルトラ画質 105.4 77.3
WQHD・ウルトラ画質 72.3 54.8
4K・ウルトラ画質 41 34.1

※ 最低平均とは下位数%の平均です。

 

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク(7,000以上で「非常に快適」)

DX11,FullHD,標準品質スコア 21,557
DX11,FullHD,標準品質FPS(平均,最低) 158.7 63
DX11,FullHD,最高品質スコア 16,869
DX11,FullHD,最高品質FPS(平均,最低) 115.1 60
DX11,WQHD,最高品質スコア 11,855
DX11,WQHD,最高品質FPS(平均,最低) 79.2 43.5
DX11,4K,標準品質,スコア 13,263
DX11,4K,標準品質FPS(平均,最低) 88.7 29.5
DX11,4K,最高品質,スコア 5,847
DX11,4K,最高品質FPS(平均,最低) 39 20

※ GTX1070Tiのデータは無かったので、GTX1070+GTX1080の結果を1/2している。参考程度にしてほしい。

PUBGは60FPSならばWQHD(2560X1440)までウルトラ画質で快適にプレイできるだろう。

流石の性能だ。4Kのウルトラ画質はちょっと厳しいだろうが、オプションを落とせば目立たない程度にはなるだろう。

FF14は4Kは標準品質になるが、あとはおおむね最高品質で快適にプレイできるだろう。

VRはHTC Vive Proの動作環境も満たしている。GTX1060以下とは明確な性能の違いが感じられる結果だろう。

投資する金額も大きくなるがそれに見合って満足度も高い結果だ。

 

変更ポイント(調査日: 2018-07-05)

 

変更点はSATA SSDを500GBクラスに変更してある。

その他はそのまま使えるスペックなので特に変更はしていない。

ベースモデルと実仕様で快適に使えるスペックが非常に近く、見せかけだけの価格を安く見せようとしないのは好感が持てるところだ。

出来ればSSDがNVMeだとなおいいだろう。

NVMeのSSDがSATAのSSDとどのくらい性能が違うかは当サイトのコンテンツ「ストレージについて」に詳しく説明してある。

モニタはモデルの推奨はしてあるが、合計価格には入っていないので注意だ。

4K・・・MMOやRTSなど画面の情報量が物を言うタイプのゲーム向け。

144Hz・・・FPS向け。画面の情報量よりも動きの滑らかさを追求していくゲーム向け。

どちらもBTOメニューから選択可能だ。

 

最終価格・・・215,316円(税込)

2018-4-28から価格の改定が入り、お買い得感の高い価格となった。

前回調査日の価格がベースモデル179,800円(税別)/当サイト推奨構成225,936円(税込)のため、約10,000円安くなったことになる。

マザーボードがZ370のため、CPUをCore i7-8700Kにして電源を強化し、冷却パーツにも投資すればSLiやオーバークロックも狙えるスペックではあるが、これ以上価格を上げると上位モデルと変わらなくなってしまう。

※ 追記 G-tuneのZ370マザーでオーバークロックやSLiは仕様書を見る限りでは対応していなさそうでした。

こうしたことをやってみたい方はオプションを変更するのもよいだろうが、あまりお勧めはしない。

今までも説明してきたが、この辺のモデルから144FPSや4Kを意識していきたい。

FullHD60FPSならばGTX1060まででも十分だが、このクラスのマシンの性能を生かすためにはモニターも144FPSや4Kが必要だろう。

※ オーバークロックはメーカーが推奨しているわけではありません。オーバークロックして故障した場合、有償修理になる可能性もありますので、自己責任で行ってください。

当然だが、セールや為替の変動、各パーツの価格の改定などによってカスタム内容・価格は変動することがあるので予めお断りさせていただく。

あくまでも調査時点の価格だ。

 

NEXTGEAR i670GA1-DNBYCMを公式HPで見てみる

 

 

-モデル解説

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.