CPU情報

AMD Ryzen 7000 Non-X「Zen 4」CPUの推定価格がリーク。Ryzen 9 7900 429ドル、Ryzen 7 7700 329ドル、Ryzen 5 7600 229ドル

投稿日:

AMDのZen 4コアアーキテクチャを採用したCPU「Ryzen 7000 無印」の疑惑価格がリークされ、合計3SKUが発表された。

AMD Ryzen 7000 無印「Zen 4」CPUは2023年第1四半期に発売。Ryzen 9 7900が429ドル、Ryzen 7 7700が329ドル、Ryzen 5 7600が229ドル

AMDはこれまで、Raphael「Zen 4」ファミリーの「X」シリーズSKUのみを発表してきました。

これらの製品はエンスージアストやエクストリームゲーマー向けだが、それ以前のすべての世代と同様に、Ryzen 7000 CPUはX以外のパーツを手に入れるに違いない。

同社はまだ無印チップのリリースを公式に確認していないが、CES 2023で紹介されると思われる3D V-Cacheパーツに加え、近々コンシューマ向けに登場するチップがあることは分かっている。

AMDのZen 4コアアーキテクチャを採用したCPU「Ryzen 7000 無印」の疑惑価格がリークされ、合計3SKUが発表された。

AMD Ryzen 7000 Non-X「Zen 4」CPUは2023年第1四半期に発売。Ryzen 9 7900が429ドル、Ryzen 7 7700が329ドル、Ryzen 5 7600が229ドル

AMDはこれまで、Raphael「Zen 4」ファミリーの「X」シリーズSKUのみを発表してきました。

これらのパーツはエンスージアストやエクストリームゲーマー向けだが、それ以前のすべての世代と同様に、Ryzen 7000 CPUはX以外のパーツを手に入れるに違いない。

同社はまだ無印チップのリリースを公式に確認していないが、CES 2023で紹介されると思われる3D V-Cacheパーツに加え、近々コンシューマ向けに登場するチップがあることは分かっている。

 

AMD Ryzen 9 7900 - 12 Zen 4コアがわずか429USドル

AMD Ryzen 9 7900は、12コア、24スレッド、76MBキャッシュ(64MB L3 + 12MB L3)を搭載し、最大クロックは5.4GHzとなる予定。

CPUの小売価格は429USドルで、Ryzen 9 7900Xとの差は120USドルとなっている。ベースクロックはまだ不明だが、ブーストクロックは200MHz低下しているが、この価格帯を考えると、この12コアチップは驚異的で、すでに多くのユーザーがこの500USドル以下の12コアZen 4チップにアップグレードするのが目に見えている。

AMD Ryzen 7 7700 - US350ドル以下の8コアゲーミングチャンプ

8コア、16スレッド、40MBキャッシュ(32MB L3 + 8MB L3)、最大クロック5.3GHzのRyzen 7 7700です。

価格は329ドルで、Ryzen 7 7700Xが399ドルであるのに対し、70ドルの差がある。

Ryzen 7 7700は、Ryzen 7 7700Xよりも100MHzだけクロックが低く、65Wの電力バジェットを考えると印象的である。

PPTの倍率が1.375倍であることを考えると、最終的なTDPは90~100W程度に収まるはずだ。

AMD Ryzen 5 7600 - AM5をエントリーレベルのビルダーにとって手頃なものにする

AMD Ryzen 5 7600は、6コア、12スレッド、38MBキャッシュ(32MB L3 + 6MB L2)、最大5.1GHzのクロックを特徴とするCPUである。

価格は229ドルで、Ryzen 5 7600Xの299ドルより70ドル安い。ブーストクロックは「X」チップより200MHz低くなっている。上記を踏まえて

  • Ryzen 9 7900 12コア- 7900Xに対して120USドル安い
  • Ryzen 7 7700 8コア-7700Xより70ドル安い
  • Ryzen 5 7600 6コア - 7600Xより70ドル安い。

全体として、これらのチップは、AM5プラットフォームでドルあたりの価値が最高のパフォーマンスを提供し、我々はまた、2023年の半ばまでに安価なA620マザーボードを見ることになりますように聞こえます。

AMD Ryzen 7000 Raphael デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
Boost Clock (SC Max)キャッシュTDP価格 (不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
9 7900
Zen 45nm12/24不明5.4 GHz76 MB
(64+12)
65W$429 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
7 7700
Zen 45nm8/163.8 GHz5.3 GHz40 MB
(32+8)
65W$329 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US
AMD Ryzen
5 7600
Zen 45nm6/123.8 GHz5.1 GHz38 MB
(32+6)
65W$229 US

ソース:wccftech - Ryzen 9 7900 $429, Ryzen 7 7700 $329, Ryzen 5 7600 $229

 

 

 

 

解説:

2023年Q1に7900無印、7700無印、7600無印発売予定。

OEM専用ではないっぽいです。

まだはっきり書いてないのでわかりませんが、世界中で燃料価格が高騰していることと併せて、暖房代がかかる冬場にかけて高価格のPCパーツの需要にブレーキがかかっているのは確実です。

Zen4に対して優位性のあるなRaptorLakeも特に在庫が枯渇しているということは無いです。

X670もそうですが、円安の影響によってマザーボードの価格がミドルグレードがハイグレードの価格にハイグレードの価格が一回り上がっていますので、なかなか手が出ない人が多いのではないでしょうか。

日本ではIntelが人気ですが、アメリカのamazonではSocketAM4のCPUがランキングの上位を占めています。

これはAMDの方が人気があるのではなく、物価の高騰が続き自作パーツにつぎ込むお金がないということだと私は解釈しています。

その証拠にZen4、SocketAM5関連のパーツはランキングに入っていません。

AMDが高コスパ向けの無印モデルを発売する背景には確実にこうした「高価格PCパーツの全体的な不振」があると思います。

似たような条件で激突したZen4 VS RaptorLakeはインフレによってあまり盛り上がらない結果になってしまったのはとても残念です。

 

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

(AMD 100-100000926WOFはRyzen 7 5700Xです)

created by Rinker
AMD
¥11,869 (2022/11/26 13:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥10,404 (2022/11/26 13:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.