GPU情報

Intel Arc A770グラフィックスカードは10月12日に発売、A770の希望小売価格は329ドルになる予定です。

更新日:

少し前に独占的にお伝えした、Intelがついに念願のArcグラフィックスカードシリーズのハード的な発売日を発表しました。

Intel Arc A770 と A750 が最初に発売され、10月12日に発売される予定です。A770の外箱のデザインは以下で見ることができます。

Intel Arc A770 GPUの希望小売価格は329ドル

Intel Arc A770は、Intel初のディスクリートGPUラインナップのフラッグシップGPUである。

32個のXeコア(4096個のALUに相当)と32個のレイトレーシングユニット、512個のXMXエンジンを搭載している。

GPUクロックは2.1GHzで、ボード総電力は225W。16GBのGDDR6 vRAMと組み合わされ、現代のゲームには十分すぎるほどの性能を発揮するはずだ。

GPUコアは256ビットバスで供給され、最大560GB/sの帯域幅を維持することができます。

また、XeSSアップスケーリングテクノロジーを搭載し、PCIe 4.0規格を利用する予定です。

インテル、Arc A770 および AA750 限定グラフィックカードを発売

グラフィック
カードモデル
GPUダイシェーディング
ユニット数
(コア数)
XMX
ユニット数
GPUクロック
(グラフィックス)
メモリ容量
・種類
メモリ速度メモリバス幅メモリ帯域幅TGP
Arc A770Arc ACM-G104096 (32 Xe-Cores)5122.10 GHz16 GB GDDR617.5 Gbps256-bit560 GB/s225W
Arc A750Arc ACM-G103584 (28 Xe-Cores)4482.05 GHz8 GB GDDR616 Gbps256-bit512 GB/s225W

Intel Arc A750は、2番目に発売されるデスクトップグラフィックカードである。

28個のXeコア(3584個のALUに相当)と28個のレイトレーシング・ユニット、そして448個のXMXエンジンを搭載。

GPUクロックは2.05GHzで、ボード全体の消費電力は225Wです。8GBのGDDR6 vRAMと組み合わされ、現代のゲームには十分すぎるほどの性能を発揮するはずだ。

GPUコアは256ビットバスで供給され、最大512GB/sの帯域幅を維持することができます。

また、XeSSアップスケーリングテクノロジーを搭載し、PCIe 4.0規格を利用する予定です。

ラスター性能に関しては、A770はローンチ時にRTX 3060を打ち負かすことができ、上質なワインドライバを搭載することになる。

AMDの愛好家ならわかると思うが、それが意味するところは、ハードウェアの性能が圧倒的に高いということであり、Intelがコツをつかめば、性能が大幅に向上してRTX 3070に近づく、あるいは上回ることが期待できるはずである。

実際、Intelはドライバーを最適化しただけで、Ghostwire Tokyoで25%の性能向上を達成できた。

これは、ソフトウェアでどれだけの可能性が残されているかをユーザーに示すものだろう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Intel XeSSアップスケーリング技術は、Arc GPUで初日から2倍のラスター性能を発揮する

Intelのグラフィックスチームが成し遂げた奇跡の1つは、初日からDLSS 2.0/3.0対抗技術(XeSS)を実装したことだ。

これは、サポートされているタイトルにおいて、Arc GPUのラスター性能を最大2倍にするものです。

その概要は以下のとおりですが、XeSS Balanced と Performance の両方のプリセットで Ghostwire を完全にプレイ可能にするものであることが確認できます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

レイトレーシングのゲームでも同様に、XeSSを有効にするだけで、最大113%のパフォーマンスアップが可能になります。

これは、40%(シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー)と低くなることもありますが、それでも、ソフトウェアチームが初日に達成したことは驚くべきことです。

インテル Arc A770 XeSS + レイトレーシングのパフォーマンス

ゲーミング
タイトル
Arc A770
レイトレーシング
XeSS無し
Arc A770
レイトレーシング
(XeSS
バランス設定)
Arc A770
レイトレーシング
(XeSS
パフォーマンス設定)
XeSS無し対
バランス設定
XeSS無し対
パフォーマンス設定
The Diofield Chroncile76101114+77%+113%
Arcadegeddon537489+59%+100%
Shadow of The Tomb Raider627987+27%+40%
Hitman 3345468+40%+68%
Ghostwire Tokyo305364+33%+50%
---5ゲーム
の平均
+47.2%+74%

ソース:wccftech - Intel Arc A770 Graphics Card Launching On October 12th, A770 MSRP Will Be $329

 

 

 

解説:

ARC Aシリーズがようやく発売日が告知されました。

国内のメディアにももう出ていますので、ご存じの方もいると思います。

まだ発売されていなかったのかと言う新鮮な驚きです。

10月12日発売で国内価格は47,800円とかなり頑張っている方です。

ただし、この価格だと買わないことをお勧め。

理由は今までドライバのトラブルなどが指摘されてきたからです。

性能的にはA770がRTX3060と同程度なので、過去のGPUで言えばRTX2060SUPER、GTX1080TiとGTX1080の間くらいと言うことになります。

XeSSはもちろん使えますが、PascalでもFSRが使えるので性能的にはほとんど変わらないと考えてよいでしょう。

あとはレイトレの有無です。

物の価値がわかってない転売屋が価格を吊り上げる可能性もあって、この価格でも微妙ですが、これ以上吊り上げられると存在価値が全くないです。

Intelファンなら買うのでしょうが購入される方は有料ベータGPUだと思っておきましょう。

お金を払ってIntelの製品バグ取りに協力したい方向けです。

今まで何度も書いていますが、IntelのGPUは第二世代以降からが本番です。

Intelのそのつもりだと思います。

「とりあえず出しました」以上の意味はない製品ですから、購入される方はそのつもりで買いましょう。

Intelにはそう言う狂信的なファンが付いているのでまあそこそこ売れるのかもしれませんね。

私は買いませんが。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.