ゲームについて その他

Valve、Windows 7と8でのSteamゲーム廃止を準備中

投稿日:

Windows Updateを実施していない方は、2024年1月1日までに対応してください。

世界で最も人気のあるPCゲームクライアント、コミュニティ、およびストアであるSteamは、来年、Windows 7、8、および8.1ユーザーへの門戸を閉じます。

Windows版アップグレードの打ち切りは、2024年1月1日です。

はっきり言って、2024年1月からは、Windows 10がSteamクライアントと互換性のある最も古いWindows OSとなる。

Valveは、Windows 7と8のサポートに関する今日の短いブログ記事の中で、ユーザーは "SteamとSteamを通じて購入したゲームやその他の製品を引き続き実行するためには、より新しいバージョンのWindowsにアップグレードしなければならない "と述べています。

このサポートポリシーの背景となるいくつかの理由が明らかにされています。

Steamの最新機能は「Google Chromeの組み込みバージョンに依存している」ことが判明し、古いWindowsバージョンでは機能が制限されます。

そのため、SteamがWindows 10以降のポリシーを制定しなければならないのは、少なくとも部分的にはこのソフトウェアの埋め込みに起因しています。

しかし、今回の移行が確定したことで、今後のSteamのバージョンも、Windows 10以上のみに存在/提供予定の機能アップデートとセキュリティアップデートに依存することになる。

Valveが古いWindows OSのサポートを打ち切るのはいささか寂しいが、Windows 10が2015年7月に発売されたことを忘れてはならない。

発売から8年近くが経過し、学校、家庭、企業で広く使用されているため、歯がゆい思いはとっくに解消されています。

Windows 7や8よりもヘビー級であることは確かだが、ハードウェアリソースへの影響を心配する人のために、Tiny10という軽量版(Windows 11のTiny11版もある)があるのである。

最新のSteam Hardware Surveyでは、ゲーマーの96.4%がWindowsを占めています。

Windows 10と11が圧倒的に多く、それぞれ62.3%と32.1%のユーザーが利用しています。

一方、Windowsの旧バージョン(7と8.1)は、全ユーザーのわずか1.9%に過ぎず、人気ランキングでは後退を続けている。

また、調査対象のSteam PCのうち、32ビット版のWindows 7を搭載しているPCは0.09%にとどまりました。

古いマシンをお持ちで、どうしてもSteamに接続したい方は、Linuxや、ポータブルSteam DeckのSteamOSのPC版であるHoloISOに乗り換えたいと思われるかもしれません。

しかし、Steam Deckの登場以来、ゲームの互換性は大きく進歩しましたが、LinuxとPCのSteamゲームには、まだしわ寄せが来ていることを忘れないでください。

ともあれ、ValveはWindows 7/8の時代から脱却することになった。

Windows 7はもともと2009年にリリースされ、(特にVistaの前身と比較して)好評を博しました。

Windows 8は2012年に登場し、多くの人が新しいスタート画面を他の側面と一緒に嫌った。

Windows 8.1はその1年後に登場し、Windows 8の過ちを正そうと試みました。

Microsoftは2016年1月にWindows 8のサポートを正式に終了し、Windows 7は2020年1月に寿命が尽きました。

今年に入ってからWindows 8.1がそれらに加わりました。

そのため、Valveがユーザーに、マイクロソフトがまだサポートしているWindowsのバージョンにアップグレードしてもらいたいと考えるのは理解できることです。

ソース:Tom's Hardware - Valve Prepares to Kill Steam Gaming on Windows 7 and 8

 

 

 

解説

Windows8.1 サポート終了日 2023年1月10日

Windows7 サポート終了日 2020年1月14日

Steamクライアント対応終了日 2024年1月1日

となります。

とは言ってもOSのサポート対応はとっくに終わっています。

まだの方は無料でアップグレードできますので、早めにWindows10/11に移行しておきましょう。

Windows11はなかなか同左条件が厳しいですが、Windows10はそうでもありません。

Windows10も2025年10月14日にサポートが終了しますが、現行のPCがWindows11に対応していない方は2025年までに買い替えしておきましょう。

Windowsはサポートをガンガン打ち切るMacやハメ殺しでサポートが機器の販売者の姿勢に依存しているAndroidと比較すると非常に優良で長期のサポートを行っています。

昔はWindowsOSのサポートが打ち切りになるニュースが流れるとマイクロソフトに非常に大きな批判が集まりました。

これはWindowsと言う選択しかなく、社会のインフラとして大きなウェイトを占めていたからです。

OSのマジョリティは既にAndroidに移っており、独占によるインフラとしてのサポートの長期義務化と言う社会的責任は問えない状態になっています。

ユーザーの側もOSがサポートを打ち切ったら早めに移行しましょう。

Steamのクライアントも2024年1月1日にてにみしらてと7/8.1のサポートを打ち切るそうでする

正直、まだサポートしていたことに驚きです。

サポートが打ち切られたPCはどんどん乗り換えしていきましょう。

動作条件が比較的緩いWindows10のサポートが2025年10月14日までなので、それ以降は多数のオールドPCが使えない状態になります。

Linuxに移行するか、捨てるかするしかないでしょう。

恐らく、2025年10月14日前後にはLinuxの軽量ディストロブームが再び来ると思います。

Steamをメインに使っている方はSteamOSを使ってみるのもよいかもしれませんね。

2025年10月14日はしぶとく生き残ってきたSandyおじさんの命日なるでしょう。

 

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥15,800 (2023/06/05 12:51:05時点 Amazon調べ-詳細)

-ゲームについて, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.