モデル解説

NEXTGEAR i680PA1-SP (2018/07) [GTX1080Ti]

更新日:

icon
ベースモデルのスペック

解説

NEXTGEAR i680PA1-SPはシングルGPU最強のGTX1080Tiを搭載したゲーミングPCだ。

PCパーツというのはその時代の最高性能パーツにはプレミアがつくので決してGTX1080Tiはコストパフォーマンスが良いとは言えないパーツだ。

そして、その高い性能を生かすために周りのパーツや冷却パーツにも相応の投資をしてある。

最高性能を求めるこだわり派の方は是非参考にしてほしい。

 

このモデルで何ができるのか?

PUBGフレームレート

平均 最低平均
FullHD・ミディアム画質 141.9 100.3
FullHD・ウルトラ画質 139.2 98.1
WQHD・ウルトラ画質 107.8 81.6
4K・ウルトラ画質 58.2 47

※ 最低平均とは下位数%の平均です。

 

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク(7,000以上で「非常に快適」)

DX11,FullHD,標準品質スコア 22,539
DX11,FullHD,標準品質FPS(平均,最低) 168.2 63
DX11,FullHD,最高品質スコア 19,261
DX11,FullHD,最高品質FPS(平均,最低) 137.2 62
DX11,WQHD,最高品質スコア 16,258
DX11,WQHD,最高品質FPS(平均,最低) 109.9 60
DX11,4K,標準品質,スコア 17,577
DX11,4K,標準品質FPS(平均,最低) 119.9 55
DX11,4K,最高品質,スコア 8,730
DX11,4K,最高品質FPS(平均,最低) 58.2 33

※ ベンチマークの測定は同GPUの別環境の数値です。ご了承ください。

PUBGはSLiには対応していないので、GTX1080Tiが最高になる。FullHD144Hzモニターでオプションを最高にしても快適にプレイできるだろう。

FF14ベンチマークは4Kの最高品質でスコア7000越えは単体GPU唯一の結果だ。

最低FPSは33だが、普通にプレイできる数字だろう。

これ以上スコアを上げたい場合はSLiを組むしかない。

 

変更ポイント(調査日: 2018-09-15)

ポイントが数点ある。

CPUは現在最高性能のCore i7 8086Kに変えてある。

メモリは標準はDDR4-2400なので、これをDDR4-2666にしてある。

ゲームの中にはメモリ性能がFPSを左右するようなものもあるので、最高性能マシンには最高のメモリを積んでおきたいところだ。

それから冷却パーツ、CPUクーラー、グリスとM2シールドで冷却を万全にして熱で性能が下がりにくくしてある。

そして冷却対策のトドメは電源を換装してこちらもなるべく排熱を低く抑えてある。

SSDは最新のPM981の512GBにしてあるので、こちらもゲームのロードなどは別次元の早さだろう。

コスト的なものはほとんど意識してない。

GTX1080Tiを求める人にはそういうつまらない心配は似合わない。

モニタはモデルの推奨はしてあるが、合計価格には入っていないので注意だ。

モニターはFullHdの144Hzと4Kモニタを推奨してある。

このクラスのマシンを求めるならば、ハイクラスモニタは必須だろう。

これらの組み合わせでGTX1080Tiの性能をフルに引き出せるようにしてある。

 

最終価格・・・306,504円(税込)

ハイクラスGPUには高い性能を引き出すための高性能パーツが必要になる。

そし高性能パーツは発熱が激しいので、高い冷却性能が必要になる。

高性能パーツ+冷却パーツに十分に投資するとこの程度の価格にはなる。

高性能PCには変な妥協は似合わない。

折角高性能PCを購入しても変な心配をしなくてはならないならば本末転倒だろう。

 

当然だが、セールや為替の変動、各パーツの価格の改定などによってカスタム内容・価格は変動することがあるので予めお断りさせていただく。

あくまでも調査時点の価格だ。

 

NEXTGEAR i680PA1-SPを公式HPで見てみる

 

 

-モデル解説

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.