ゲームについて

30WGPのAMDグラフィックスを搭載したPlayStation 5 Proが2024年11月に発売されるとの噂

投稿日:

ソニーのProject TrinityはPlayStation 5 Proであるという疑惑

Keytogamingによると、ソニーはPlayStation 5のアップグレード版、通称PS5 Proの開発の最終段階にある。

この新型ゲーム機は、PlayStation 5 Proの "Neo "やPlayStation VRの "Morpheus "など、ソニーがゲーム製品に『マトリックス』シリーズのコードネームを使用する伝統に倣い、社内では "Trinity "と呼ばれている。

PlayStationとゲーム関連コンテンツのリーカーとして知られるTom Henderson氏がKeytogamingに独占提供した最近の噂によると、このゲーム機の開発は2022年初頭に開始され、ソニーはすでに大手スタジオ向けのデモを準備しているという。

開発キットは今年11月までにこれらのスタジオに送付され、翌年には発売される可能性があると予想されている。

ハードウェアの詳細については、新型ゲーム機は30個のワークグループ・プロセッサー(WGP)を搭載すると噂されている。

これは、PlayStation 5が36基であるのに対し、60基のコンピュートユニットに相当する。

さらに、GPUメモリは18Gbpsで動作するとされ、PS5の14Gbpsよりアップグレードされる。残念ながら、容量やバス幅などのメモリースペックに関する情報はない。

PlayStation 5 Proの詳細 via Keytogaming, Tom Henderson, Kepler:

コンソールのコードネーム:Project Trinity

  • SoCコードネーム:Viola
  • 2022年初頭から開発中
  • 11月に開発キットを発表
  • GPU: 30 WGPおよび18000 MT/sメモリ
  • 加速レイトレーシング
  • 2024年11月リリース予定

また、8Kゲームや高フレームレートの4Kゲームプレイをサポートする可能性も示唆されている。

特筆すべきは、AMDがFSR3(FidelityFX Super Resolution 3)技術に取り組んでいることで、FSR2と比較して2倍のパフォーマンスを提供すると期待されている。

この進歩により、ゲーム開発者はグラフィックの忠実度を高め、レイトレーシングのような技術を取り入れることができるようになり、新たな可能性が広がる可能性がある。

さらに、新型ゲーム機にはRDNA3やRDNA3.5といった、より新しいAMD RDNAアーキテクチャが採用される可能性もあり、プロセッサの能力がさらに向上する。

ハードウェアのリーカーであるKepler_L2によれば、次期プレイステーション・コンソール用のプロセッサのコードネームは「Viola」だという。

https://twitter.com/Kepler_L2/status/1682429359091593216?ref_src=twsrc%5Etfw

家電・テレビメーカーのTCLは昨年、XboxとPlayStationの次期バージョンは8Kコンテンツを60〜120FPSでサポートし、Radeon RX 7700 XTグラフィックカードと同等の性能を提供するはずだと述べ、PlayStation 5 Proについて公に言及した。

しかし、AMDとTCLの両社は追加的な詳細を明らかにしておらず、RX 7700XTは依然として憶測の話題でしかない。

なお、AMDはすでにStrix HaloまたはSarlakとして知られる次世代ハイエンドSoCに取り組んでいる。

このプロセッサは、最大16個のZen5コアと、RDNA3.5アーキテクチャに基づく20WGP/40CU GPUコアを搭載すると言われている。

噂されるPS5 Proコンソールの仕様

Sony PlayStation 5 ProSony PlayStation 5Xbox Series XXbox Series S
2023
CPU不明7nm/6nm* AMD Zen27nm AMD Zen27nm AMD Zen2
CPU構成不明 8C/16T 8C/16T 8C/16T
CPUクロック不明最大3.5 GHz最大3.8GHz最大3.6GHz
GPUAMD RDNA3 (?)AMD RDNA2AMD RDNA2AMD RDNA2
GPU (WGP/CU) 30/60 18/36 26/5610/20
GPUクロック不明 2.23 GHz 1.83 GHz 1.57 GHz
GPU演算性能不明 10 TFLOPS 12 TFLOPS 4 TFLOPS
メモリ構成不明 16GB G6 256b 16GB G6 320b 10GB G6 128b
メモリ速度 18 Gbps 14 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
ストレージ不明825 GB1TB512GB, 1TB*
希望小売価格不明 $399**-$499 $499 $299-$349*
発売時期November 2024November 2020November 2020September 2023
特記事項* 2022 (Oberon Plus)
** Digital Edition
* 2023 Black Edition

ソース:Videocardz.com - Alleged PlayStation 5 Pro console featuring AMD graphics with 30 WGPs, could launch November 2024

 

 

 

解説:

えっ?PS5 Proは中止じゃなかったの?

2024年にPS5 Proが発売されるという噂が出てきました。

半導体不足で売り時を逃したというかなり説得力のある中止の情報があったので、もう出ないものと思っていましたが、時期を来年にずらして発売するようです。

こうしたスケジュールを考えるとソニーはPS5をPS4よりも長い期間販売するつもりなのかもしれません。

  • 初代PS4発売日・・・2013年11月15日
  • 薄型PS4発売日・・・2016年9月15日
  • PS4Pro発売日・・・2016年11月10日

 

  • PS5発売日・・・2020年11月12日

上の通り、PS4Proは初代発売から3年後に出ています。

この通りのスケジュールならば、PS5Proは今年発売が順当です。

30WGP=60CU=3840SP=7680演算器はRX7800XT(?)と同等レベルのスペックで思ったよりスペックが高く、ちょっと驚きです。

ただし、クロックは排熱能力に優れた自作PCのGPUの方が上げられるので実際の性能はRX7700系とRX7800系の中間くらいになる可能性もあるのかなと思います。

RDNA3はドライバの熟成によって徐々に性能を上げてきていますので、私たちが考えているよりずっと性能が高くなるかもしれません。

恐らく、FSR3もそれまでには出ていると思いますので、当然ですが、活用されるでしょう。

何れにしても、出ないと思っていたPS5Proの話が持ち上がってきましたので、光学ドライブが後から追加できる新型のPS5を待っている方はもう少し様子見した方がいいかもしれません。

 

 

 

PS5本体をamazonで検索する

 

 

-ゲームについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.