GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 4080 16GB & RTX 4080 12GBゲーミングベンチマークを公式に発表、RTX 4000ラインナップ全体で大きな性能差が発生

投稿日:

昨日、NVIDIAはGeForce RTX 4080 16GB & RTX 4080 12GBグラフィックカードの全く新しいゲームパフォーマンスベンチマークを公開しました。

この結果から、3つのGeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードの間には、それぞれ大きな差があることがわかります。

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBはRTX 3090 Tiより最大60%高速、RTX 4080 12GBは公式ゲーミングベンチマークによると最大30%高速に

ベンチマークは3つのゲームをカバーしていますが、GeForce RTX 40シリーズのカードとRTX 30シリーズの製品との比較を見せてくれています。

私たちはすでに、GeForce RTX 4090のゲームでの性能を見てきました。

DLSSなしでほぼ2倍、DLSS 3を有効にすると最大4倍のゲインを達成していますが、NVIDIAの次期GeForce RTX 4080 16GBおよび12GBのモデルの性能に目が向けられています。

 

 

 

状況をまとめると

  • RTX 4090 vs RTX 4080 16GB、ネイティブ4K時=50%高速
  • RTX 4080 16GB vs RTX 4080 12GB、ネイティブ4K時 = 28%高速
  • RTX 4080 12GBとRTX 3090 Ti、ネイティブ4K時= 11% 低速

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GB&12GBとRTX 3090 TiのF1 2022での比較

NVIDIAが公開した性能の数字から、ネイティブとDLSS 3の両方のゲーム性能を初めて見ることができます。

4Kでレイトレーシングを有効にしたF1 2022から始めると、RTX 4080 16GBは、DLSSを無効にしたRTX 3090 Tiよりも16%速く、DLSS 3を有効にした場合は44%速いことが分かります。

RTX 4080 12GBは、ネイティブ4KでRTX 3090 Tiより6%遅く、DLSS 3を有効にすると14%速くなる。

また、RTX 4080の16GB&12GBモデルの差はかなり大きいようで、これが大きな価格差の説明になりそうだ。

F1 2022では、RTX 4080 16GBはネイティブで24%、DLSS 3を有効にすると27%高速化する。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

 

A Plague Tale: RequiemにおけるNVIDIA GeForce RTX 4080 16GB & 12GB 対 RTX 3090 Ti

A Plague Taleに移ります。

RTX 4080 16GBは、RTX 3090 Tiより9%速く、RTX 4080 16GBは、RTオフのネイティブ4Kで同カードより16%遅いことがわかります。

DLSS 3をオンにした場合、同カードは3090 Tiよりも41%、16%高速になります。

また、NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBは、12GBモデルと比較して、ネイティブでは全体で30%、DLSS 3を有効にした状態では21%高速化されています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Microsoft Flight SimulatorにおけるNVIDIA GeForce RTX 4080 16GB&12GBとRTX 3090 Tiの比較

Microsoft Flight Simulatorでは、ネイティブ4K解像度において、NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBはRTX 3090 Tiより24%速く、RTX 4080 12GBは1%遅くなりました。

DLSS 3を有効にした場合、カードは3090 Tiに対してそれぞれ94%と60%のブーストを獲得します。

再び、4080 16GBは12GBに対して、4Kネイティブで26%、DLSS有効で21%高速化されます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBの「公式」仕様について

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBグラフィックスカードは、従来の構成が80 SMまたは10,240コアを提供していたのに対し、合計84ユニットのうち9,728コアまたは76 SMを有効にしたカットダウンAD103-300 GPU構成を利用すると予想される。

フルGPUは64MBのL2キャッシュと最大224ROPsを搭載しているが、RTX 4080は縮小設計のため、48MBのL2キャッシュと低いROPsで終わるかもしれない。

このカードは、PG136/139-SKU360 PCBをベースとすることが予想される。

グラフィックスカードのピーククロックは2505MHzとされている。

メモリのスペックとしては、GeForce RTX 4080は16GB GDDR6Xの容量を揺り動かすと予想され、256ビットバスインターフェースで22.5Gbpsの速度で調整されると言われています。

これは、最大720GB/sの帯域幅を提供することになります。

これは、RTX 3080が320-bitインターフェイスを搭載しているものの、容量が10GBと少ないため、RTX 3080が提供する760GB/sの帯域幅よりもまだ少し遅めである。

低い帯域幅を補うために、NVIDIAは次世代メモリ圧縮スイートを統合して、256-bitインタフェースを補うことができるかもしれません。

  • NVIDIA GeForce RTX 4080 16GB「公式」TBP - 320W
  • NVIDIA GeForce RTX 3080 12 GB "公式 "TBP - 350W

電力については、TBPの定格電力が340Wに設定され、前回取得した320Wのスペックから20W増加した。

これにより、TBPは既存のRTX 3080グラフィックスカード(最大350W)と同程度の性能となった。なお、BIOSの最大TGPは516Wとされている。

現在、他のRTX 4000シリーズグラフィックスカードもより高速なGDDR6Xメモリが搭載されるかどうかは不明だが、Micronが最大24Gbps GDDR6Xメモリモジュールのフル量産を開始したことが分かっているので、搭載される可能性もあるかもしれない

NVIDIA GeForce RTX 4090 Tiの "噂 "のスペック:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080 16G
NVIDIA GeForce
RTX 4080 12G
NVIDIA GeForce
RTX 3090 Ti
GPU名Ada Lovelace AD102-400?Ada Lovelace AD102-300Ada Lovelace AD103-300Ada Lovelace AD104-400Ampere GA102-225
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4NSamsung 8nm
ダイサイズ608mm2608mm2378.6mm2294.5mm2628.4mm2
トランジスタ数760億760億459億358億280億
CUDAコア数18,43216,3849,7287,68010,752
TMU数
/ ROP数
不明512 / 176320 / 112240 / 80320 / 112
Tensor /
RT コア数
不明512 / 128304 / 76240 / 60320 / 80
ベースクロック不明2230 MHz2210 MHz2310 MHz1365 MHz
ブーストクロック2710 MHz2520 MHz2510 MHz2610 MHz1665 MHz
FP32演算性能100 TFLOPs83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs40 TFLOPs
RT TFLOPs不明191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs78 TFLOPs
Tensor-TOPs不明1321 TOPs780 TOPs641 TOPs320 TOPs
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit384-bit256-bit192-bit384-bit
メモリ速度24.0 Gbps21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps21 Gbps
メモリ帯域幅1152 GB/s1008 GB/s736 GB/s504 GB/s1,008Gbps
TBP475W450W320W285W450W
価格 (希望小売
価格 / FE版)
$2199 US?$1599 US$1199 US$899 US$1999
発売時期不明2022/10/122022/112022/112022/03/29

ソース:wccftech - NVIDIA Publishes Official GeForce RTX 4080 16 GB & RTX 4080 12 GB Gaming Benchmarks, Huge Performance Gaps In Entire RTX 40 Lineup

 

 

 

 

解説:

RTX4080の性能と価格

来月発売予定のRTX4080 16GB、12GBのベンチマークが公開されています。

DLSS3はRTX4000シリーズ専用と言うことで、旧世代のGPUに大きな差をつけています。

シェアでトップを走るnVidiaは脱共有化戦略を取ります。

旧モデルも含めた他社製品を陳腐化させるのが目的です。

シェア的に言ってAMDやIntelは今のところnVidiaの眼中にないので、最大のライバルは「自社の旧製品」と言うことになります。

新製品のマーケティングが始まると自社の旧製品への「攻撃」が始まりますので、旧モデルの在庫処分品を買うのはお勧めしてませんでしたが、こういった資料を見ると痛感するのではないかと思います。

 

さて、今回の話題はRTX4080です。

RTX4090、RTX4080 16GB、RTX4080 12GBのCUDAコア当たりの価格を見てみましょう。

  • RTX4090/16,384/298,000
  • RTX4080 16GB/9,728/219,800
  • RTX4080 12GB/7,680/164,800

 

  • RTX4090   1CUDAコア当たり18.19円
  • RTX4080 16GB 1CUDAコア当たり22.59円
  • RTX4080 12GB 1CUDAコア当たり21.46円

と言うことになります。

1CUDAコア当たりのコストで比べるとはっきりしますが、RTX4080はかなりコスパが悪化しているのがわかるのではないでしょうか。

比較のためにAmpereの上位モデルで一番価格が安かったRTX3080と比較してみます。

  • RTX3080/8,708/109,800
  • 1CUDAコア当たり12.61円

となります。

1CUDAコア当たりのコストが爆増しているのがよくわかる結果ですね。

今回はRTX4080 12GBの方がやや割安と言うことになります。

RTX4070(仮)が6144CUDAコアとすると1CUDAコア当たり22円で計算すると135,168円となります。

私は12万と予想していましたが、実売に直すと14万程度と考えた方がいいのかもしれません。

以前の記事で私が予想したRTX4060のスペックで計算すると

RTX4060(仮)/4,096CUDAコア/90,112円

と言うことになります。

同様にRTX4050でも計算してみましょう。

RTX4050(仮)/3,072CUDAコア/67,584円

と言うことになります。

RTX3050はGA107が別ダイであったにも関わらず、なぜかGA106のカットオフ版を使用していました。

GA107はモバイル向けに出していたのかもしれません。

どちらにしてもデスクトップ版ではあまり変わらないでしょう。

この価格になるとすると、Ada Lovelaceは各モデルのグレードが1-2段階上がり、ローエンドモデルが存在しないということになります。

 

 

 

 

nVidia RTX4090(Amazon検索リンク)

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/11/26 05:02:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/11/26 05:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/11/26 05:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.